◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0283 2017/7/10)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

某広告代理店の新入社員の過労自殺事件をきっかけに違法残業問題にメスが入り、社会全体に長時間労働の解消や、残業短縮に取り組む企業が増えている傾向ですが、意外な方法で効果が上がるというデータがあるそうです。
それは、就業時刻に「ロッキーのテーマ」を流すこと!
この勇壮な音楽が流れると、仕事がまだ残っている人も頑張ろうという気になり仕事の効率が高まるのだとか。
新宿にある三井ホーム本社では、日に何度か決まった時間に決まった音楽を流してメリハリをつけて仕事をするという取り組みを始めてから、残業時間の合計が2~3割も減ったのだそうです!
音楽がマインドに与える影響って凄いですね。
実はこれ、企業向けのBGM配信サービスをしているUSENの商品なのですが、今、導入企業数は数千社に上るのだそうです。
私も頭の中でシミュレーションしてみました。
♪タタタータタタータタタータタタ、タタタータタタータタタータタタ・・・・エイドリアーン!!うん、確かに!血がたぎってくる感じ。最後の力を振り絞って闘う気になりますよね( `―´)ノ
もうひと踏ん張り頑張ります↑↑↑
さて、本日のTOCOMマーケットは、穀物は堅調ですが、金と原油が小幅に下落しました。  (郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「円安を阻む『4つのI』」
コメンテーター:清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
キャスター:山本郁

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/07/player-201777.html
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/7/10
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、3日続落
TOCOMドバイ原油の日中取引は、世界的な供給過剰感から安寄りしましたが、先週末の米国雇用統計の結果を受けて円安ドル高が進んだことで相殺され、下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2017年12月限)は、380円安の33,430円。その他限月は440円~240円安。

☆金、反落
先週末に対ユーロでのドル高でNY金が下落した流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りした後、始値を挟んで小幅な値動きとなりました。大引けに下げ幅をやや拡大しています。中心となる先限(2018年6月限)は、23円安の4,432円。その他限月は22円~11円安。ゴールドスポットは、14円安の4,439円。金現物取引(100g)は変わらずの4,500円。

☆白金、反発
白金の最大の生産国である南アフリカで、8月に大統領の不信任投票が行われるなどによる供給リスクが懸念され、白金相場が上昇しました。TOCOM白金市場の日中取引も高寄りし、その後上げ幅を拡大しましたが、大引けは始値の水準に値を戻しました。中心となる先限(2018年6月限)は13円高の3,327円。その他限月は1円~21円高。プラチナスポットは、4円高の3,329円。パラジウム(2018年6月限)は、21円高の2,963円。

☆ゴム、小幅反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、原油相場安や上海市場の軟化を受けて安寄りしました。その後、円安のサポートで下げ幅を縮め、一時はプラス圏にタッチしましたが、終盤は再びマイナス圏に値を沈めました。中心となる先限(2017年12月限)は、60銭安の196円50銭。他限月は、1円20銭安~20銭高。

☆とうもろこし、続伸
先週末からの天候懸念によるシカゴ相場高と円安で、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後、シカゴ相場の大幅な上昇を眺め水準を大きく切り上げました。一時23,160円と3月6日以来、約4ヶ月ぶりの高値をつけています。中心となる先限(2018年7月限)は、430円高の23,090円。他限月は、150円~400円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +2.83%
2位 とうもろこし +1.90%
3位 パラジウム +0.71%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -2.05%
2位 プラッツドバイ原油 -1.12%
3位 金標準取引 -0.52%

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 61,051枚
2位 金標準取引 44,442枚
3位 ゴールドスポット 16,784枚

全商品合計取引高(先物) 160,671枚
〃 (オプション) 144枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 229.14 (前日比: -1.07)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
・米原油在庫の減少の裏側
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/27448

・クロス円全面高、ドル建て貴金属は失速
【著者】郷右近 要
 http://column.cx.minkabu.jp/27442

・ゴムはしばらく逆張り相場
【著者】古川昭治
 http://column.cx.minkabu.jp/27433
<参考ニュース>
・東京円、1ドル114円台 2カ月ぶり円安水準(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK7B2PX2K7BUTFK001.html?iref=comtop_latestnews_03

・米雇用の力強い伸びが隠す「痛み」(REUTERS)
 http://jp.reuters.com/article/column-us-labor-idJPKBN19U11H

・オバマケア代替法案、成立の見通し立たず 共和党に悲観論広がる(REUTERS)
http://jp.reuters.com/article/obamacare-republican-idJPKBN19V091

・バニラ・エア機内から金塊数十キロ 密輸の疑いも (朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK7B3JQQK7BPPTB001.html

・終業の合図は「ロッキー」 音楽効果、驚きの残業時間減(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/articles/ASK774HGHK77ULFA00W.html

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿