◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0302 2017/8/7)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

東南アジアや欧州で麻疹(はしか)が流行しているそうで、厚生労働省が夏休みに海外に行く人に、感染しないよう注意を呼び掛けています。今年に入ってからイタリアで約4,000人の患者が報告されたほか、ルーマニアでも約8,000人の患者が出て32人が死亡しているのだそうです。
日本もかつては麻疹が大流行した時期がありましたが、十分に抗体が出来る予防接種2回の義務付けなどの取り組みで、一昨年は患者数を35人にまで減らすことに成功し、世界保健機関(WHO)から「排除状態」と認定を受けていた…のですが、海外での流行によって、昨年からまた患者数が増加。昨年1年間で159人。今年はもうすでに168人に上っているそうです。
全患者数の約6割を占めているのが20代30代ですが、実は、誕生日が昭和52年4月~平成2年3月までの人は、国の方針で麻疹の予防接種を1回しか受けていない…つまり、十分な抗体が出来ていない可能性があるのだそうです!!
若い頃に誰もが経験することを「はしかみたいなもの」なんて言い方をするので、そのせいか麻疹にそんなに怖いイメージを持たない方も多いかもしれませんが、感染力が非常に強く、生命に関わる病気です。
海外旅行に行かれる方は、予防接種歴を調べて2回接種を受けているか確認するか、医療機関で十分な抗体があるかどうか調べて貰って下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケットは、ゴムと原油が堅調です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「産業関連のニュースから」
コメンテーター:関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)
キャスター:山本郁

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/08/player-201784.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/8/7
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、反発
先週末に発表された米国の7月の雇用統計が、市場予想を上回る強い内容だったことから景気減速の懸念が後退し、欧米市場の原油相場が上昇。TOCOMドバイ原油の日中取引もこれを受けて高寄りしました。その後、取引中のNY原油がドル高で頭を押さえられたのを眺めて、ほぼ横ばいで推移しました。中心となる先限(2018年1月限)は、530円高の35,530円。その他限月は310円~530円高。

☆金、下落
米雇用統計の内容を受けて、年内の利上げの可能性が高まったことからNY金相場は続落。TOCOM金相場の日中取引は水準を切り下げて寄り付き、その後も軟調に推移し下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年6月限)は、13円安の4,468円。その他限月は17円~14円安。ゴールドスポットは、14円安の4,473円。金現物取引(100g)は変わらずの4,550円。

☆白金、4日ぶり小幅反落
NY白金高と円安を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、取引中のNYの軟化を眺めマイナス圏へと下落。終盤にやや値を戻しましたがプラス圏には届きませんでした。中心となる先限(2018年6月限)は5円安の3,414円。その他限月は11円~1円安。プラチナスポットは12円安の3,417円。パラジウム(2018年6月限)は、23円安の3,017円。

☆ ゴム、3日続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、原油相場高と円安を受けて高寄りしました。その後は、上海相場の堅調を眺め水準を切り上げました。中心となる先限(2018年1月限)は、5円20銭高の212円00銭。他限月は、2円80銭~4円40銭高。

☆とうもろこし、反発
先週末のシカゴ相場がそれまでの下げの反動で反発したことを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後は、材料に欠いて小幅にもみ合った末、日中の始値と同値で取引を終えています。中心となる先限(2018年7月限)は、170円高の21,600円。他限月は、1,500円安~120円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +2.51%
2位 プラッツドバイ原油 +1.51%
3位 とうもろこし +0.79%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.69%
2位 パラジウム -0.76%
3位 プラチナスポット -0.35%

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 41,613枚
2位 金標準取引 23,655枚
3位 白金標準取引 23,257枚

全商品合計取引高(先物) 129,179枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数  236.32 (前日比:+1.28)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
http://column.cx.minkabu.jp/28044

・増加する“DUC”が示唆することとは!?
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/28034

・ゴムは上海市場に波乱要因あり
【著者】古川昭治
 http://column.cx.minkabu.jp/28009

<参考ニュース>

・米雇用、7月20.9万人増 失業率4.3%に改善 FRB、資産圧縮追い風(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC04H1T_U7A800C1000000/

・海外旅行「はしか」にご注意 欧州で流行、厚労省呼び掛け(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HAM_U7A800C1CR0000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿