◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0339 2017/10/4)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

今日は中秋の名月。今年は旧暦の閏月がある年だったので、中秋の名月が10月にずれ込みました。有り難いことに今夜の東京は晴れの予報。絶好のお月見日和りとなりそうです。皆さん、お団子とススキの準備はされましたか?
さて、ススキといえば秋の七草。つい先日、居酒屋で隣の席のオジサマに「秋の七草、全部言える?」って聞かれました。私と一緒に飲んでいた若い女の子が「コスモス?」って答えたのにはひっくり返りそうになりましたが、そう言う私もナデシコとフジバカマが思い出せず大変悔しい思いをしました。何とそのオジサマ、酔っ払っているくせにスラスラと言えるんです!!
何で??
実は、秋の七草をスラスラ言えるようになる魔法の呪文があるんですって!
それは、「ハスキーなおふくろ」
ハ:ハギ、 ス:ススキ、 キ:キキョウ ( - ) な:ナデシコ、 お:オミナエシ、 ふ:フジバカマ、 く:クズ ( ろ )
「ハスキーなおふくろ」って、中村玉緒さんみたいなイメージでしょうか…。
( - )と( ろ )は余計なんですけど、でも、これなら覚えられますよね!
これを覚えておいたら、若い女の子から尊敬の目を向けられること間違いなしです!!
ぜひ、活用してみて下さい♪
さて、本日のTOCOMマーケット、ゴムは続伸しましたが、原油が続落です。(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「世界経済の現状と今後」
コメンテーター:福井俊彦さん(キヤノングローバル戦略研究所 理事長)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期 第10回「変化日とは?」
コメンテーター:小次郎講師
「相場の天底及び、過去大きく変化した日を基準にし、基本数値・対等数値を元に「変化しやすい日」を事前に想定しておくことができます。
変化日を想定するにはいくつかの考え方があります。価格変動の上下の幅のみに焦点を当てるのではなく、時間の経過という横軸を分析することも重要です。日柄分析、と呼びます。
日柄分析は、相場の時間軸(横軸)の中に重要なポイントを見つけ出すこと。そしてその変化日は波動を把握した上で、基本数値と対等数値によって総合的に判別されますが、変化日といっても下記のようなパターンがあります。
変化日即変化~変化日でズバリ方向転換、トレンドの終焉と始まり
変化日即加速~変化日から「トレンドが加速」する 転換とは異なるパターン
変化日即延長~トレンドが継続することを指します
変化日即変化の様にズバリ、相場の流れが転換するという変化は分かりやすいですが
変化日即加速、変化日即延長とは…」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/10/player-2017103.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/10/4
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続落
ドル高と需給の改善が遅れるとの観測が広まり、昨日のNY原油は続落。TOCOMドバイ原油の日中取引は安寄りし、寄り後も更なる円の引き締まりで水準を切り下げました。中心となる先限(2018年3月限)は、370円安の37,330円。その他限月は360円~290円安。

☆金、小幅反発
ドルが上昇基調にあるため代替投資先とされる金から資金が流出し、昨日のNY金相場は小幅に値を下げました。TOCOM金市場の日中取引は、前日の帳入値と同値で寄り付いた後もみ合いが続きましたが、NYの戻りを眺めプラス圏で取引を終えました。中心となる先限(2018年8月限)は、2円高の4,608。その他限月は1円安~3円高。ゴールドスポットは、1円高の4,620円。金現物取引(100g)は、10円高の4,670円。

☆白金、小幅反落
株高を好感して昨日は反発したTOCOM白金市場ですが、その反動で夜間に水準を切り下げました。その後はNYの上昇を眺めて強含みに推移し、一時プラス圏にタッチしましたが、小幅マイナスで取引を終えました。中心となる先限(2018年8月限)は、1円安の3,331円。その他限月は1円安~5円高。プラチナスポットは3円高の3,347円。パラジウム(2018年8月限)は、31円高の3,237円。

☆ゴム、3日続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、夜間の堅調を引き継いで高寄りしました。寄り後に円の引き締まりを受けて、一時マイナス圏へ値を沈める場面がありましたが、その後切り返し、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年3月限)は、2円70銭高の208円50銭。他限月は、60銭~3円20銭高。

☆とうもろこし、続落
昨日のシカゴの軟化を眺め、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小幅安で寄り付きましたが、その後、円の上昇とシカゴの軟化で下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年9月限)は、90円安の21,200円。他限月は、1,500円~70円安。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.31%
2位 パラジウム +0.97%
3位 銀 +0.83%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -0.98%
2位 バージガソリン -0.93%
3位 バージ灯油 -0.63%

取引高ランキング
1位 金標準取引  14,103枚
2位 プラッツドバイ原油 11,530枚
3位 ゴールドスポット 10,375枚

全商品合計取引高(先物) 65,765枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 244.74 (前日比: -0.97)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・欧州の重要素材リストに天然ゴムが追加
【著者】近藤 雅世
http://column.cx.minkabu.jp/29039

・ハリケーンの後遺症
【著者】近藤 雅世
http://column.cx.minkabu.jp/29029

<参考ニュース>
・NY商品、原油が小幅続落 需給改善の遅れ懸念 金は3日続落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U7A001C1000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿