◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0241 2017/5/9)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

今度の日曜14日は母の日。皆さん何か用意されましたか?
母の日の贈り物の定番カーネーションですが、春先まで天候の不順で今年は品薄で高騰するのではないかと心配されていましたが、3月4月の天候が安定したため、出荷量も価格も平年並みとのことです。
カーネーションだけでなく、アクセサリーやスカーフ・帽子などの小物、お菓子なども人気ですが、最近の流行りは高級肉のギフト券なんだそうです。
母の日のギフト、ネットでの注文は明日・明後日が受付締め切りのところが多いようです。まだの方は急いでくださいね!!
さて、本日のTOCOMマーケット、昨日急落したゴムが反発しました。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期 第6回「転換線を究める」
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
「トランプ円安の本格的な再開はあるのか?」
コメンテーター:清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「GW中海外では大きなイベントがあったが、それほどドル高にはなりませんでした。米雇用統計は、失業率も4.4%と約10年ぶりの水準に改善するなど、ヘッドラインはやや強い内容でしたし、仏大統領選は結局マクロン氏の勝利で、極右のルペン候補が勝つという方向にはならなかった。
いずれも本格的にリスクオン…リスクをとる方向の材料になります。実際、今日の日経平均株価も非常に上がったんですよね。このリスクオンの割にドルが買われていないんですよね。一旦113円台に乗せたんですがすぐに戻ってきて、今、112円60~65銭くらい。そんなにドルが買われていない。
昨年11月にトランプ円安が始まって、明日9日でちょうど半年です。今年に入ってからトランプ円安が失速している流れが、そう変わっていない感じがあるんですよね…」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/05/player-201758.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/5/9
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、小幅反発
需給緩和の観測で昨日の原油相場が大きく下落した反動で、TOCOMプラッツドバイ原油の日中取引は堅調に始まりましたが、取引中のNY相場が軟化したことを受け、上げ幅を縮めました。中心となる先限(2017年10月限)は、70円高の34,870円。その他限月は120円安~30円高。

☆金、3日ぶり反発
米国の利上げを見込んだ昨日の下落の反動で、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、小幅にもみ合い、やや上げ幅を広げて終えました。中心となる先限(2018年4月限)は、11円高の4,458円。その他限月は7円~12円高。ゴールドスポットは、6円高の4,466円。金現物取引(100g)は10円高の4,530円

☆白金、変わらず
TOCOM白金市場の日中取引は円安を眺めて高寄りしましたが、NY相場が軟化したため上げ幅を縮め、昨日の帳入値と同値で取引を終えました。中心となる先限(2018年4月限)は変わらずの3,340円。他限月は2円安~4円高。プラチナスポットは、2円安の3,343円。パラジウムは先限(2018年4月限)は2円安の2,897円。

☆ゴム、反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間取引の軟調を受け、小幅に値を下げて寄り付きました。その後、円安の進行と前日の急落の反動で、大引けにプラスに切り返しました。中心となる先限(2017年10月限)は、2円10銭高の208円70銭。他限月は、1円70銭~3円00銭高。

☆とうもろこし、反発
シカゴとうもろこし相場が天候要因で下落したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしましたが、その後、円の軟化を眺めて水準を切り上げ、プラス圏に浮上しました。中心となる先限(2018年5月限)は、30円高の22,310円。他限月は、110円安~110円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.02%
2位 金 +0.25%
3位 プラッツドバイ原油 +0.20%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -0.34%
2位 バージガソリン -0.10%
3位 パラジウム -0.07%

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,352枚
2位 ゴールドスポット 13,621枚
3位 プラッツドバイ原油 11,311枚

全商品合計取引高(先物) 79,496枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 233.68 (前日比: +0.20)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>

みんコモ
・金の重要な買い手“中央銀行”の買い越し幅が低下
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/25953

・仕手通貨ドル円に注意、TOCOM急落を待ち全売りへ
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/25947

<参考ニュース>

・NY商品、原油が続伸 サウジが減産延長に前向き 金は小反発 (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z00C17A5000000/

・カーネーション、価格は前年並み 今年はバラとの組み合わせ (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ08H11_Z00C17A5MM0000/
みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿