◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0303 2017/8/9)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

富士通が今、2020年の東京オリンピックに向けて、体操競技の技術点をセンサーで自動採点する「3Dレーザーセンサー」を開発中なのだそうです!
近年、体操競技の技が高度化・高速化する中、もはやプロの審判といえども肉眼で常に正確な判定を下すのが難しい状況になっていることから、しばしばおこる誤審問題を解消するため。
確かに内村航平選手もたびたび、床運動などの回転が速すぎることから回転数を少なく見られるなど何度も誤まった判定を受けていましたよね。
この技術はもともと自動車向けに開発を進めていた3Dレーザーセンサーと、リハビリ向けに開発していた骨格認識ソフトを融合させたもので、選手に向かって1秒間に230万点という細かいパルス状のレーザー光を発射し、反射光を検出して対象までの距離を算出し、そこから骨格の位置を推定することで、手足の位置や関節の曲がり具合などを導き出し、そこに807あるとされる技をデータベース化した「技の辞書」と照合して採点するという仕組み。読んでても何だかチンプンカンプンなんですが、とにかく凄いですね。
「知恵蔵」には体操競技とは、技の難しさ、ダイナミックさ、美しさを競う評定競技…と書かれていますが、これで、技術の判定は自動採点に任せて、審判と私たちはダイナミックさ美しさを楽しめばいいということですよね♪
この技術は体操だけでなく、すべての採点型競技に取り入れることを視野に入れているそうです。
あと3年弱。なんとか間に合わせてほしいですね。
さて、本日のTOCOMマーケット、円高で全体に頭が重い中、ゴムが上昇しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期 第2回「波動とは?」
コメンテーター:小次郎講師
「価格は波打ちながら上昇し、波打ちながら下降しますね。これを「波動」と呼びます。
波動は三波動を持って最小単位とし、三波動の連続で価格変動が構成されます。
1波動は「I(アイ)波動」、2波動は「V(ブイ)派動」、3波動は「N(エヌ)派動」と呼びます。
上昇波動は 3派、5派、7派、9波動となって形成されていきますが、波動が解ればエントリーポイントが解ります。波動の見方、仕掛けのポイントなど解説します。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/08/player-201788.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/8/9
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続落
北朝鮮情勢に対するリスク警戒と、OPECの専門家会合で今後の減産の実効性に懐疑的な見方が強まり、昨日のNY原油は小幅に続落。加えて円高局面を受けて、TOCOMドバイ原油の日中取引は安寄りし、その後も円の引き締まりを眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2018年1月限)は、450円安の35,060円。その他限月は530円~260円安。

☆金、小幅反落
昨日のNY金相場が、対ユーロでのドル高で下落したこと、加えて円高が進み、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後NY相場が下げ止まったことからやや下げ幅を縮めて取引を終えました。中心となる先限(2018年6月限)は、6円反落の4,465円。その他限月は8円~3円安。ゴールドスポットは、7円安の4,470円。金現物取引(100g)は20円安の4,540円。

☆白金、小幅反落
TOCOM白金市場の日中取引は、夜間の上げ幅を円高にほぼ削られて、小幅高で始まりました。その後も円相場の値動きを映して下げ幅を拡大。マイナス圏で推移しました。中心となる先限(2018年6月限)は5円安の3,434円。その他限月は9円安~5円高。プラチナスポットは6円高の3,450円。パラジウム(2018年6月限)は、10円高の3,055円。

☆ゴム、反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、上海相場の堅調などを受けて高寄りしました。その後は円の引き締まりで頭を押さえられ、日中の始値の水準で取引を終えました。中心となる先限(2018年1月限)は、5円60銭高の215円40銭。他限月は、2円70銭~5円10銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
ドルが対ユーロで上昇したことから輸出の先行き懸念で昨日シカゴ相場が下落し、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄りしました。その後は、円相場を映した値動きとなり、昼前の円高のピークを境に切り返し、下げ幅を縮めました。中心となる先限(2018年7月限)は、150円安の21,610円。他限月は、円180安~変わらず。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +2.67%
2位 小豆 +1.26%
3位 銀 +1.21%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.27%
2位 大豆 -0.96%
3位 バージガソリン -0.89%

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 48,559枚
2位 金標準取引 34,1945枚
3位 白金標準取引 15,475枚

全商品合計取引高(先物) 136,883枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数  235.05 (前日比: -1.46)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
・サウジはまだシェアにこだわっているのか!?
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/28094

・今年初めを100とした指数
【著者】近藤 雅世
http://column.cx.minkabu.jp/28082

・タイの天然ゴム交易会で30万トンの商談が成立
【著者】近藤 雅世
http://column.cx.minkabu.jp/28072
<参考ニュース>
・ガソリン店頭価格、全国平均2週ぶり上昇(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ09H1T_Z00C17A8000000/

・北朝鮮リスクで円高再び(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19813380Z00C17A8000000/?dg=1

・コメ先物取引「JAに利点」堂島商取理事長 (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19800860Y7A800C1QM8000/

・ビットコイン、初の3500ドル超え 分裂の「キャッシュ」は下落 (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD08H6L_Y7A800C1EN2000/

・NY商品、原油が続落 協調減産の実効性に不透明感 金は小反落(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19800860Y7A800C1QM8000/

・体操「自動採点」 富士通、世界標準作りへの挑戦 (日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO18991720Z10C17A7000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿