◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0224 2017/4/11)
http://www.tocomsquare.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

2月23日にNYに進出した「いきなり!ステーキ」。アメリカ人は立ち食いなんてしない、いきなりステーキの売りであるレアの肉なんてアメリカ人は食べない…などと言われたりしていましたが、蓋を開けてみたら一日400人もが訪れる繁盛ぶりだそうです。
カウンターの高さを10センチ高くしたこと以外は、ほぼ日本と同じで、チップもテーブルチャージも無し。和牛を使わないだけでメニューもほぼ同じ。オンスやポンドでなくグラム売りの方式も一緒ですが、そのジャパニーズスタイルが受け入れられているそうです。また、食べた肉の量を競う「ランキング」が受けているんだとか!!
ステーキの本場NYに日本のステーキ店が進出して上手くいくわけないなんて先入観だけで判断していたらこの成功は無かったんですね…。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は続伸、金は続落です。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年第1期
Lesson2「一目均衡表とは」
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
「魚の陸上養殖が食糧危機を救う」
コメンテーター:田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「山奥で鯛を養殖するといった企業があるんです。今、魚が非常に不足していまして、ここ50年で世界中の魚の消費量が五倍くらいになっているんです。人口も増えていますし、魚が健康に良いということで、人気がありますから、とにかく魚の消費量が増えていると。
増えたらどうするんだと。足りなくなっちゃいますから。海で養殖すれば良いかというと、海で養殖するのは結構難しいんです。気象の条件などの影響をうけちゃいますから。
そこで、陸上で条件をコントロールして魚を作ってしまえと。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2016/10/player-20161018.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/4/11
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、3日続伸
リビアのパイプライン封鎖による生産停止を受けて、昨日の欧米市場の原油相場が上昇したのを眺め、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後、NY相場の軟化と円相場の上昇を受けて、上げ幅を縮めました。中心となる先限(2017年9月限)は、130円高の37,910円。その他限月は90円安~120円高。

☆金、続落
前日のNY金相場が前週末の高値の反動と、米国株式相場の上昇で下落したこと。加えて為替が円高にふれたことで、TOCOM金市場日中取引は一段水準を切り下げて始まりました。その後も、円の引き締まりを受けて下落しましたが、NY相場が回復したため終盤は下げ幅を縮小して終わりました。中心となる先限(2018年2月限)は、16円安の4,461円。その他限月は20円~10円安。ゴールドスポットは、15円安の4,476円。金現物取引(100g)は、20円安の4,530円。

☆白金、続落
産地の南アフリカの通貨ランド安を受けてNY白金相場が下落。TOCOM白金市場は夜間取引で1月5日以来、約4ヶ月ぶりの安値となる3,345円をつけました。日中取引も大きく値を下げて寄り付き、日中の始値を挟んで小幅にもみ合いました。。中心となる先限(2018年2月限)は51円安の3,358円。他限月は64円~51円安。プラチナスポットは、59円安の3,367円。パラジウムは先限(2018年2月限)は、48円安の2,773円。

☆ゴム、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、円高と夜間取引の軟調を引き継ぎ安寄りしました。その後も、円の引き締まりを眺め大引けにかけて弱含みで推移し、終盤に12月1日以来、約4ヶ月ぶりとなる228円30銭の安値を付けています。中心となる先限(2017年9月限)は、10円10銭安の229円30銭。他限月は、20円00銭~9円10銭安。

☆とうもろこし、続伸
前日のシカゴの堅調を受けてTOCOMとうもろこし市場は夜間取引で堅調に値を上げて、日中取引は高寄りしました。その後は材料待ちで小幅なもみ合いに終始しました。中心となる先限(2018年3月限)は、170円高の21,730円。他限月は、120円~550円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +0.79%
2位 ドバイ原油 +0.34%
3位 東京灯油 +0.32%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -4.22%
2位 プラチナスポット -1.72%
3位 パラジウム -1.70%

取引高ランキング
1位 ドバイ原油 39,224枚
2位 金標準取引 17,938枚
3位 白金標準取引 15,451枚

全商品合計取引高(先物) 108,920枚
〃 (オプション) 111枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 243.87 (前日比: -0.64)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・プラチナと金の価格差、拡大。一時1,100円台へ
【著者】吉田 哲
 http://column.cx.minkabu.jp/25415

・ランド売り、プラチナ売り継続
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/25409

<参考ニュース>
・FRB議長「米経済かなり状態良い」 利上げに意欲 (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM11H0O_R10C17A4EAF000/?dg=1

・NY商品、原油5日続伸 地政学リスクで供給不安 金は反落(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R10C17A4000000/

・ガソリン先物、国内外で上昇 原油高が波及(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ10H1N_Q7A410C1QM8000/

・いきなり!ステーキ、NY1号店大成功のワケ(東洋経済ONLINE)
 http://toyokeizai.net/articles/-/166852

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿