◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0248 2017/5/22)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

社会人になったばかりの頃、ユーノス・ロードスターに憧れたものです。他のどの車よりも群を抜いてカッコ良かったんですよね。私の中にはマツダの車はお洒落だ…というイメージが、その頃からあるのですが、今、マツダというブランドそのものをデザインによって変えて行こうという動きになっているようですね。数年前から「鼓動」と呼ぶデザインテーマで車を開発し次々とヒット!昨年度の世界販売台数は155万台超と過去最高を更新したそうです。その成功の秘訣は、車だけでなく店舗の外観やインテリアをブランドテーマに合わせて変えたり、マツダブランド全体を統一感をもってイメージづくりして行こうという試みにあるそうです。
昨年11月にリニューアルされた高田馬場店はその象徴で、黒を基調にしたスタイリッシュな外観に、オープンなデッキテラスを設けたり、内装に木材を多用したり。またドリンクカウンターでは、ラテアートが施されたエスプレッソやカプチーノを飲めるカフェのような造りになっているんだそうです。お客さんにとって居心地が良くなっただけでなく、働くスタッフのモチベーションも上がっているとか。今度、散歩がてら覗いてみようかな…。気が付いたらローンを組んで車を買っちゃっていたりして。
さて、本日のTOCOMマーケット、ほぼ全面高です!(郁)
【目次】

1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
キャスター:山本郁
先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/05/player-2017519.html
◆ CX教室(入門編)
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/5/22
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、3日続伸
今週25日のOPEC総会で来年3月までの協調減産延長が決まるとの期待で、前日のNY原油が約1か月ぶりで50ドルを超えたことから、TOCOMドバイ原油の日中取引も大幅に値を上げて寄り付きました。その後、円の軟化を眺めて昼頃に更に水準を切り上げましたが、終盤に円が引き締まると上げ幅を縮めました。中心となる先限(2017年10月限)は、780円高の37,120円。その他限月は350円~800円高。

☆金、反発
地政学リスクでNY金が堅調なのを受けて、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしましたが、その後、NY相場の軟化と円の軟化で強弱材料が交錯しもみ合いました。午後に入ってNYの軟化が勝り、水準を切り下げました。中心となる先限(2018年4月限)は、15円高の4,478円。その他限月は12円~19円高。ゴールドスポットは、20円高の4,484円。金現物取引(100g)は30円高の4,550円

☆白金、3日ぶり反発
NY高を眺めTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、NY相場が軟化したため上げ幅を縮めたものの、3日ぶりの反発です。中心となる先限(2018年4月限)は17円高の3,365円。その他限月は15円~22円高。プラチナスポットは、19円高の3,377円。パラジウムは先限(2018年4月限)は12円安の2,697円。

☆ゴム、続伸
原油高と上海高などを受けて、TOCOMゴム市場日中取引は、大幅に値を上げて寄り付きました。その後も円の引緩みで水準を切り上げる場面もありましたが、その反動と円の引き締まりで終盤は上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2017年10月限)は、2円80銭高の227円70銭。他限月は、変わらず~4円60銭高。

☆とうもろこし、続伸
先週末のシカゴ相場が、米国の産地の天候懸念で反発した流れを引き継ぎ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後は円の値動きを眺め、日中の始値を挟んだやや荒い値動きとなりました。中心となる先限(2018年5月限)は、280円高の22,380円。他限月は、110円~360円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.15%
2位 銀 +2.01%
3位 バージ灯油 +1.65%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 -0.66%
2位 パラジウム -0.44%

取引高ランキング
1位 金標準取引 20,213枚
2位 プラッツドバイ原油 12,658枚
3位 プラチナスポット 9,005枚

全商品合計取引高(先物) 71,819枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 241.50 (前日比: +2.88)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
http://column.cx.minkabu.jp/26330

・減産延長でおよそ2億バレルの原油在庫を取り崩す!?
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/26320

・ユーロ買い主導でドル安継続、金、白金、原油買い
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/26314

・ゴムは今一度、急騰のチャンス!?
【著者】古川昭治
 http://column.cx.minkabu.jp/26298

GOLDNEWS
・LPPM Platinum Week
【著者】池水雄一
 http://goldnews.jp/column/ikemizu/entry-5340.html
<参考ニュース>
・北朝鮮「北極星2ミサイル量産、配備を」 実験成功と発表 (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H1T_S7A520C1MM0000/?dg=1

・福岡の6億円金塊窃盗事件、愛知の男6人に逮捕状(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/articles/ASK5L7FM3K5LTIPE03H.html

・ビットコイン、2000ドル台に到達 連日で最高値更新、2070ドル前後(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL22H8Z_S7A520C1000000/?dg=1

・顧客も従業員も熱くなる マツダの「新世代店舗」 (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO16571770Y7A510C1000000/?df=3
みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿