◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0321 2017/9/5)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

あまりにも緩やか過ぎて実感はないのですが、今日本は景気回復局面なんですよね…。
2012年12月に始まった回復は今月で58カ月目に入り、戦後2位のいざなぎ景気を超える様子なのだそうです。
この景気回復に裏付けデータがあるというのです。それは何と「笑点」の視聴率。
あの日本テレビで50年続いている人気番組ですが、放送時間が日曜午後5時半。視聴率が良ければ、在宅している人が多く、逆に視聴率が悪ければ、外出している人が多い。それはつまり、食事をしたり買い物をしたりと、景気回復につながる…というロジック。
どうやら、今年に入ってからの「笑点」の視聴率があまり芳しくないというんです。
でも、ちょっと待って!「笑点」の視聴率には、景気だけでなく視聴者層の被る「大相撲」の人気も大きく影響を与えているわけです。春場所で稀勢の里が優勝した時、大相撲中継が24.4%、笑点が9.6%に急落したことがちょっとした話題になりましたもんね。
大相撲9月場所、両国国技館で今週末10日から始まりますが、前売りチケットはすでに完売!
9月も「笑点」苦戦しそうですが、それをもって景気が回復しているって喜ぶのは…苦しいかも。
さて、本日のTOCOMマーケット、円高で原油も金も下落しました。(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期  第6回「対等数値とは?」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
昨日の番組から
「トランプ政権の混乱」
コメンテーター:岡田晃さん(経済評論家)
「米国のトランプ政権の混乱が拡大しています。8月12日にバージニア州で白人至上主義団体が反対派住民と衝突した事件をめぐり、トランプ大統領が白人至上主義者を擁護するような発言を繰り返したことから、全米で抗議行動が広がる中、白人至上主義的な思想の持ち主で「影の大統領」と言われたスティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問が解任されました。
トランプ政権はもはや崩壊寸前といった様相を呈しています。一体何が起きているのでしょうか?」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/09/player-201794.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
◆ その他のTOCOMスクエアで開催されるセミナー情報はこちら
http://www.tocomsquare.com/#events
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/9/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続落
TOCOMドバイ原油の日中取引は高寄りしましたが、昼前に、北朝鮮が9日以前の発射に備えてミサイルの移動を開始したと報じられたことから地政学リスクが意識され、急速に円高ドル安に傾き、これが圧迫要因となってマイナス圏に値を沈めました。中心となる先限(2018年2月限)は、40円安の34,860円。その他限月は70円安~30円高。

☆金、反落
TOCOM金市場の日中取引は、NY金相場の軟調地合いを受けて安寄りしました。その後、円高を眺めて下げ幅を拡大。一時的に地政学リスクの高まりを受けて始値に値を戻す場面もありましたが、全般に下値もみ合いとなりました。中心となる先限(2018年8月限)は、12円安の4,684円。その他限月は19円~12円安。ゴールドスポットは、15円安の4,697円。金現物取引(100g)は変わらずの4,760円。

☆白金、反落
NY白金安を受けてTOCOM白金市場日中取引も安寄りし、その後も円の上昇を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年8月限)は、29円安の3,535円。その他限月は28円~14円安。プラチナスポットは22円安の3,551円。パラジウム(2018年8月限)は、26円安の3,327円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は前日の上昇の反動で小幅ながら値を下げて始まりました。その後、上海高を眺め上昇。昨日に引き続き3か月ぶりの高値を更新しましたが、円の引き締まりを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年2月限)は、70銭高の228円60銭。他限月は、1円10銭~2円40銭高。

☆とうもろこし、続落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、夜間の軟調地合いを引き継ぎ、小幅に値を下げて寄り付きました。その後、一時的にプラス圏にタッチする場面もありましたが円高を眺めて水準を切り下げマイナス圏でもみ合いました。中心となる先限(2018年9月限)は、40円安の20,990円。他限月は、140円安~10円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 +1.09%
2位 ゴム +0.31%
3位 バージ灯油 +0.16%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -1.62%
2位 白金 -0.81%
3位 パラジウム -0.78%

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,487枚
2位 ゴールドスポット 18,583枚
3位 白金標準取引 9,553枚

全商品合計取引高(先物) 86,617枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 238.72 (前日比: -0.35)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・やや反落したNYガソリン価格。今後反発?
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/28510

<参考ニュース>
・金、2年ぶり高値 日経平均183円安 東京市場、リスク警戒 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20758730V00C17A9EA2000/

・金の国際価格、10カ月ぶり高値 地政学リスク警戒 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ04H39_V00C17A9MM0000/

・JXTGエネ、全給油所「ENEOS」に統一 「エッソ」は終了(日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04IO9_U7A900C1MM8000/

・「笑点」視聴率がいざなぎ超えを示唆 大相撲や競馬にも明るいデータ (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05H4L_V00C17A9000000/?dg=1&nf=1

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿