◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0186 2017/2/14)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

初めてのバレンタインデーは小学校6年の時でした。大好きだった男の子に渡そうと、何日も前からチョコレートを買って用意しました。ひと月のお小遣い丸々300円をかけたチョコレート。毎日眺めていたらどうしても一粒食べたくなって…食べてしまったのです。買い直すお金もなく手を付けたチョコレートをプレゼントしました。その彼は食べかけのチョコレートを貰ってどう思ったのか…思い出すと赤面してしまう恥ずかしい思い出です。皆さんはバレンタインデーにどんな思い出、ありますか?
今日のTOCOMマーケット、ほぼ全面安です。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期
Lesson 9「ストキャスティクス活用法」
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「金利上昇?!ここからの投資戦略」
コメンテーター:野尻美江子さん(ファイナンシャル・プランナー)
「金利の上昇が見込まれている中、金融政策の動きは呼応する形ですごく重要な息の長いポイントだと思います。そこで、この『金利の動向』と、『今起きている変化』…これを私は“ふわふわしたリスクオン”って表現しているのですが、何となく今日も強いし、大丈夫だよね…という確固たる根拠はないけれども何となくリスクオンというもの。マーケットを確実視することは出来ないけれど、それにしても、ふわふわとしている感覚、何か心配だなぁという気持ちを抱えながらの取り組みになって来ている気がします。自分が強くなれる根拠を増やして、もう少し気持ちにゆとりを持って投資をすることが出来ないだろうか…というところを金利を中心に考えてみたいと思います。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/02/player-2017213.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/2/14

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、4日ぶり反落
OPECの減産は進んでいるもののドル高を受けて欧米市場の原油相場が下落。その流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油の日中取引は、大幅に値を下げて寄り付きました。午前中は小幅にもみ合いましたが、午後になって米国大統領補佐官の辞任を受けて円が引き締まると下げ幅を拡大。この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2017年7月限)は830円安の38,400円。その他限月は800円~600円安。

☆金、反落
ドル高と株高を受けて投資家の姿勢がリスクオンに傾いたため、安全資産でドルの代替先でもあるNY金が値を下げ、TOCOM金市場の日中取引はその流れを受けて安寄りしました。その後、米大統領補佐官辞任でリスク警戒感が高まったことからNY金相場は上昇しましたが、一方で円が上昇したため強弱材料の綱引きで大引けにかけて小幅な値動きを繰り返しました。中心となる先限(2017年12月限)は、15円安の4,465円。その他限月は18円~13円安。ゴールドスポットは16円安の4,479円。金現物取引(100g)は、20円安の4,540円。

☆白金、反落  
NY白金相場安を受け、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後も円の引き締まりを眺めてマイナス圏で推移しました。中心となる先限(2017年12月限)は32円安の3,642円。他限月は38円~27円安。パラジウムは先限(2017年12月限)は、30円安の2,809円。

☆ゴム、3日続伸
TOCOMゴム市場は、夜間取引は大きく上昇した昨日の高値水準で推移していましたが、その反動で日中取引は値を下げて寄り付きました。その後、マイナス圏で荒い値動きを続けましたが終盤に
切り返し小幅続伸で取引を終えました。中心となる先限(2017年7月限)は、40銭高の326円40銭。他限月は、3円00銭安~1円50銭高。

☆とうもろこし、変わらず
TOCOMとうもろこし市場は、シカゴ相場の上昇を受けて夜間から午前中にかけてはプラス圏でもみ合いましたが、午後に入ってマイナス圏に値を沈めもみ合った結果、昨日の帳入値と同値で取引を終えました。中心となる先限(2018年1月限)は、変わらずの22,880円。他限月は50円安~90円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +0.12%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ドバイ原油 -2.12%
2位 東京灯油 -1.95%
3位 東京ガソリン -1.12%

取引高ランキング
1位 金標準取引 20, 636枚
2位 ドバイ原油 18,447枚
3位 ゴールドスポット 14,703枚

全商品合計取引高(先物) 80,136枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

※取引高は立会によらない取引は含みません。

日経・東商取商品指数  249.93 (前日比 -2.94)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・イエレン議長証言、米国物価指標に関心
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/23595

・週刊石油展望
【著者】三浦良平
http://column.cx.minkabu.jp/23587
<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 OPEC減産確認もドル高で、金は続落(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U7A210C1000000/

・原油相場、減産でも浮上せず 米シェールに恩恵(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO12874240U7A210C1000000/?dg=1

・OPEC、減産目標9割達成 需給改善に強い意欲(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13HA8_T10C17A2FF8000/
みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿