◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0340 2017/10/5)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

昨夜、仕事の打ち上げで少々飲み過ぎてしまい、今朝、久々の二日酔い。
二日酔いの朝にはトマトジュースが良いと聞いたので、普段飲んでいる一般的なトマトジュースよりもお高めのスムージータイプのものを買ってきて飲みました。それでもすっきりしないので、かくなる上は…とお昼に荒療治で「日乃屋カレー」へ。二日酔いにはカレーが効くって聞いたことがあったんです。ところが、二日酔いで胃が荒れているのにカレーなんて刺激のあるもの食べていいの??って非難轟轟。二日酔いにカレーって本当に効くのでしょうか?
改めて調べてみたのですが、確かにカレーに入っているターメリック…ウコンは、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解するのに有効なのだそうです。しかもその効果は24時間もつのだとか。ただ、その一方で、カレーには大量の油と小麦を使うので、それは逆に胃に負担になるのだとか。
結論。大酒を飲む日の昼ごはんにカレーを食べる。二日酔いの予防に有効なんだそうです。もう二日酔いになってしまったなら、小麦粉を使わないインド式のカレーやスープカレーをご飯無しで食べる!これが二日酔いとカレーのベストな関係だと思います。
ぜひ、皆さんも試してみて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケット、円安で原油も金も上昇しました!(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~コモディティ市場の現状と見通し」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「世界経済の現状と今後」
コメンテーター:福井俊彦さん(キヤノングローバル戦略研究所 理事長)
「あの頃(日銀総裁時代)は、日本銀行だけが世界の中で非伝統的な金融政策、量的緩和をやっていて、欧米諸国は比較的順調な経済推移を示していたものですから、日本は、特に日本銀行は非常に孤独な旅を続けていた…そういう時代だったと思います。
当時と比較して今の景気は、日本、米国、欧州、新興国も中国など成長は減速していますけれども、景気循環的な動きとしては比較的良い状態になって来ていると思います。
しかし、リーマンショック後9年以上の時間を要した…ここに本当の問題が陰に隠れていると思いますけれども…少なくとも今は各国揃って比較的好循環を示していると言えると思います。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/10/player-2017104.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/10/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、反発
NY原油は下落しましたが、TOCOMドバイ原油の日中取引は、前日までの下げの反動と円安で高寄りしました。その後、小幅に水準を切り上げましたが、午後は手がかり材料に欠き、ほぼ横ばいとなりました。中心となる先限(2018年3月限)は、250円高の37,580円。その他限月は170円~220円高。

☆金、小幅続伸
円相場の軟化を受けてTOCOM金市場の日中取引は、小幅に値を上げて寄り付きました。その後も雇用統計前の様子見で動意に薄く、小幅なもみ合いに終始しました。中心となる先限(2018年8月限)は、2円高の4,610。その他限月は、変わらず~3円高。ゴールドスポットは、1円高の4,621円。金現物取引(100g)は、変わらずの4,670円。

☆白金、続落
前日のNY白金相場が下落し、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後も昼前に一度水準を切り下げ、更に大引けでも下落し、下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年8月限)は、12円安の3,319円。その他限月は14円~10円安。プラチナスポットは13円安の3,334円。パラジウム(2018年8月限)は、15円高の3,252円。

☆ゴム、4日ぶり反落
TOCOMゴム市場日中取引は、夜間の軟調地合いを引き継いで小幅に安寄りしました。その後、前日の帳入値を挟んで小幅にもみ合いましたが、午後に入って水準を切り下げ、下げ幅を拡大して終わりました。中心となる先限(2018年3月限)は、50銭安の208円00銭。他限月は、10銭安~90銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反発
前日のシカゴ相場が豊作見通しで下落した流れを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄りしました。その後、シカゴの戻りを眺めて堅調に推移し、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2018年9月限)は、100円高の21,300円。他限月は、160円安~90円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージ灯油 +0.79%
2位 プラッツドバイ原油 +0.67%
3位 とうもろこし +0.47%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -0.82%
2位 プラチナスポット -0.39%
3位 白金 -0.36%

取引高ランキング
1位 金標準取引  18,656枚
2位 プラッツドバイ原油 14,921枚
3位 ゴールドスポット 10,694枚

全商品合計取引高(先物) 68,966枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 245.54 (前日比: +0.80)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ

・OPECの生産枠の上限と生産量について 1
【著者】吉田 哲
http://column.cx.minkabu.jp/29048

<参考ニュース>
・NY商品、原油3日続落で50ドル割れ 需要伸び悩み警戒、金小反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V01C17A0000000/

みんなのコモディティ今日の市況
http://cx.minkabu.jp/market_informations

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿