◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0246 2017/5/17)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

たった一夜で、今、小室といえば哲哉でも等でもなく、圭になっちゃいましたね!昨日・今日のワイドショーは、眞子さまの婚約のニュースでいっぱいでした!!国際基督教大学のキャンパスで芽生えた恋、お相手の小室圭さんは、藤沢市の観光PRをする「海の王子」に選ばれたこともある爽やかイケメン…ということで、マスコミも国民も(もちろん私も)喰いついちゃって、どんな微笑ましいエピソードをご披露頂けるのかと記者会見を楽しみにしていたのですが…。
「今の率直なお気持ちは?」「好きな言葉・座右の銘は?」
「…時期が来ましたら…今は申し上げることが出来ません」
がーん… ((+_+))。迂闊なこと喋れないのは分かるけれど、ここまで規制しなくていいのに…。久々の明るいニュースに期待が膨らんでいただけに、意気消沈してしまった今朝の私でした。
しかし、このニュースに投資家の皆さんは別の角度で喰いついたようで。ブライダル業界が盛り上がるとの期待で帝国ホテルの株が急騰。年初来高値をつけたそうです。
すると、婚約指輪や結婚指輪の需要で今後プラチナも上がるかしら???
今日のTOCOMマーケットは、プラチナは変わらず…。ゴムが7日続伸です!(郁)
【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第7回「『基準線』を究める」
コメンテーター:小次郎講師こと手塚宏二さん
「前回第6回は転換線を学びましたが、価格(ろうそく足)に沿って絡むように動くのが転換線。基準線はその下を推移するラインです。計算式は(本日を含めて過去26日間の最高値+最安値)÷2。これも半値線。中期的な相場水準を表しています。(転換線は短期的な相場水準でしたね。)
基準線の勾配は中期トレンドの方向を示し、基準線の位置は中期勢力の均衡点を示しています。価格と基準線の関係で中期の勢力が売方優勢か買方優勢かがわかる。転換線との違いは「中期トレンド」を見極めることができるということです。
安定した上昇、下降トレンドの戻しは基準線まで。安定したトレンドのストッパーとしてとっても重要なラインです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/05/player-2017516.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/5/17
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、5日ぶり反落
API発表の週間石油統計で原油在庫が市場予想に反して増加していたことから、TOCMドバイ原油の日中取引は安寄りしました。その後、円高の進行とNYの戻りの強弱材料が交錯し、始値付近でもみ合いました。中心となる先限(2017年10月限)は、670円安の35,720円。その他限月は680円~430円安。

☆金、5日ぶり反落
ドルが対ユーロで下落したことから、ドルの代替投資先である金に資金が流入しNY金相場が上昇しましたが、TOCOM金市場の日中取引は円高が重石となって、小幅に高寄りしたもののその後は円の引き締まりと共に値を下げ、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2018年4月限)は、5円安の4,481円。その他限月は10円~7円安。ゴールドスポットは、7円安の4,488円。金現物取引(100g)は10円安の4,550円

☆白金、変わらず
NY高を受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、円高に押されてマイナス圏でもみ合いました。前日の帳入値に値を戻して取引を終えています。中心となる先限(2018年4月限)は変わらずの3,413円。他限月は5円安~2円高。プラチナスポットは、5円安の3,414円。パラジウムは先限(2018年4月限)は37円安の2,838円。

☆ゴム、7日続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の強地合いを受けて高寄りしました。寄り後は上げの反動でマイナス圏に急落するなど荒い値動きをしましたが、徐々に値を戻し7日続伸となりました。中心となる先限(2017年10月限)は、1円70銭高の229円70銭。他限月は、3円20銭~12円10銭高。

☆とうもろこし、4日続落
米農務省が発表した作付け報告が市場予想を上回る好調なペースであったことから、前日のシカゴ相場が軟調だったことに加えて為替が円高に振れたことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は大幅に値を下げて始まりました。その後、下落の反動で半値ほど値を戻して取引を終えています。中心となる先限(2018年5月限)は、120円安の22,310円。他限月は、100円安~30円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +0.75%
2位 大豆 +0.57%
3位 小豆 +0.09%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.84%
2位 パラジウム -1.29%
3位 バージ灯油 -1.16%

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 23,735枚
2位 金標準取引 20,538枚
3位 ゴム 10,963枚

全商品合計取引高(先物) 87,265枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 237.89 (前日比: -2.00)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・マレーシアで天然ゴム・製品価格が下落、日本の営業倉庫在庫は大幅減
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/2622

・米国の原油供給への寄与度は、輸入よりも国内生産が高い
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/26215

・原油価格は1ドル上昇
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/26207

・ウォーターゲート2017、ユーロ1.15トライ、金1300へ
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/26201

<参考ニュース>
・NY商品 原油は反落、在庫減少に時間との観測 金5日続伸(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C17A5000000/

・小室圭さん会見 多くを語らず(スポニチアネックス)
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000080-spnannex-ent

・帝ホテルが年初来高値 「眞子さま婚約」でブライダル関連に期待(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17H9G_X10C17A5000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿