◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0247 2017/5/19)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

「大宅壮一文庫」って、ご存知ですか?日本で初めての雑誌図書館です。昭和前期に活躍した評論家・大宅壮一氏の雑誌コレクション…明治時代以降130年余りの雑誌を所蔵してる図書館です。
私が地方のテレビ局の新人アナウンサーだった頃、まだ今のようにインターネットが普及していなかったため、芸能人との対談やトークショーの仕事が入ると、新潟から新幹線に乗って世田谷区八幡山にある大宅壮一文庫に足を運び、インタビュー相手の資料を探したものでした。当時は唯一の大事なデータベースだったんです。その後、凄いスピードでパーソナルコンピューターというものが普及し、大宅文庫を利用することもなくなってしまっていたのですが、その大宅文庫が、運営難のためクラウドファンディングで運営資金の募集を始めたというニュースを発見。歴史的価値のある貴重な資料を残したい、お世話になった恩返をしたいと、私も出資を決めました。皆さんも、いかがでしょうか?
https://readyfor.jp/projects/oya-bunko
また一度もいかれたことが無い方は、この機会に一度足を運んでみてはいかがでしょう?創刊号だけでも約7,000冊揃っているそうです。HPの写真を見たらan・anやnon・no、セブンティーン、平凡パンチ、といったものから、明治7年創刊の婦人画報の創刊号も。表紙画は石川寅二氏の美人画!当時、雑誌の表紙には新進気鋭の画家が採用されていたんですよね。雑誌の表紙ウォッチングや、また、広告ウォッチングも当時の世相が現われていて楽しいですよ。
さて本日のTOCOMマーケット、原油続伸、貴金属が総じて軟調です。(郁)
【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:袰川有希
昨日の番組から
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「ここからのゴールド市場、やはりトランプ政権の動向と金融政策がカギとなります。6月13~14日のFOMCで米利上げの市場予想は69%。5月初旬には100%近くにまで織り込まれましたが、ここにきて利上げ織り込みが低下傾向に。
6月FOMCまで、まだ1か月ほど時間があるため、その間に発表される米指標にも注目ですが、ロシアゲート問題で米株下落が長期化すれば利上げができるかどうか…。
ゴールドETFの金現物保有高は、今月17日現在1,189.95トン。3月末の1,170.00トンから微増、年初の1,159.85トンから2.6%の増加となっています。
大口投機家、ファンド筋のポジション動向、買い越しは今月9日現在で15万0,006枚。4月25日の20万0,677枚から2週間で5万枚以上減少したのですが、その後の金価格上昇を見ると買い越し幅は17日現在16~17万枚へと膨らんでいる可能性も。ただし、20万枚まで買い越されていた時点から見ればまだ買い余地ありですね。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/05/player-2017518.html

来週の放送予定
5月22日(月)
「商品市場の動向と今後の見通し」
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)

5月23日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期 第8回「均衡表の好転・逆転」
小次郎講師こと手塚宏二さん

5月24日(水)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)

5月25日(木)
「専門家の目~原油相場の現状と見通し」
松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)

5月26日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん (FXアナリスト)

◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/5/19
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続伸
来週のOPEC総会で減産延長が合意するとの思惑で、前日の欧米市場の原油相場が上昇したことを受け、TOCOMドバイ原油の日中取引は高寄りしました。その後もNY相場の堅調を眺め、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2017年10月限)は、390円高の36,340円。その他限月は290円~530円高。

☆金、反落
米国の株式市場の持ち直しで、NY金相場が下落した流れを受け、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後も、円の引き締まりを眺め、やや値を下げる場面がありましたが、始値の水準に戻して終わりました。中心となる先限(2018年4月限)は、26円安の4,463円。その他限月は32円~23円安。ゴールドスポットは、33円安の4,464円。金現物取引(100g)は30円安の4,520円

☆白金、続落
オペルがディーゼル車の新規開発の中止を発表したことで、ディーゼル車の触媒が需要の多くを占める白金相場が急落しました。TOCOM白金市場の日中取引もNY白金安を受けて安寄りし、その後円の引き締まり眺めて軟調に終わりました。中心となる先限は31円安の3,348円。その他限月は34円~27円安。プラチナスポットは、27円安の3,358。パラジウムは先限(2018年4月限)は66円安の2,709円。

☆ゴム、反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の弱地合を引き継いで安寄りしましたが、その後、上海相場の堅調と円の引き締まりで昨日の帳入値を挟んでもみ合いました。終盤は上げ幅を拡大し、プラス圏で取引を終えました。中心となる先限(2017年10月限)は、1円60銭高の224円90銭。他限月は、1円80銭~4円30銭高。

☆とうもろこし、6日ぶり反発
前日のシカゴ相場が、ブラジルの通貨急落を受けて下落したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は値を下げて寄り付きましたが、その後、シカゴの戻りを眺めて堅調に推移し、高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2018年5月限)は、100円高の22,100円。他限月は、40円安~80円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.08%
2位 小豆 +0.86%
3位 バージガソリン +0.86%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -2.38%
2位 銀 -1.00%
3位 白金 -0.92%

取引高ランキング
1位 金標準取引 29,821枚
2位 白金標準取引 11,981枚
3位 プラチナスポット 10,465枚

全商品合計取引高(先物) 88,138枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 238.62 (前日比: +0.68)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・中東リスク(イラン大統領選挙・トランプ中東歴訪)
【著者】菊川弘之
http://column.cx.minkabu.jp/26286

・米シェール生産効率は現在も向上中
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/26276

・上下波乱の展開が続く金相場
【著者】斎藤和彦
http://column.cx.minkabu.jp/26268

・目先のリスクポジションは.TOCOM全般の買い持ち
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/26262

・7年ぶりの記録的逆ザヤでゴムは期近から連日の上昇
【著者】小針秀夫
 http://column.cx.minkabu.jp/26250
<参考ニュース>
・ビットコイン、金の最高値超える 一時1922ドル (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ19H0L_Z10C17A5000000/

・NY商品、原油続伸 減産延長期待で買い戻し優勢 金は反落 (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z10C17A5000000/

・大卒就職率、過去最高97.6%=高卒も26年ぶり水準(時事通信)
 http://medical.jiji.com/news/6612

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿