◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0336 2017/9/28)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

年々過熱していくハロウィン商戦。昨年2016年のハロウィンの推計市場規模は約1,345億円で4年前の2014年の約805億円から7割増となっているのだそうです。7割増しって凄まじい…。
日本のハロウィン、昔はケーキ屋さんがこの時期になると期間限定でカボチャのプディングやパイを販売していたくらいだったと記憶しているのですが、ディズニーランドでハロウィンを始めてから爆発的に広まって、今やカップ酒やペットシーツまでハロウィン用のパッケージを使っているんですって!かぼちゃ味のお酒だとか、かぼちゃフレグランスで消臭機能があるペットシーツとかだったら分かるけど、パッケージだけハロウィン仕様ってどう思います?
去年、ハロウィンパッケージの「パッ〇ン〇ョ」を見つけて喜んで買ったら中身は普通のチョコレート味で、とってもがっかりしたんです。騙された気分でした。確かに「かぼちゃ味」なんてどこにも書いてなかったけど、「※中身は普通です」って注意書きしておいて欲しかったです…。
何よりも驚いたのは、ジャンボ宝くじです。今年から「オータムジャンボ」改め「ハロウィンジャンボ」になるってご存知でした?近年、売り上げが落ちているので、もっと親しみを持って貰おうとの試みだそうです。ちなみに、「グリーンジャンボ」は「バレンタインジャンボ」になるのだそうです…。果たしてハロウィン効果に乗っかれるのでしょうか!?
でも、なんだかんだ言って、私、仮装には少々興味あり♪渋谷の交差点に行く勇気はないけれど、10月31日、もしかしたら魔女の格好をしてTOCOMスクエアで座っているかもしれません。
皆さんにお菓子をせびったら許してください♡
さて、本日のTOCOMマーケット、ゴムが大幅に下落しています!(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
コメンテーター:林知久さん(投資日報社)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
コメンテーター:山内弘史さん(石油ガス・ジャーナル 顧問)
「WTI原油市況が9月25日、52.22ドルまで上昇。エネルギー需給に変化があったのでしょうか。またWTI原油よりさらに上げ幅が大きいのが北海ブレント原油。WTI原油と北海ブレント原油の価格差が大きくなっています。
IEAの9月月報によりますと2017年Q2の世界の石油需要は前年比230万バーレル(2.4%)増の9,790万バーレルとなり、前回比50万バーレルの上方修正となりました。これを受けて2017年の需要を前回見通し比で10万バーレル上方修正、前年比160万バーレル増の9,770万バーレルとしています。
一方で8月の世界の石油供給は72万バーレル減少となりました。予期せざる供給停止と定期修理が影響したようです。
こうした中で、10カ国の非OPEC産油国は初めて100%以上の減産を実施。合意減産量 日量546千バーレルのところ、8月減産実績はなんと642千バーレルで減産遵守率118%にも上りました。合意された生産量を下回る生産だったのです。ちなみに7月の遵守率68%でしたので、8月の減産がいかに大きかったかわかりますね。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/09/player-2017927.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/9/28
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、6日ぶり反落
EIAの発表で米国の産油量が増加したことが分かり、前日のWTI原油が下落。それを受けてTOCOMドバイ原油の日中取引は安寄りしましたが、午後に入って円安が進行したのを眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年2月限)は、290円安の38,830円。その他限月は390円~140円安。

☆金、続落
NY金相場が米追加利上げ観測の高まりを眺め下落したため、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後は決め手材料に欠きもみ合いを続け、終盤に取引中のNY相場の軟調を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年8月限)は、30円安の4,638円。その他限月は31円~29円安。ゴールドスポットは、29円安の4,652円。金現物取引(100g)は、20円安の4,720円。

☆白金、続落
NY白金相場安を受けて、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りし、その後もNYの軟調を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年8月限)は、25円安の3,337円。その他限月は29円~24円安。プラチナスポットは24円安の3,353円。パラジウム(2018年8月限)は、44円高の3,269円。

☆ゴム、大幅反落
TOCOMゴム市場の日中取引は上海の軟調を引き継ぎ、大幅に値を下げて寄り付きました。その後も原油安、上海安を眺めて下げ幅を拡大しています。中心となる先限(2018年3月限)は、11円90銭安の205円80銭。他限月は、12円60銭~7円90銭安。

☆とうもろこし、上伸
前日のシカゴとうもろこしが小麦に連れて上昇した流れを引き継ぎ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後も円の軟化を眺め、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年9月限)は、110円高の21,320円。他限月は、70円~320円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.36%
2位 とうもろこし +0.52%
3位 大豆 +0.43%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -5.47%
2位 バージガソリン -0.95%
3位 白金 -0.74%

取引高ランキング
1位 金標準取引  34,484枚
2位 ゴールドスポット 20,216枚
3位 ゴム 15,725枚

全商品合計取引高(先物) 108,037枚
〃 (オプション) 156枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 249.97 (前日比: -1.91)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米国の原油生産量は今年の最高水準へ
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/28938

GOLDNEWS
・有事に金が買われる理由~地政学リスクの視点~
【著者】小菅努
http://goldnews.jp/column/kosugetsutomu/entry-5673.html

<参考ニュース>
・中国、数カ月以内にガソリン車禁止打ち出す公算=世界エネルギー会議 (REUTERS)
http://jp.reuters.com/article/china-autos-wec-idJPKCN1C307M

・NY商品、原油が反落 高値圏で利益確定売り優勢 金も反落 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y7A920C1000000/

・カップ酒にペット用品…ここまで来たハロウィーン商戦 1300億円市場に各社殺到(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ27H4P_X20C17A9000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿