◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0160 2017/1/5)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

築地でマグロの初セリが行われて、1キロ当たり35万円、1匹7,420万円という、2013年以来の史上2番目の高値をつけました!
高級松阪牛でも1キロ1万円辺りだと思うので、1キロ35万円ってとんでもない値段ですね。
でも、あれだけマスコミのテレビカメラが張り付いて各局で1日何度も放送されるわけですから、その費用対効果を考えると競り落とす価値有りなんでしょうね。
私もあのニュースをみていたら猛烈にトロ握りが食べたくなって、今夜“すし〇んまい”行こうかなぁなんて思いましたもん。今日あたりお店は混んでいるんでしょうか…。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~2017年コモディティの展望」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
キャスター: 大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「今年のテーマを考えると、どうしてもトランプ新大統領に代表されるような政治的要因ですね。いわゆる“地政学的リスク”というものの中に入るのですが、一言で言うと不確実性ということですね。これが一つのテーマですね。
アメリカの場合は今後、どのような政策が…本当に公約通り進んでいくのかどうか、ないしは貿易がどこまで保護主義的政策をとってくるのか…とか。
ヨーロッパでは選挙が続きますね。しかもこの選挙についても、反グローバル化とか、反EUという方向の遠心力のようなものが働く感じになってきますから、それも不確実性の大きなポイントですよね。
でもやっぱりトランプさん。とにかくツィートですよね。フォードのメキシコへの移転計画の白紙撤回とか、GMのメキシコ製の車を関税を高くするとか、ツイッターで囁くって話ですから、それこそ不確実性ですよね。アメリカのトップが定例記者会見ではなくツィートで囁く度に揺れ動くという状況…就任後もそれを続けるか否かというのも一つのポイントになってきますよね。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/01/player-201714.html

◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/1/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………
☆ドバイ原油、反落
前日のNY原油相場が原油在庫の取り崩し予想を背景に反発したため、TOCOMドバイ原油市場は夜間取引で40,790円と、昨日つけた約1年3か月ぶりの高値を更新し、その地合いを引き継いで日中取引も高寄りしましたが、その後、円相場が急上昇したことを受けて急落。マイナス圏でもみ合って終わりました。中心となる先限(2017年6月限)は240円安の40,320円。その他限月は270円~100円安。

☆金、3日ぶり反落
前日のNY金相場は上昇しましたが、TOCOM金市場の日中取引は、円高を受けて安寄りし、円の更なる引き締まりで一段値を下げた後、取引中のNY相場が水準を切り上げたのを眺めて上げ歩調に転じましたが、プラス圏には届きませんでした。中心となる先限(2017年12月限)は11円安の4,378円。他限月は15円~8円安。東京ゴールドスポット100は、13円安の4,395円、金現物取引(100g)は、変わらずの4450円。

☆白金、続伸
前日のNY白金相場高を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りした後、円の引き締まりを受けて一旦マイナス圏に値を沈めました。その後、取引中のNY相場の上昇を眺めて切り返し、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2017年12月限)は48円高の3,572円。他限月は43円~51円高。パラジウムは、先限(2017年12月限)が87円高の2,773円。

☆ゴム、4日ぶり反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、欧米市場の原油高を眺めて高寄りしました。その後、円の引き締まりで一度値消してから徐々にプラスへ切り返すも、終盤に再び急落。4日ぶりの反落となりました。中心となる先限(2017年6月限)は、30銭安の273円10銭。他限月は、80銭安~4円20銭高。

☆とうもろこし、反落
前日のシカゴ高を受けて高寄りしたものの、円高という弱い材料が勝って、寄り後はマイナス圏に値を沈め、下げ歩調で推移しました。中心となる先限(2018年1月限)は、80円安の22,050円。他限月は120円安~80円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +3.24%
2位 白金 +1.36%
3位 大豆 +0.81

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -0.76%
2位 東京灯油 -0.65%
3位 ドバイ原油 -0.59%

取引高ランキング
1位 金標準取引 36,218枚
2位 白金標準取引 28,254枚
3位 東京ゴールドスポット100 16,981枚

全商品合計取引高(先物) 125,018枚
〃 (オプション) 144枚
金現物取引出来高 1枚

※取引高は立会によらない取引は含みません。

日経・東商取商品指数  252.91 (前日比 -0.72)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・「びっくり10大予想」(2017年)
【著者】菊川弘之
http://column.cx.minkabu.jp/22984

・オフショア中国元急騰でドル売り、ビットコイン売り、金買いへ
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/22978

GOLDNEWS
・ゴールド鉱山会社の埋蔵量不足
【著者】池水雄一
 http://goldnews.jp/column/ikemizu/entry-4960.html

<参考ニュース>
・円、1ドル=115円64銭近辺に上げ幅拡大 欧州勢がリスク回避の買い(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL05HL6_V00C17A1000000/

・築地マグロ初セリ、高値の陰でにじむ消費減退(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11325180V00C17A1000000/?dg=1

 

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿