◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0204 2017/3/13)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

昨日サウジアラビアのサルマン国王がサウジ国王としては46年ぶりに来日。15日まで4日間滞在されます。空港に到着されたニュースを見て、まず、エスカレーター式タラップに驚かされました。こんなものがあるんですね!!サウジの政府から事前に日本で用意できるかどうかという問い合わせがあったけれど、日本では用意できなかったから自国から持ち込みしたんだとか。でも、問い合わせがあったってことは、このエスカレーター式タラップを持っている国があるということなんでしょうか???また同行した関係者数1,000人以上という規模にも驚かされました。何でも移動に使われる高級ハイヤーの数が関東近郊だけでは足りなくて、地方からも応援を頼んだという話。予約した高級ホテルの部屋数は1,200室。交通・ホテル業界には特需でしたね。
さて、先週末の雇用統計、強気の数字でしたが利上げ観測は織り込み済みで金は小動きでしたね。原油は大きく値を下げています。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「米国経済の現状とトランプ政権の今後のポイント」
コメンテーター:岡田 晃さん(経済評論家)
キャスター:山本郁

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/03/player-2017310.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/3/13

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、4日続落
世界的な需給の緩みで先週末の欧米市場の原油相場が下落したほか、円相場が上昇したことを受けて、TOCOMドバイ原油の日中取引は大きく値を下げて寄り付きました。その後は、NYの戻りと円の更なる引き締まりの強弱材料の綱引きで、日中の始値を挟んでもみ合う展開となりました。中心となる先限(2017年8月限)は、1,270円安の35,750円。その他限月は1,390円~720円安。

☆金、続伸
NY金相場が雇用統計後の下落から反発した流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は、小幅に高寄りしました。その後、材料難で小動きで推移しましたが、取引中のNYの上昇を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年2月限)は、12円高の4,438円。その他限月は12円~15円高。ゴールドスポットは15円高の4,449円。金現物取引(100g)は5円高の4,505円。

☆白金、8日ぶり反発
NY白金相場の上昇を受け、TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、円は引き締まりましたが、NYの堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年2月限)は13円高の3,480円。他限月は23円安~13円高。パラジウムは先限(2018年2月限)は、8円高の2,724円。

☆ゴム、続伸
円相場の引き締まりを受け、TOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。その後、円高が進みましたが、上海の上昇など強材料が勝りプラス圏へと切り返しました。中心となる先限(2017年8月限)は、2円20銭高の263円90銭。他限月は、変わらず~2円10銭高。

☆とうもろこし、反発
米農務省の発表で生産見通しが引き上げられたことから、週末のシカゴとうもろこし相場が下落したほか、円相場が上昇したことを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は値を下げて始まりました。その後、下げの反動で上昇に転じ、午後はプラス圏での値動きとなりました。中心となる先限(2018年3月限)は、10円高の22,640円。他限月は50円安~30円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +0.84%
2位 銀 +0.64%
3位 白金 +0.37%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 中京ガソリン -4.35%
2位 ドバイ原油 -3.43%
3位 中京灯油 -3.16%

取引高ランキング
1位 ドバイ原油 41,445枚
2位 金標準取引 24,079枚
3位 ゴールドスポット 21,513枚

全商品合計取引高(先物) 114,919枚
〃 (オプション) 108枚
金現物取引出来高 2枚

※取引高は立会によらない取引は含みません。

日経・東商取商品指数 238.79  (前日比 -3.53)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
http://column.cx.minkabu.jp/24720

・GOLDは1215越えで買い転換へ
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/24714

・堅調な米雇用統計を受けて、金は弱基調続く。
【著者】玉川博一
 http://column.cx.minkabu.jp/24702

・原油急落。「強材料・弱材料」を改めて整理
【著者】吉田 哲
 http://column.cx.minkabu.jp/24692

・ゴムは理屈抜きの相場で、トレンドフォローが正解か
【著者】古川昭治
 http://column.cx.minkabu.jp/24684
<参考ニュース>
・円相場に迫る政治リスク(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13988300T10C17A3000000/

・米雇用、2月23.5万人増 市場予想を大きく上回る(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13963860R10C17A3EA6000/

・日本とサウジ、両国の転機になった3・11(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13853070Z00C17A3000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿