◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0367 2017/11/16)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

11月22日は「いい夫婦の日」。この日を記念日にするために結婚式を挙げる人もいらっしゃいますが、今、この日にパートナーに花を贈り合うのが流行っているそうです。花なんて贈るのはこっぱずかしいなんて思ってはいけませんよ。花を贈ったことがある夫婦の86%が今の夫婦関係に満足しているという調査結果があるのです。最近ちょっとぎくしゃくして…なんて感じている方は、是非、いい夫婦の日がチャンスですよ!
ただ普通に送っても面白くないから一捻りしたいなぁという方は、こんなのどうでしょう?思い出の香りを分析し、花の香りとマッチングさせたフラワーギフト…なんて洒落たものがあるんです。『キヲクノカヲリ Flower Gift体験イベント』クラウドファンディングによって実現した、世界初の試みなんですって。
思い出の品と写真の香りを分析し、その診断結果をもとに世界でたった一つのフラワーギフトを作ってくれるんです♪http://fragrantmemories.net/
会場は東京駅すぐそばの新丸の内ビルディング1Fにある「les mille feuilles de liberte(レ ミルフォイユ ドゥ リベルテ)」丸の内店。明日11月17日(金)〜22日(水)当日までの6日間です。平日は16時からなのでご注意を。また思い出の品と、その時の写真が必要なのでお忘れなく!
例えば、ハワイの新婚旅行の思い出だったら、思い出の品が指輪・アクセサリー、写真はビーチで写した記念写真。二人が付き合うことになった記念のデート…例えば音楽フェスだったら、音楽フェスで使ったリストバンドと、会場で撮った写真、といった感じだそうです。
これを、「キヲクノカヲリプロジェクト・香りセンサー」の内蔵された「香りボックス」を使って思い出にぴったりの香りを最新科学で分析して花束を作ってくれるというのです。何だか凄そう!!もし、思っていたような香りじゃなかったとしても、こんなものがあるんだね…って盛り上がりそうですよね。価格は3,000円、5,000円、8,000円です。
さて、本日のTOCOMマーケットは、原油反発、金続落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
コメンテーター:柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「OPEC総会を目前に原油価格も神経質な値動きとなってきましたが、それでもWTI原油価格は50ドル台での推移。11月6日には57ドル台に乗せ2年4カ月ぶりの高値を示現。この原油高の背景は1.石油輸出国機構(OPEC)の減産延長 2.中東地政学リスクの高まり 3.中国の原油輸入の増加など―石油需給が再び均衡(Rebalance)することへの期待…があります。
サウジのサルマン国王とロシア・プーチン大統領が10月5日、モスクワで会談、「世界の原油市場の安定に向け、ロシアとの協力を継続する」と表明したことが材料視されています。2018年末まで協調減産が延長される可能性を示したことで、市場には供給過剰解消への期待が高まりました。
また、OPECのバーキンド事務局長も「ロシアが減産期間の9カ月延長方針をあきらかにした」と発言しており、11月30日開催予定のOPECおよび非OPEC11カ国との閣僚会議で、協調減産の延長(2018年4-12月)が合意される可能性が高まっていることが足元の原油高の動力となっています。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/11/player-20171115.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/11/16
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反発
TOCOMドバイ原油の日中取引は前日の大幅な下落に加え取引中のNY原油が上昇したことを受けて高寄りし、その後も強含みに推移しました。中心となる先限(2018年4月限)は、510円高の41,830円。その他限月は140円安~520円高。

☆金、続落
前日のNY金相場が対ユーロでのドル高で反落したことを受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後は円の引緩みを眺め下げ幅を縮めていましたが、終盤にNYの軟化を受けて下落。日中の始値の水準に値を戻しました。中心となる先限(2018年10月限)は、18円安の4,630円。その他限月は、21円~15円安。ゴールドスポットは22円安の4,641円。金現物取引(100g)は20円安の4,700円。

☆白金、変わらず
TOCOM白金市場の日中取引は、前日の帳入値と同値で取引が始まりました。その後NYの堅調を眺めてプラス圏で推移していましたが、大引けに下落し上げ幅を全て消しました。中心となる先限(2018年10月限)は、変わらずの3,383円。その他限月は1円~7円高。プラチナスポットは8円高の3,409円。パラジウム(2018年10月限)は、7円安の3,474円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引は、昨日の急落の反動を受けた夜間取引の堅調地合いを引き継ぎ高寄りしましたが、その後、上海の軟調を眺めて弱含みで推移し、191円10銭と、10月31日以来約2週間ぶりの安値で取引を終えました。中心となる先限(2018年4月限)は、1円90銭安の191円10銭。他限月は、1円70銭安~1円70銭高。

☆とうもろこし、5日ぶり反発
前日のシカゴ相場が小幅反発したことを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も小幅に値を上げて寄り付きました。その後も円がやや軟化したことを眺めて上げ幅を小幅に拡大しました。中心となる先限(2018年11月限)は、30円高の21,330円。他限月は、100円安~30円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.23%
2位 バージ灯油 +0.83%
3位 バージガソリン +0.83%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -0.98%
2位 ゴールドスポット -0.47%
3位 金 -0.39%

取引高ランキング
1位 金標準取引 33,545枚
2位 プラッツドバイ原油 13,016枚
3位 ゴールドスポット 12,485枚

全商品合計取引高(先物) 86,646枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 262.07 (前日比:+1.38)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・ジンバブエ・クーデター
【著者】菊川弘之
https://column.cx.minkabu.jp/29766

<参考ニュース>
・株高に冷水、「原材料」に世界景気変調のサイン(日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL16H7K_W7A111C1000000/

・NY商品、原油が続落 米国在庫の増加を嫌気 金は反落(日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W7A111C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿