◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0297 2017/7/31)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

突然ですが、アイスキャンディーにまつわる私の悲しい思い出をお話ししたいと思います。
小学生の夏休み。その日私は朝顔の水やり当番で、こっそり禁止されていた自転車で学校へ行きました。その帰り道、校門の近くに文房具などの販売をしている小さなお店があったのですが、そこでアイスキャンディーを買ってしまったのです。もちろん学校の帰り道の買い食いも禁止です。でも、あまりにも暑い日で、プラス夏休みの解放感があったんでしょうね。ホームランバーを1本購入。ものすごくドキドキしながら銀の紙を剥き、誰にも見つからないように自転車に飛び乗り急いでその場を離れました。
小学校は丘の上にありました。結構急な坂道でした。右手にホームランバーを持ちながらハンドルをしっかり握り一気に坂を駆け下りました。坂を下り終えてホームランバーを食べようと見てみるとそこには棒しか残っていませんでした…。坂を下る熱風の向かい風に、一気に溶けてしまったんです。呆然でした。
ホームランバー、確か当時は30円でした。1か月のお小遣いが300円だった当時、その十分の一。大変な出費です。月給40万円の人だったら4万円相当の買い物です。本当に悲しかったのですが、自転車もアイスも校則違反だったので、親にも友達にも話せませんでした。
今日、溶けにくいアイスクリームが今年4月発売されたというニュースを見かけました。金沢市の「金座和アイス」が、イチゴに含まれるポリフェノールを加えることで、ドライヤーの熱風を5分あてても溶けないアイスクリームを開発したのだそうです。ポリフェノールは水分と油分を離しにくくする力があるから、クリームの形を長く保てるのだとか。このアイスなら自転車で坂道を下っても溶けることはなかったのでしょうか。是非、検証してみたいものです。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油・金・白金が上昇。穀物は揃って下落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「変わるLNG市場」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
キャスター:山本郁

昨日の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター: 岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/07/player-2017728.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/7/31
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続伸
サウジアラビアの原油の輸出制限や、OPECの減産遵守率の上昇を受けて、欧米市場の原油相場が上昇し、TOCOMドバイ原油の日中取引も高寄りしました。その後、NY相場が伸び悩んだのを眺め、高値水準でもみ合いました。中心となる先限(2017年12月限)は、490円高の35,540円。その他限月は10円~550円高。

☆金、反発
米国の金利引き上げ観測が後退したことや週末の北朝鮮のミサイル発射を受けた地政学リスクの高まりなどから、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、NY相場の軟化や円高を眺め水準を切り下げました。中心となる先限(2018年6月限)は、15円高の4,495円。その他限月は12円~17円高。ゴールドスポットは、11円高の4,497円。金現物取引(100g)は10円高の4,560円。

☆白金、反発
金相場の上昇に連れて白金市場も上昇。TOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、その後も高値圏でもみ合いました。中心となる先限(2018年6月限)は26円高の3,337円。その他限月は16円~26円高。プラチナスポットは22円高の3,340円。パラジウム(2018年6月限)は、31円高の3,037円。

☆ ゴム、反発
原油相場の上昇を受けて、TCOOMゴム市場の日中取引は値を上げて寄り付きました。その後、上海相場の底堅さを眺め、上げ幅を拡大する場面もありましたが、大引けは日中の始値と同値に戻して取引を終えました。中心となる先限(2018年1月限)は、1円20銭高の205円70銭。他限月は、40銭~1円50銭高。

☆とうもろこし、反落
米国の産地で気温上昇は避けられるとの天候予報により、作柄が改善するとの思惑が広まり、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小幅に安寄りしました。その後、シカゴの下落を受けて急落しこの日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2018年7月限)は、320円安の21,410円。他限月は、630円~150円安。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.40%
2位 バージガソリン +1.26%
3位 パラジウム +1.03%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -1.47%
2位 大豆 -1.35%
3位 小豆 -0.76%

取引高ランキング
1位 金標準取引 29,293枚
2位 ゴールドスポット 20,855枚
3位 プラッツドバイ原油 15,462枚

全商品合計取引高(先物) 108,536枚
〃 (オプション) 84枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数  236.55 (前日比:+1.91)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
http://column.cx.minkabu.jp/27918

・OPEC2次供給は大幅増加中
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/27908

・ドル安、原油上昇、金上昇
【著者】郷右近 要
http://column.cx.minkabu.jp/27902

・ゴムは目先的に3分の1戻りも
【著者】古川昭治
http://column.cx.minkabu.jp/27875

東洋経済ONLINE
・原油相場がジワリ上昇している2つの理由~OPEC等供給側だけを見ていてはわからない
【著者】江守 哲
http://toyokeizai.net/articles/-/182282

<参考ニュース>
・「話し合い終わった」米、中国に北制裁強化迫る(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170731-OYT1T50025.html?from=ytop_main1

・ドライヤー、5分当てても大丈夫 溶けないアイスの秘密(朝日新聞)
http://digital.asahi.com/articles/ASK7P56V5K7PPTIL01D.html?rm=640

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿