◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0266 2017/6/15)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

前にここで書いたように、吉野家の「歩く割」というアプリを携帯に入れて使うようになってからウォーキングに益々熱を上げている私。TOCOMでの仕事帰りはもちろん、ちょっとコンビニに買い物に行く時も財布だけでなく携帯を握りしめて出かけ、よし!200歩稼いだ!!やった!今日は1万5千歩突破!!などと、一日の終わりに地味に喜びをかみしめていたのですが、ウォーキングっていっぱい歩けば良いものではないみたいですね。
1日1万歩っていうのは古い常識、今は8000歩+20分の早歩き…の組みあわせが主流なのだそうです。早歩きはとは、競歩ほど激しくなく、何とか会話が出来るくらいの早さ。これで健康のためのウォーキング効率がぐんとアップするんだとか。ウォーキングも量より質なんですね。ふむふむ。
さて、今日のTOCOMマーケットは、ゴム続伸、プラチナ反発です!(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の見通し」
コメンテーター:高井裕之さん(住友商事株式会社 執行役員 住友商事グローバルリサーチ 社長)
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
「専門家の目~世界の金の動き」
コメンテーター:池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)
「パラジウムとプラチナの価格の差が接近していて注目されています。
根本にあるのは需給の関係です。パラジウムは2012年からずっと供給不足の状況が続いています。今年も35~6トンの供給が足りないと予測されています。
プラチナは2014年に南アフリカのストライキの時に供給が少なかったのですがそれ以外はずっと供給過多なんですよね。ですから、その基本的な構造が違うというのがありますね。
それから需要ですが、パラジウムの供給の鉱山生産の数量は過去10年200トン前後とあんまり変わっていないんですよね。需要の70パーセントが自動車(ガソリン車)の触媒なんですが、毎年毎年増えているんですね。その増えた分が足りなくなっているという、そういう構造があります。
世界で売れている車の大部分はガソリン車ですから、自動車触媒の需要は圧倒的にパラジウムが大きいわけですよね。
そういった部分の組み合わせでパラジウムが非常にタイトになってきているというのがここにきてどんどん積みあがって来てた部分がありますよね。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/06/player-2017614.html

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/6/15
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続落
IEAの月間報告で主要産油国以外の国で増産が続く見通しと示された他、EIAの週間石油在庫統計が市場予想を下回っていたことからNY原油が下落。それを受けてTOCOMドバイ原油市場は夜間取引で大きく水準を切り下げ、日中取引も軟調に推移しました。中心となる先限(2017年11月限)は、940円安の32,280円。その他限月は980円~440円安。

☆金、反落
FRBが年内にも保有資産の縮小を開始すると宣言したことを受け、NY金相場が下落したほか、為替の円高を受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、円の引緩みを眺め、下げ幅を縮小する場面もありましたが、終盤に始値の水準に値を沈めました。中心となる先限(2018年4月限)は、38円安の4,444円。その他限月は49円~37円安。ゴールドスポットは、49円安の4,437円。金現物取引(100g)は30円安の4,520円。

☆白金、反発
ダウ平均の連日の最高値更新を好感し、NY白金相場が反発したことからTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後は円の値動きを眺めて更に値を上げる場面もありましたが、始値の水準で取引を終えました。中心となる先限(2018年4月限)は6円高の3,314円。その他限月は1円~18円高。プラチナスポットは、4円高の3,309円。パラジウム(2018年4月限)は19円安の2,932円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は夜間の堅調地合いを引き継ぎ、やや値を上げて取引を始めましたが、寄り後に原油安などを受けて急落しました。その後は円安の進行と上海高を受けて堅調に推移し、この日のほぼ高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2017年11月限)は、3円90銭高の199円40銭。他限月は、70銭~3円40銭高。

☆とうもろこし、反落
高温が続いている米国中西部の産地で降雨の予報が出たことを受けて、シカゴとうもろこし相場が反落したことを受け、TOCOMとうもろこし市場日中取引も値を下げて始まりました。その後、円の引緩みを受け、下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年5月限)は、120円安の22,310円。他限月は、150円安~変わらず。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.99%
2位 小豆 +0.26%
3位 白金 +0.18%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -2.83%
2位 中京ガソリン -2.26%
3位 バージ灯油 -2.25%

取引高ランキング
1位 金標準取引 56,924枚
2位 ゴールドスポット 18,827枚
3位 プラッツドバイ原油 16,393枚

全商品合計取引高(先物) 132,671枚
〃 (オプション) 150枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 223.82 (前日比: -3.66)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・米中西部地区の原油在庫とカナダからの輸入量はともに増加傾向
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/26897

・原油40ドル割れあり、ビットコインは売りに転換
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/26891

・投機筋の買いが一段落、中国の天然ゴム在庫は昨年11月以来の高水準に
【著者】近藤雅世
http://column.cx.minkabu.jp/26879

GOLDNEWS
・SBMA Asia Pacific Precious Metals Conference
【著者】池水雄一
 http://goldnews.jp/column/ikemizu/entry-5432.html

・パラジウム価格が高騰している真相
【著者】小菅努
http://goldnews.jp/column/kosugetsutomu/entry-5433.html
<参考ニュース>
・「利上げ年3回」維持 FRB議長、労働市場の強さ強調 (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H10_V10C17A6EAF000/

・米利上げでも増える円安懐疑論(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17691810V10C17A6000000/

・NY商品、原油反落 在庫減鈍く1カ月ぶり安値 金はFOMC後に下落(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V10C17A6000000/
みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿