◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0242 2017/5/10)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

タレントの渡辺直美さんが先日アニサキスに感染したんだそうです。アニサキスと言えば、シメ鯖やイカ刺しを食べて感染した…なんて話をよく聞きますが、お寿司でもなるんですね!!生の魚介類を食べて3~4時間後に突然、激しい腹痛、吐き気に襲われるけれども、下痢を伴わないのが特徴だそうです。発症数はこの10年で2倍急増しているということでちょっと怖い。とにかく痛いらしいですよね。
アニサキスに感染しないようにするには、なるべく鮮度の良いものを買って、よく過熱するか24時間以上冷凍すること…だそうですが、お刺身に火を通すわけにはいかないし、居酒屋にいってシメ鯖を食べないなんて、クリープを入れないコーヒーみたいなもの!?
でも、誰にでも簡単にできる予防策があります。とにかくよく噛むことなんだそうです!!長さ2~3センチなので噛み砕いて殺しちゃえば大丈夫だそうです…(汗)
さて、本日のTOCOMマーケット、さざなみのような静かなマーケットでした。(郁)

【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~原油市場の見通し」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期 第6回「転換線を究める」
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
「小次郎講師流テクニカルマスターは「計算式」もきちんと理解することから始まります。
一目均衡表の転換線の計算式は(本日を含めて過去9日間の最高値+最安値)÷2
基準線が26日間、先行スパン2が52日間の半値線だ、というのは前回まででマスターしていますね。転換線は9日間ですので、一番短い期間です。つまり「転換線は短期の半値(相場水準)を示すものです。転換線の「勾配」は短期トレンドの方向を、転換線の「位置」は短期勢力の均衡点を示しています。そして、価格(ろうそく足)と転換線の位置関係を見ることで短期の勢力が売方優勢か買方優勢かをひと目で判断することが可能です。安定した上昇相場は転換線の上を転換線に沿って上昇し、安定した下降相場は転換線の下を転換線に沿って下降します。
ところが転換線から大きく放れて上昇することも、その場合は価格は調整(押し・戻し)が入りやすいため過熱感を見ることもできるのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/05/player-201759.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/5/10
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、小幅反落
世界的な供給過剰が続くとの観測でNY相場が下落した流れを引き継いで、TOCOMドバイ原油の日中取引は安寄りしました。その後、為替が円安に振れたのを眺めてプラス圏に浮上する場面もありましたが、マイナス圏に値を沈めて終わりました。中心となる先限(2017年10月限)は、30円安の34,840円。その他限月は110円~30円安。

☆金、変わらず
NY安と円の軟化という強弱材料の綱引きで、TOCOM金市場の日中取引は前日の帳入値と同値で始まりました。その後、小幅な値動きで推移し、前日と同値で取引を終えました。中心となる先限(2018年4月限)は、変わらずの4,458円。その他限月は1円~3円高。ゴールドスポットは、4円高の4,470円。金現物取引(100g)は変わらずの4,530円

☆白金、下落
NY安を受けてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りし、その後も軟調に推移して終わりました。中心となる先限(2018年4月限)は20円安の3,320円。他限月は25円~19円安。プラチナスポットは、20円安の3,323円。パラジウムは先限(2018年4月限)は27円安の2,870円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場は、円の軟化と夜間からの強地合いを受けて、日中取引も高寄りしました。始値を挟んでもみ合い、終盤にやや上げ幅を縮小して終わりました。中心となる先限(2017年10月限)は、40銭高の209円10銭。他限月は、50銭~90銭高。

☆とうもろこし、続伸
シカゴとうもろこしが反発した流れを引き継ぎ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後、円安とシカゴの堅調を眺めてプラス圏でもみ合いました。中心となる先限(2018年5月限)は、70円高の22,380円。他限月は、60円安~110円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +0.68%
2位 とうもろこし +0.31%
3位 ゴム +0.19%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -0.93%
2位 白金 -0.60%
3位 プラチナスポット -060%

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 32,360枚
2位 金標準取引 22,012枚
3位 白金標準取引 10,743枚

全商品合計取引高(先物) 97,688枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 233.44 (前日比: -0.24)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・東京ゴム価格と原油価格には相関性はない
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/26005

・OPECの原油生産量、2次供給は一貫して増加傾向
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/25993

・凪が続く商品相場
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/25974

・来週はロンドンプラチナウィーク
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/25967

<参考ニュース>

・ドル2カ月ぶり114円台、リスク志向と米利上げ観測で=NY市場(REUTERS)
http://jp.reuters.com/article/column-trump-tax-idJPKBN17T0CG?sp=true

・アニサキス 生の魚介類で猛威 10年で20倍(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/040/080000c

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿