◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0227 2017/4/14)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

明後日16日はイースターですね。投資家の方やマーケット関係者は、イースター休暇って当然ご存知でしょうけれども、イースターの本来の意味を訊かれたらどうでしょう?あのモアイ像の島? とか、卵の出てくるお祭り? くらいのイメージしか持っていない方も多いのではないでしょうか?
イースターは、「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」。キリストの復活とともに春の訪れをお祝いする日で、キリスト教で最も重要な祭日なのだそうです。
しかも、イースターとはモアイ像とは似ても似つかない“春の女神の名前”なのだそうです。そもそもイースター島って、本来はラパヌイって名前なのですが、18世紀に初めてこの島を訪れたオランダ人がたまたまイースターサンデーに辿り着いたため、イースター島って名付けちゃったんだとか。
さて、欧米では今日からイースター休暇に入って市場がお休みなので、TOCOMマーケットも小幅な値動きになっています。
(郁)
【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:袰川有希
昨日の番組から
「専門家の目~新年度コモディティの展望」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
「常に有事に金が買われるわけではありません。同時に原油価格が上昇しているかどうかが肝です。金はインフレ資産。インフレヘッジとして注目される側面が強い資産です。
今回の場合は、攻撃対象がシリア、中東であったことから原油価格も大きく上昇しました。これが今回、同時に金買いが起きた背景です。
もし、原油価格が低迷、下落していた状態なら、資金ヘッジとしてゴールドではなく米国債が選択されていたであろうと思われます。米国債も安全資産、ディスインフレ資産ですね。
また、トランプ大統領のドル高けん制発言には、低金利のほうがいいとか、イエレン議長を敬愛するなどとしたFRBの利上げ、引き締めスタンスに圧力とも受け止められるフシがありありと感じられるのですが、こうした発言に驚いたマネーは再びゴールド市場に流入した格好です。
原油市場は5月にOPEC総会を控えて、減産合意の延長ができるのか否かが注目されることとなりますが、今回のシリア爆撃で、再びスンニ派とシーア派、イランとサウジの対立の構図が出てくることが考えられ、また非OPECであるロシアも今回、減産に協調していたのですが皆が足並みをそろえて減産を継続するということが難しい状況になってくるかもしれません。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/04/player-2017413.html
来週の放送予定
4月17日(月)
「考えてみよう!~住宅ローンのこと」
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)

4月18日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
Lesson 3「一目均衡表の代表的買いサイン、売りサイン」
小次郎講師こと手塚宏二さん

4月19日(水)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
小針秀夫さん(商品アナリスト)

4月20日(木)
「2017年原油市場、ここからの価格変動要因」
小山 堅さん(日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員)

4月21日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/4/14
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆ドバイ原油、反発
リグ稼働数が前週よりも増加していたことで需給の緩みが意識され、昨日のNY原油相場が下落し、TOCOMドバイ原油日中取引は安寄りしました。その後、マイナス圏でのもみ合いが続きましたが、終盤に大きく上昇しプラス圏で取引を終えました。中心となる先限(2017年9月限)は、190円高の37,840円。その他限月は90円~260円高。

☆金、3日続伸
NY金相場が地政学リスクに対する警戒で昨日、約5か月ぶりの高値をつけた流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、円の引き締まりを眺め上げ幅を削りました。中心となる先限(2018年2月限)は、4円高の4,497。その他限月は6円安~6円高。ゴールドスポットは、6円安の4,497円。金現物取引(100g)は、20円高の4,580円。

☆白金、3日続伸
NY白金相場高を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は小幅に値を上げて寄り付きました。その後、円高の進行を眺めてマイナス圏へ値を沈めましたが、終盤には再びプラス圏に切り返し、日中の始値とほぼ同じ水準で取引を終えました。中心となる先限(2018年2月限)は3円高の3,418円。他限月は8円安~6円高。プラチナスポットは、8円安の3,417円。パラジウムは先限(2018年2月限)は、2円安の2,768円。

☆ゴム、反落
円高基調を受けてTOCOMゴム市場の日中取引は小幅に値を下げて寄り付いた後、一瞬プラス圏にタッチしましたが、その後は上海の下落を受けて急落。安値圏でもみ合って終わりました。中心となる先限(2017年9月限)は、4円50銭安の218円50銭。他限月は、9円50銭~3円90銭安。

☆とうもろこし、小幅上伸
シカゴ相場は、連休中の降雨予想により作付けの遅れが懸念されて上昇し、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後はシカゴ市場の休場で材料に欠き、小幅な値動きで終わりました。中心となる先限(2018年3月限)は、10円高の21,560円。他限月は、変わらず~110円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +0.62%
2位 ドバイ原油 +0.50%
3位 大豆 +0.32%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -2.02%
2位 プラチナスポット -0.23
3位 ゴールドスポット -0.13%

取引高ランキング
1位 金標準取引 15,175枚
2位 ゴールドスポット 11,164枚
3位 ドバイ原油 10,989枚

全商品合計取引高(先物) 60,877枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 243.95 (前日比: +0.36)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
< 参考コラム >
みんコモ
・ゴム週刊情報
【著者】小網太郎
http://column.cx.minkabu.jp/25535

・週明けの円高警戒-米国債買い、金買い、株売り
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/25529

・世界の原油需給バランス、今年夏場まで強気修正も・・・
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/25519

・地政学リスクとドル安を背景にNY金は1300ドル台へ
【著者】斎藤和彦
http://column.cx.minkabu.jp/25511

・高値から40%安に達したゴム相場の行方
【著者】小針秀夫
http://column.cx.minkabu.jp/25492

東洋経済ONLINE
・「北朝鮮リスク」は、ズバリ「買い」の局面だ~「Xデー」に怯えるより今は投資するチャンス
【著者】江守 哲
http://toyokeizai.net/articles/-/167552

<参考ニュース>
・東証大引け 4日続落、連日で安値 地政学リスクや米政策不安で(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_U7A410C1000000/

・NY商品、原油が小反発 需給改善期待 金は5カ月ぶり高値(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U7A410C1000000/

 

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿