◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0190 2017/2/17)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

春一番が吹きました!東京ではお昼過ぎに気温が20.6℃まで上がり、本当に暖かかったですね。コートなしでお財布だけ握りしめてランチに出かける人も多く見かけました。ただ、春一番の後って、たいてい冬に逆戻りするもの。明日はまた寒くなりそうです。体調を崩さないようにご注意くださいね。
今日のTOCOMマーケットは、円高でほぼ全面安。中でもゴムが急落しました。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん (FXアナリスト)
キャスター:袰川有希

昨日の番組から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:菊川弘之さん (マーケットアナリスト)
「今週はイエレンFRB議長の議会証言がありましたが、イメージが変わってタカ派的になったという印象でした。ハト派として知られたイエレン議長ですが、来年には任期が訪れるということと、理事が4月に一人退任の意向を表明したということで、空席の2名と合わせて3名トランプさんの息のかかった人が今後指名されるということで、イエレンさんの任期中に、何とかこの異常な金融情勢を変化させようという動きはあるのかと思います。
3月のFOMCでの利上げの可能性も排除していないということはドル高かと思うのですが、それなのにゴールドが下がらない。本来ゴールドとドルは逆相関。ドルが上がっていくようであればゴールドは調整に入るのが教科書的な動きだけれどもドルもゴールドも崩れない。この背景には、先々の不安感があると思います。金は様々な顔を持っています。物の顔、通貨の顔、安全資産の顔もあると。それぞれのもつ様々な要素が先々に対して買われてきているのかなぁと思います。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/02/player-2017216.html

来週の放送予定
2月20日(月)
「日米合意に曖昧さ、アメリカからの日銀批判再燃も」
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)

2月21日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期
Lesson 10「ボリンジャーバンド1基礎編」
小次郎講師こと手塚宏二さん

2月22日(水)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

2月23日(木)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

2月24日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/2/17

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、続落
前日のNY原油相場は生産国の減産延長期待とドル安で上昇しましたが、TOCOMドバイ原油の日中取引は、円高を強く受けて安寄りしました。その後は材料に乏しく、狭いレンジでのもみ合いに終始しました。中心となる先限(2017年7月限)は220円安の38,480円。その他限月は190円~50円安。

☆金、3日ぶり反落
前日のNY金相場は、米国の政策不安や地政学リスクへの警戒から上昇しましたが、TOCOM金市場の日中取引は、円の上昇を受けて値を下げて始まりました。その後は為替も取引中のNY市場も値動きが薄く、日中の始値付近で推移して終わりました。中心となる先限(2017年12月限)は、8円安の4,493円。その他限月は10円~7円安。ゴールドスポットは10円安の4,504円。金現物取引(100g)は、10円安の4,570円。

☆白金、3日ぶり反落
TOCOM白金市場の日中取引は、為替が円高に振れたため安寄りし、その後は円の値動きを眺め、小幅もみ合いで終わりました。中心となる先限(2017年12月限)は18円安の3,681円。他限月は20円~13円安。パラジウムは先限(2017年12月限)は、19円安の2,841円。

☆ゴム、3日続落
世界有数のゴムの産地であるタイのゴム庁が、国家備蓄在庫を3月も売却することを明らかにしたことを受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は、安寄りした後も大引けにかけて大幅に値を下げ、この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2017年7月限)は、20円00銭安の296円20銭。他限月は、20円00銭~17円00銭高。

☆とうもろこし、反落
前日のシカゴ相場安と円高で、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、値を下げて寄り付きました。その後も、取引中のシカゴの軟化を眺め下げ幅を拡大して、この日の安値水準で取引を終えました。中心となる先限(2018年3月限)は、290円安の23,180円。他限月は390円~250円安。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 中京灯油 +1.06%
2位 小豆 +0.09%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -6.33%
2位 とうもろこし -1.24%
3位 大豆 -1.21%

取引高ランキング
1位 ゴム 17,221枚
2位 金標準取引 15,613枚
3位 ゴールドスポット 12,853枚

全商品合計取引高(先物) 69,113枚
〃 (オプション) 60枚
金現物取引出来高 1枚

※取引高は立会によらない取引は含みません。

日経・東商取商品指数  250.29 (前日比 -1.61)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・トウモロコシ、年次農業フォーラムに注目!!
【著者】斎藤和彦
http://column.cx.minkabu.jp/23877

・原油が固定相場化していく2017年
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/23869

・ウインタリングが必ず相場上昇につながるわけではない
【著者】小針秀夫
 http://column.cx.minkabu.jp/23781
<参考ニュース>
・関東地方で「春一番」 昨年より3日遅く(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H2N_X10C17A2000000/
みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿