◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0331 2017/9/21)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

業界では一大イベントの「コモデティフェスティバル」が終わればすぐ正月…と言われていますが、先日大阪開催が終わって、東京開催が今週末。今年もあと3か月ちょっとなんですよね。
子どものころは、お年玉が貰えるからお正月が楽しみでしたが、大人になってからは大掃除と年賀状書きが苦痛で、何も楽しみではなくなってしまいました。最近は大掃除は夏にやって(今年はまだやってない…)年賀状書きは6年前からやめちゃったので、苦痛からは解放されましたが両方ともなんとなく後ろめたい気分がつきまといます。
唯一の楽しみはおせち料理を食べることなんですが、おせち料理の準備も気が重いという方もいらっしゃるでしょうね。手作りは大変。でも、デパートやホテルで買ったら高いし…。
そんな方に朗報です!この時代、「ふるさと納税」でおせちもゲットできるんです♪
https://www.satofull.jp/static/special/osechi_2018.php
ふるさと納税サイトの「さとふる」に「おせち特集2018」ページが今日公開されました。
「北海道標津町」のお節には、赤いダイヤとも呼ばれるイクラや人気No1の鮭とば「ペッパー鮭舞(けいぶ)」が使われていますし、「茨城県潮来市」のおせちには名産の3種の佃煮が、「鹿児島県指宿市」には金目鯛一夜干しや特産の和菓子「かるかん」も。「愛媛県鬼北町」には「鬼北熟成きじ」。何と雉肉が入っているんです。平安時代の貴族のハレの日の食卓に上ったという貴重な雉肉…ちょっとそそられますよね。以上の限定お節は寄付金額50,000円で。その他に定番おせちは寄付金額21,000円、31,000円もあります。
限定おせちは、それぞれ500セット限定だそうですから早めにチェックしてみて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケットは原油が反発しました。(郁)

 

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~原油市場をとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「イギリス、フランスが2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売禁止しEV普及を促進することが報じられています。ディーゼル車にはプラチナが、ガソリン車にはパラジウムが触媒として使用されますが、EV車は銅やコバルトの需要が増加します。
また、ガソリンや軽油需要が減少する反面、電力を使用するために発電所ニーズが増すことになりますが、環境配慮から再生可能エネルギーへのシフトが考えられるものの、それだけでは到底電力が足りません。
増加する電力需要に応えるためには石炭、天然ガスによる発電需要が自ずと増加していくと考えられることから石炭や天然ガスに未来がある、ということになってきます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/09/player-2017920.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/9/21
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、反発
産油国の協調減産への期待が強まったうえ、在庫増への警戒が和らいだことから前日のNY原油が上昇。加えて円安を受けてTOCOMドバイ原油の日中取引は高寄りしました。寄り後はNY高と円安進行が一服したのを眺め、高値圏でのもみ合いが続きました。中心となる先限(2018年2月限)は、720円高の37,740円。その他限月は230円~860円高。

☆金、反落
米追加利上げ観測の高まりとドル高で前日のNY金相場が急落しましたが、TOCOM金市場の日中取引は、円安にサポートされ小幅下落で始まりました。その後、NYの軟調を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年8月限)は、11円安の4,677円。その他限月は16円~11円安。ゴールドスポットは、13円安の4,690円。金現物取引(100g)は、変わらずの4,750円。

☆白金、3日続落
NY白金相場の下落を受けて、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、取引中のNY相場、円相場ともに動意薄く材料に欠き、大引けにかけて始値の水準で推移しました。中心となる先限(2018年8月限)は、24円安の3,400円。その他限月は23円~18円安。プラチナスポットは23円安の3,423円。パラジウム(2018年8月限)は、47円高の3,236円。

☆ゴム、5日続落
円安と夜間取引の堅調を引き継いで、TOCOMゴム市場の日中取引は高寄り後、やや上げ幅を拡大しましたが、その後上海の急落を受けて下落に転じ、5日続落となりました。中心となる先限(2018年2月限)は、2円00銭安の210円20銭。他限月は、2円20銭~40銭安。

☆とうもろこし、反発
前日のシカゴとうもろこしが反発したことに加え円安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、高寄りしました。その後もシカゴの堅調をながめ、強含みで推移しました。中心となる先限(2018年9月限)は、280円高の21,320円。他限月は、80円~290円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 中京灯油 +7.84%
2位 プラッツドバイ原油 +1.94%
3位 パラジウム +1.47%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -0.94%
2位 白金 -0.70%
3位 プラチナスポット -0.67%

取引高ランキング
1位 金標準取引  26,414枚
2位 ゴールドスポット 21,532枚
3位 プラッツドバイ原油 12,732枚

全商品合計取引高(先物) 99,502枚
〃 (オプション) 144枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 247.34 (前日比:+2.21)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・FOMCを受けて、今後の金相場を読む
【著者】菊川弘之
http://column.cx.minkabu.jp/28789
<参考ニュース>
・日銀黒田総裁「物価目標達成まで金融緩和を続ける」 記者会見で (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21HAW_R20C17A9000000/?dg=1&nf=1

・NY商品 原油反発、米製油所の生産増好感 産油国の減産期待も支え (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R20C17A9000000/

・NY円、4日続落 1ドル=112円15~25銭、一時2カ月ぶり安値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASM7IAA05_R20C17A9000000/

・FRB、資産縮小の開始決定 12月の追加利上げ示唆(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R20C17A9000000/
みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿