◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0206 2017/3/15)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

滋賀県の銭湯で婚活パーティーが開かれ、2組のカップルが成立した…というニュースを目にしました。銭湯で婚活って、いきなり裸の付き合いですか…?なんて訳ではありません(笑)男湯と女湯の壁を挟んで、短歌を詠み合い、声の感じや歌の内容だけ、つまり見た目はなく中身で相手を選ぶという婚活パーティーなんです。最近、覆面をしての婚活パーティーや、暗闇で行う婚活パーティーも行われていますが、それも同じ効果があるようですね。面白いことを考えるものだなぁ…と感心しました。ただ、参加するかと聞かれたら…ちょっと考えてしまいますが。
さて、いよいよ今夜はFOMC。まず確実だと言われている米国の利上げですが、昨年からまさかまさかが重なっているので気は抜けないですよね。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~世界経済のゆくえと投資戦略」
コメンテーター:門倉貴史さん(BRICs経済研究所 代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期
Lesson 13「大循環MACD基礎編」
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
「大循環…というと、小次郎講師オリジナルインジケーター『移動平均線大循環分析』があります。これは3本の移動平均線を使って、大きなトレンドをとらえてトレードする手法。
では大循環MACDは?
移動平均線大循環分析は大きなトレンドに乗り、利を伸ばすことを目的としていますが、その中で発生する小さな波は無視します。ポジションを持つ期間が長期化するだけでなくトレードの機会はそう多くありません。
大循環MACDは、大きなトレンドの中に発生する小さな波のトレンドも捉えるという上級者向けのインジケーター。3本のMACDラインを使用します。
MACDは、MACDラインと、シグナルと、ヒストグラムの3つの総称でもありますが、
その中のMACDのみを使います、ただし、3本表示させます…」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/03/player-2017314.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/3/15

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、続伸
サウジアラビアの減産緩和でNY原油相場が3か月半ぶりの安値を更新し、また夜間に円相場が引き締まったことから、TOCOMドバイ原油は夜間取引で昨年11月30日以来の安値となる35,170円をつけました。その後、NYの戻りを眺め上昇に転じ、大引けにかけてプラス圏に浮上しました。中心となる先限(2017年8月限)は、60円高の36,090円。その他限月は10円~160円高。

☆金、反発
前日のNYNの下落や円高を受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後NYが水準を切り上げたのを眺め下げ幅を縮小。終盤にプラス圏へと切り返しました。中心となる先限(2018年2月限)は、4円高の4,428円。その他限月は2円安~4円高。ゴールドスポットは3円安の4,439。金現物取引(100g)は6円安の4,494円。

☆白金、先限のみ反発
前日のNY白金相場が反落したことと円高を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は値を下げて始まりました。その後、NYの上昇を受けて下げ幅を縮めました。先限のみプラス圏に浮上しています。中心となる先限(2018年2月限)は4円高の3,467円。他限月は10円~1円安。パラジウムは先限(2018年2月限)は、35円安の2,706円。

☆ゴム、反発
夜間取引の下落の反動でTOCOMゴム市場の日中取引は、小幅ながら値を上げて寄り付きました。昼頃に円の軟化と原油の戻りなどを眺め水準を切り上げました。中心となる先限(2017年8月限)は、4円00銭高の266円00銭。他限月は、1円40銭~3円20銭高。

☆とうもろこし、反発
前日のシカゴの反発で、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、その後FOMCの様子見でもみ合いで取引を終えました。中心となる先限(2018年3月限)は、100円高の22,550円。他限月は500円安~80円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.53%
2位 とうもろこし +0.45%
3位 大豆 +0.28%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -1.28%
2位 小豆 -0.26%
3位 中京ガソリン -0.20%

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,658枚
2位 ドバイ原油 17,369枚
3位 ゴールドスポット 15,735枚

全商品合計取引高(先物) 81,137枚
〃 (オプション) 108枚
金現物取引出来高 9枚

※取引高は立会によらない取引は含みません。

日経・東商取商品指数 239.54 (前日比 +0.44)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・2月の中国新車販売は前年同期比+22.4%増の194万台
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/24772

・昨日の原油価格の急落・急反発と統計上のカラクリ
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/24762

・3月15日という特異日
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/24745

GOLDNEWS
・BitcoinがGold を逆転
【著者】池水雄一
http://goldnews.jp/column/ikemizu/entry-5154.html

<参考ニュース>
・原油安が強めるFOMC後の円高観測(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14093920V10C17A3000000/

・中国 元、米利上げで急落再び?(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO14092540V10C17A3ENK001/

・昭和シェル石油、株高に乗れない財務の優等生(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14057100U7A310C1000000/

・農業「日本が第一の標的」 米次期通商代表 市場開放交渉に意欲(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/paper/article/?b=20170315&ng=DGKKZO14095620V10C17A3MM0000

・NY商品 原油が3カ月半ぶり安値更新 サウジの増産報告で、金は反落(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V10C17A3000000/

・短歌+銭湯 湯けむりと壁の向こうに愛がある 2組のカップル成立(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20170315/ddl/k25/100/456000c

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿