◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0186 2017/2/13)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

トランプ大統領の“不人気指数”なるものが注目されているようですね。様々な調査機関のデータを総合して「嫌い」の数値から「好き」を引いた数値:不人気度を言うのだそうですが。この不人気度をどう見るのかというと、不人気度が下がる(つまり人気が上がる)とドル高・円安が進む傾向があるのだということなんです。ちなみに、11日未明の日米首脳会談のあと、為替はドル高・円安方向に振れています。会談で為替政策については無難に通過したためでトランプ大統領の不人気度が下がったということではないとは思いますが…。今日は円安でTOCOMマーケットはほぼ全面高です。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「金利上昇?!ここからの投資戦略」
コメンテーター:野尻美江子さん(ファイナンシャル・プランナー)
キャスター:山本郁

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/02/player-2017210.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/2/13

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、3日続伸
産油国の協調減産が順調で原油相場高となっていたことや、為替が円安にふれていたことから、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後、取引中のNY原油の軟化と円の引き締まりを受け上げ幅を縮小して終わりました。中心となる先限(2017年7月限)は400円高の39,230円。その他限月は390円~510円高。

☆金、反発
NY相場高と円の軟化を受け、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、日中の始値を挟んでもみ合いましたが、円の上昇を眺めて上げ幅を削りました。中心となる先限(2017年12月限)は、23円高の4,480円。その他限月は18円~31円高。ゴールドスポットは31高の4,495円。金現物取引(100g)は、30円高の4,560円。

☆白金、反発  
NY白金高と円安を映してTOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、午前中はやや上げ幅を広げました。しかし午後に入ると円の引き締まりを受け、大引けにかけて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2017年12月限)は23円高の3,674円。他限月は16円~29円高。パラジウムは先限(2017年12月限)は、58円高の2,839円。

☆ゴム、大幅続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、原油高と円安を受けて大きく値を上げて寄り付きました。その後も上海相場が年初来高値を更新したことなどを眺めて上げ幅を広げ、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2017年7月限)は、14円30銭高の326円00銭。他限月は、13円50銭~16円00銭高。

☆とうもろこし、4日続伸
前週末のシカゴ高と円安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。寄り後に大きく水準を切り上げ、高値圏でもみ合いましたが、終盤に円相場の引き締まりを受け上げ幅を削りました。中心となる先限(2018年1月限)は、230円高の22,880円。他限月は200円~300円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +4.59%
2位 銀 +2.98%
3位 パラジウム +2.09%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 -1.75%

取引高ランキング
1位 ドバイ原油 60,132枚
2位 金標準取引 26,956枚
3位 東京ゴールドスポット100 21,858枚

全商品合計取引高(先物) 146,837枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

※取引高は立会によらない取引は含みません。

日経・東商取商品指数  252.87 (前日比 +2.21)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・コーンは、エタノール需要の増加で堅調地合いが続く
【著者】玉川博一
http://column.cx.minkabu.jp/23573

・トランプラリー再開(国境税と減税パッケージに関心)
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/23566

・今度は中国の投機集団がトウモロコシに殺到する
【著者】古川昭治
http://column.cx.minkabu.jp/23557

GOLDNEWS
・中国を巡るゴールド事情
【著者】池水雄一
 http://goldnews.jp/column/ikemizu/entry-5069.html

・株と金が同時に買われる異常事態
【著者】小菅努
http://goldnews.jp/column/kosugetsutomu/entry-5067.html

<参考ニュース>
・NY商品、原油が3日続伸 OPECの減産進展受け 金は続落(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R10C17A2000000/

・トランプ氏「不人気指数」と円相場の今後の節目(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y7A200C1000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿