◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0362 2017/11/8)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

今日は久しぶりの雨降りでしたね。朝起きてカーテンを開けた瞬間、憂鬱な気持ちになった方もいらっしゃると思います。実はこれメンタルが弱いのではなくて、低気圧の仕業なんですって。
交感神経・副交感神経って聞いたことがあると思いますが、高気圧は交感神経を刺激するので身体が活性化するのに対して、低気圧は副交感神経を刺激し身体をリラックスさせるのだそうです。太古からの自然の摂理で、晴れの日は狩をするために身体を活性化し、雨の日は狩には危険だから身体を休める…というわけ。でも現代では、雨だろうと晴れだろうと仕事には出かけなくてはならない。身体は省エネモードなのに働かなくちゃならないって思うから、憂鬱な気分を引き起こしやすくなるのだそうです。
晴耕雨読というのは、実に理にかなった過ごし方なんですね。でも、そこまで悠々自適でいられない。せめて雨の日は、無理にテンションを上げてバリバリ仕事をしようなんて効率の悪いことはやめて身体を休め、晴れの日にその分頑張りましょう♪
そんな雨の日の面白い過ごし方を見つけました。NECとやなか珈琲店がAIの技術を活用して「飲める文庫」なるものを開発したそうです。ざっくり説明すると、文学作品の読書後の感情をコーヒー味で表現したという商品(コーヒー豆)。ラインアップは「若菜集」、「人間失格」、「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」、「舞姫」の6種類。作品のレビュー文1万件以上を、コーヒーの味覚指標(苦味、甘味、余韻、飲みごたえなど)に変換した学習データを作成し、ブレンドしたのだそうです。
例えば「こころ」は、‟濃厚なインドネシア産マンデリンにブラジルのキレのある苦味を加え、「誰のこころにも潜み、 いざというときに現れる苦々しい人間のエゴが垣間見える」味”(記事より抜粋)…面白いですよね♪そのコーヒーを飲みながら作品を読んだら、より感動が深く感じられるのでしょうか?
豆は先月から、ドリップバックは今日から発売開始です。ブレンド豆は税込み各950円(100g)ドリップバックは6作品セットで税込み 2,340円。ネット販売とやなか珈琲店の秋葉原CHABARA店、アトレ亀戸店、コレド室町店、ルミネ北千住店、ルミネ立川店、エキュート赤羽店、アリオ西新井店、トレインチ自由が丘店、中野マルイ店で扱っているそうです。数量限定販売だそうですから、興味のある方はお早めにGETしてみて下さい。
さて本日のTOCOMマーケット、金も原油も反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
コメンテーター: 小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期 第15回「トレードエッジの見つけ方」
コメンテーター: 小次郎講師
「相場は、上がるか、下がるか、揉みあっているか…3つの局面しかありません。現在の相場がどのような状況にあるのか、まずは現状分析が肝要ですが、現状が把握できれば、次の展開に向けて準備することが可能となりますね。
移動平均線大循環分析、3本の移動平均線を使ってエッジのある局面で買い参戦、売り参戦。仕掛けのポイントが肝要です。しっかりとチャートを分析できるようになれば、株式、為替、コモディティと市場を問わず、また時間軸を問わずエッジのある局面を見つけ出すことができます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/11/player-2017117-1.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/11/8
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反落
昨日のNY原油は、中東情勢の緊迫化で高値更新した反動に加え、米国の増産観測から4日ぶりに下落しました。TOCOMドバイ原油の日中取引もこの流れを受けて安寄りし、その後もNY相場の軟化を眺め、下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年4月限)は、580円安の42,600円。その他限月は700円~520円安。

☆金、反落
ユーロに対するドル高でNY金相場が下落したことを受け、TOCOM金相場の日中取引も安寄りしました。その後は大きな材料もなく、マイナス圏での小幅な値動きで推移しました。中心となる先限(2018年10月限)は、10円安の4,659円。その他限月は、11円~6円安。ゴールドスポットは9円安の4,669円。金現物取引(100g)は10円安の4,720円。

☆白金、反落
金相場安に連れてNY白金相場が反落。TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、円の軟化を眺めてやや下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年10月限)は、13円安の3,393円。その他限月は14円~5円安。プラチナスポットは10円安の3,413円。パラジウム(2018年10月限)は、14円安の3,522円。

☆ゴム、5日ぶり反落
競合する合成ゴムの原料となる原油が下落したことに加え円高局面だったことから、TOCOMゴム市場の日中取引は値を下げて始まりました。寄り後に上海相場の下落を眺め、一時下げ幅を拡大しましたが、その後、円がやや軟化したことなどから、下げ幅を縮めて取引を終えました。中心となる先限(2018年4月限)は、1円30銭安の204円70銭。他限月は、3円60銭~2円00銭安。

☆とうもろこし、5日ぶり反落
シカゴとうもろこしが需給緩和観測で続落した上、円高を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後は材料に乏しく、始値を挟んでの小幅もみ合いで終わりました。中心となる先限(2018年11月限)は、30円安の21,880円。他限月は、40円安~変わらず。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 中京ガソリン +11.93%
2位 大豆 +0.87%
3位 小豆 +0.38%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.34%
2位 バージガソリン -0.84%
3位 バージ灯油 -0.65%

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 35,032枚
2位 金標準取引 22,234枚
3位 ゴールドスポット 18,279枚

全商品合計取引高(先物) 106,211枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 265.66 (前日比: -2.23)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・インドの天然ゴム最新事情~タッピング遅れ、過剰生産、補助金政策
【著者】近藤 雅世
https://column.cx.minkabu.jp/29628

・サウジアラビア発の波乱
【著者】近藤 雅世
https://column.cx.minkabu.jp/29621

東洋経済ONLINE
・原油価格は1バレル75ドルまで上昇の可能性~今起きているのは水準訂正にすぎない
【著者】江守 哲
 http://toyokeizai.net/articles/-/196441

<参考ニュース>
・9月の景気一致指数115.8、景気回復はいざなぎ超えの公算(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08HKV_Y7A101C1000000/?n_cid=SPTMG002

・NY商品 原油が反落 高値更新後、利益確定売りに押される(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y7A101C1000000/

・世界石油需要1億バレル超す(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23198740X01C17A1FF1000/

・NEC、名作文学をコーヒーで再現 AI活用「飲める文庫」(ITmedia)
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/24/news061.html

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿