◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0268 2017/6/19)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

「ポテチショック」に続いて、お菓子フリークを襲った「カールショック」。
スナック菓子「カール」が9月以降、東日本エリアで買うことが出来なくなる…と先月発表されてから、カールを買い求める人が殺到しているそうです。
日頃、そんなに食べていたわけではありませんが、子供の頃から慣れ親しんできたカールがなかなか食べられなくなるというのは、やはり寂しいものです。
しかし気になるのは何故、東日本だけ販売中止なのか…ということでしたが、今日、その答えを分析していた記事を見つけました。それによると「一般的に東日本では、カールのような薄味よりも濃い味が好まれる傾向」だからなのだそうです。
う~ん。納得いかない。うどんの汁の関西風、関東風論争を彷彿とさせます。
実は関西の人が好む薄口しょうゆのうどんの汁は関東よりも塩分が多いというのは、今はもう常識のお話し。皆さん、どう思います?

さて、『TOCOMリアルトレードコンテスト』始まってます!期間は8月31日の日中取引まで。エントリーの締め切りは7月末になります。上位入賞者には何と金貨を贈呈!まだの方は急いでエントリーしてくださいね♪
https://tocom-realtrade.com/
本日のTOCOMマーケットは、大豆が上昇しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「フランスのベンチャー事情」
コメンテーター:関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)
キャスター:山本郁
先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/06/player-2017616.html
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/6/19
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、小幅続伸
欧米市場の原油相場は、一部産油国の輸出削減を好感して反発しましたが、TOCOMドバイ原油の日中取引は円高に相殺されて前日の帳入値と同値で始まりました。その後、円は軟化しましたが、取引中のNY原油も軟化したため、小幅なもみ合いに終始して取引を終えました。中心となる先限(2017年11月限)は、10円高の32,800円。その他限月は30円~160円高。

☆金、反落
米国が長期的な利上げ基調であることが改めて確認されてNY金相場が下落したことに加え、円相場の引き締まりを受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、円高は一服しましたがNYの弱含みを眺め、マイナス圏での小幅な値動きが続きました。中心となる先限(2018年4月限)は、11円安の4,462円。その他限月は12円~4円安。ゴールドスポットは、4円安の4,463円。金現物取引(100g)は10円安の4,530円。

☆白金、反発
NY白金の反発を受けてTOCOM白金市場の日中取引も高寄りし、その後も円の引緩みを受けて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年4月限)は16円高の3,323円。その他限月は4円~20円高。プラチナスポットは、19円高の3,319円。パラジウム(2018年4月限)は、変わらずの2,991円。

☆ゴム、3日ぶり反落
円高と、前週末の上昇の反動で、TOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。その後は天然ゴムの増産期で値崩れを起こしやすい状況が警戒されたことなどから大きく水準を切り下げました。中心となる先限(2017年11月限)は、5円80銭安の195円20銭。他限月は、6円90銭~4円60銭安。

☆とうもろこし、続伸
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、先週末のシカゴ相場が天候リスクを背景に続伸した流れを受けて高寄りしたものの、寄り直後、円高とシカゴの軟化を受けて急落。その後、円の軟化を眺めて上昇し、小幅ながらプラス圏に値を戻して取引を終えました。中心となる先限(2018年7月限)は、20円高の22,600円。他限月は、60円安~40円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +3.04%
2位 プラチナスポット +0.58%
3位 白金標準取引 +0.48%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -2.89%
2位 小豆 -0.34%
3位 金 -0.25%

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,671枚
2位 ゴールドスポット 9,385枚
3位 白金標準取引 8,438枚

全商品合計取引高(先物) 63,857枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 225.97 (前日比: -0.10)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
http://column.cx.minkabu.jp/26980

・OPEC加盟国を生産量の傾向で4つの分類に分けてみる
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/26968

・米国株の変調を警戒、ドル安回帰
【著者】郷右近 要
 http://column.cx.minkabu.jp/26960

・ゴムは生産国の市況対策に注目
【著者】古川昭治
 http://column.cx.minkabu.jp/26951

<参考ニュース>

・「カール」なぜ西日本限定? 東西売り上げ「ほぼ同じ」(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/articles/ASK5Y5S9YK5YULFA028.html

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿