◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0264 2017/6/13)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

今日の日経新聞電子版の「株・金融」面で、先日TOCOMスクエアで開催された「レディースナイト」が紹介されました!!ご覧になりました?
「投資入門 女子会気分で 兜町ツアーや貴金属講座」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD06H27_W7A600C1905E00/
女性投資家に向けた金融界の取り組みを特集した記事で、前半は兜町で毎週開催されている勉強会「きんゆう女子。」について。兜町の金運スポットを巡るナイトツアーなんてイベントも開催されているんですね!!面白そう。そして最後にTOCOMスクエアで5月11日に開催された「TOCOMレディースナイト」も掲載されています。
「TOCOMレディースナイト」、大変好評だったので、また第2弾、第3弾を開催しようかって声もスタッフの中で上がっているんですよ。
あ、「TOCOMオジサマナイト」も必要ですか?その辺も是非皆様のご要望をお聞かせくださいね♪
さて、今日のTOCOMマーケットは、原油続伸、金続落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第11回「三役好転・逆転の意味」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
「今こそ考えたいポートフォリオの中身!!」
コメンテーター:野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「先々週に続いて、先週末もダウ平均株価が史上最高値を更新しました。市場最高値ってキーワードをよく聞きますので、あ…またか…って感じかもしれないんですけれど、FBI前長官の議会証言とか、仏の総選挙など無事通過ということで安心感が広がったと言われていますね。
仏の議会選挙、来週が決選投票ですがマクロン氏の体制がほぼ決まりそうというところで、これが決まると欧州連合で強さが見られるので、まさに安心感ということになっていくのかなと思います。ダウ市場最高値もキーワードとしては明るいようですが、日本の日経平均株価2万円到達もそうなんですが、何かキーワードの割には見合った活気が今一つないという。上がってはいるんだけど今の不可解な上げは何?とか何か疑念が先に立ってしまって、でも実際上がっているからこのままでいいか…と個人投資家としては自分をなだめる日々が続いているのではないでしょうか?このタイミングで、今の自分の心に正直なポートフォリオの中身になっているかを一緒に点検してみませんか?」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/06/player-2017612.html
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/6/13
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、小幅続伸
サウジの原油相が、向こう3~4か月で原油の在庫の削減が進むとの見通しを示したことで、昨日のNY原油は続伸しました。TOCOMドバイ原油市場の日中取引は円相場の上昇を受け安寄りしましたが、その後、円の軟化とNY原油が堅調に推移しているのを眺め小幅ながらプラス圏に値を戻しました。中心となる先限(2017年11月限)は、10円高の33,530円。その他限月は30円安~110円高。

☆金、4日続落
TOCOM金市場は、前週の重要イベントへの警戒で値を上げた反動による昨日からの下げ局面を引き継いで、今日の日中取引は安寄りしました。その後、円の引緩みを受けて下げ幅を半値ほど縮小しました。中心となる先限(2018年4月限)は、7円安4,473円。その他限月は12円~6円安。ゴールドスポットは、13円安の4,479円。金現物取引(100g)は10円安の4,540円。

☆白金、続伸
TOCOM白金市場の日中取引は円高の影響で安寄りしましたが、その後、円相場が軟化したことに加え、産出国の南アフリカについて米国のムーディーズが格下げしたと発表したことによる供給懸念で大引けにかけ強含みに推移し、プラス圏に切り返しました。中心となる先限(2018年4月限)は7円高の3,363円。その他限月は12円安~23円高。プラチナスポットは、12円安の3,353円。パラジウム(2018年4月限)は23円高の3,020円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の堅調地合いを引き継いで高寄りしましたが、タイなどの産地が増産期に入ったことから需給の緩みが警戒され、午後に入って下落に転じました。中心となる先限(2017年11月限)は、1円60銭安の185円30銭。他限月は、1円80銭安~1円80銭高。

☆とうもろこし、続落
昨日のシカゴ相場が米中西部の降雨予報を受けて反落した流れを引き継ぎ、値を下げて寄り付きました。その後、円の軟化とシカゴの戻りを眺め、下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年5月限)は、310円安の22,340円。他限月は、420円安~変わらず。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 中京ガソリン +1.09%
2位 パラジウム +0.77%
3位 小豆 +0.34%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.80%
2位 大豆 -1.49%
3位 とうもろこし -1.37%

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 51,117枚
2位 金標準取引 24,546枚
3位 ゴールドスポット 16,662枚

全商品合計取引高(先物) 121,586枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 228.53 (前日比: -0.15)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・在庫が高止まりするメキシコ湾岸地区での原油輸入量は減少
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/26847

・円全面高へ回帰、DJIAとNASDAQで分かれる方向感は不穏
【著者】郷右近 要
 http://column.cx.minkabu.jp/26841

・週刊石油展望
【著者】三浦良平
http://column.cx.minkabu.jp/26834

・「スーパー・サーズデー」を終えて
【著者】菊川弘之
http://column.cx.minkabu.jp/26823

<参考ニュース>

・NY商品 原油が続伸、サウジ「在庫減進む」との見通し 金は続落(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T10C17A6000000/

・投資入門 女子会気分で 兜町ツアーや貴金属講座(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD06H27_W7A600C1905E00/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿