◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0182 2017/2/7)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

スルメイカが2年連続で不漁、高騰しているのだそうですね。そう言えばこの所、刺身盛り合わせを注文してもイカに巡り合っていないような…。東シナ海の海水温の変化のせいだそうです。
特にイカが大好きって思ったことはない私だけど、口に入らないとなると食べたくなる…困ったものです。
さて、今日のTOCOMマーケット、金が続伸、原油が続落、そしてようやくゴムが反発してくれました!(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期
Lesson 8「RSI(相対力指数)活用法」
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「トランプ政権のアジアへの影響」
コメンテーター:後藤康浩さん(亜細亜大学 都市創造学部 教授)
「トランプ政権について、色々と話がでていて、語り尽されていますが、一方で表面的なことに皆の目が行き過ぎていないか…イスラム7か国からの入国制限とか、メキシコとの国境に壁を作るとか、TPPを離脱するとか…その辺りに目が行っているのですが、私はもっと歴史的に見た方が良いと思うのですね。1990年代最初は、ソ連邦が崩壊して東欧が民主化されると、冷戦構造が崩壊した。それ以降はいわゆるグローバリゼーションがどんどん進んできたわけですけれど、その中で起きた最大の変化というのは、先進国にあった工場が途上国にどんどん移転してしまったことなんですよね。それからほぼ25年経って、今、トランプさんが提言していることというのは、先進国が失った工場や雇用というものをもう少し戻してもいいのではないかというアンチテーゼなわけですよね。ある程度歴史的な流れでみてみますと、トランプさんの言っていることは先進国にとっては有利な部分、日本にとっても決して無縁でない提言というのもありますよね。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/02/player-201726.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/2/7

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、続落
米国で原油供給の増加懸念を背景にNY原油が下落したほか、円高を受けて、TOCOMドバイ原油の日中取引は大きく値を下げて寄り付きました。その後、材料が薄く小幅な値動きが続きましたが、終盤に取引中のNY原油が軟化したのを眺め、更に水準を切り下げました。中心となる先限(2017年7月限)は940円安の38,200円。その他限月は1,040円~750円安。

☆金、5日続伸
トランプ大統領の入国禁止令などによる欧米の政局をめぐる先行き不透明感などを映して、安全資産とされる金相場が上昇し、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。円高局面を受けて一時マイナス圏に値を沈める場面もありましたが、大引けにかけて日中の始値の水準に戻しました。尚、夜間取引で約2週間ぶりの高値となる4,424円をつけています。中心となる先限(2017年12月限)は、5円高の4,419円。その他限月は5円~9円高。ゴールドスポットは7円高の4,428円。金現物取引(100g)は、10円高の4,490円。

☆白金、反落
NY白金高を映し、TOCOM白金市場日中取引は高寄りしましたが、その後、円高の進行を受けて急落し、マイナス圏での値動きで取引を終えました。中心となる先限(2017年12月限)は7円安の3,625円。他限月は10円~4円安。パラジウムは先限(2017年12月限)は、23円高の2,750円。

☆ゴム、6日ぶり反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の堅調を受けて高寄りしました。その後、円高を眺めてマイナス圏に値を沈めましたが、その反動で大きく切り返し、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2017年7月限)は、4円60銭高の303円50銭。他限月は、2円60銭~4円60銭高。

☆とうもろこし、反落
シカゴ相場の軟化を眺めてTOCOMとうもろこし市場は、夜間取引で小幅に値を下げて寄り付いた後、円の上昇とシカゴの軟化を受けて大引けにかけて弱含みで推移し、この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2018年1月限)は、230円安の22,130円。他限月は280円安~200円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.54%
2位 中京灯油 +1.04%
3位 パラジウム +0.84%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ドバイ原油 -2.40%
2位 東京灯油 -1.97%
3位 東京ガソリン -1.60%

取引高ランキング
1位 ドバイ原油 46,435枚
2位 金標準取引 18,781枚
3位 ゴム 13,415枚

全商品合計取引高(先物) 107,216枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

※取引高は立会によらない取引は含みません。

日経・東商取商品指数  247.73 前日比: (前日比 -2.79)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・NY金、上昇基調継続
【著者】菊川弘之
http://column.cx.minkabu.jp/23453

・メタルは最強順にパラジウム、銀、金、プラチナ
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/23446

・上海ゴムのXデーは3月6日となるのか?
【著者】松永英嗣
 http://column.cx.minkabu.jp/23439

<参考ニュース>
・円、大幅続伸 111円台後半 一時2カ月ぶり高値(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0IMF04_X00C17A2000000/

・NY商品、原油が反落 米供給増を警戒、金は3カ月ぶり高値(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X00C17A2000000/

・スルメイカ異常高騰…なぜ激減? 不漁続き、卸値は前年の3倍以上も(産経新聞)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000530-san-soci

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿