◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0394 2017/12/26)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

警視庁警備部災害対策課の災害豆知識をつぶやくツイッターが、人気を集めているそうですね。私も早速覗いてみました。
ツナ缶の油を利用してランプにする方法、タオルを抱っこ紐にする方法、スプーンで缶を空ける方法、コインで簡単に袋を開ける方法、疲れにくい靴紐の結び方…などなど。
なるほど、災害時や避難生活などでモノが無い時に役に立つ情報がたくさん紹介されています。この他にも、飼っているペットの話とか季節の話題とか、お堅い警視庁のイメージとは違ってゆる~い話題も多いところが親しみやすいとウケているそうで、633,290人のフォロワーがいるみたいです!(12月26日現在)https://twitter.com/mpd_bousai
今日帰宅したら早速やってみようと思ったのが、棚の転倒防止の器具をまだ取り付けていない場合、棚の上に天井すれすれまでの大きさの段ボール箱を置くことで代わりになるというもの!あくまでも暫定的にということですが、なるほどねぇ。「へぇボタン」20回くらい押しちゃいました。
毎年1月17日、3月11日が近づいてくると、防災対策を気にするようになるんですが、過ぎちゃうと喉元過ぎたらなんとかで、意識が低くなってしまう…ていう方、私だけじゃないと思うのですけど、ほぼ毎日つぶやかれているこのツイートを読んでいたら思い出しますよね。皆さんも是非覗いてみて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケットは原油も金も上昇です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
第5回「三次元分析3『線の間隔』」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「2018年の商品相場は?」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「来年の世界経済は今年よりも更に力強さを増し、株も強いだろうというのが、大勢の見方。商品相場も、上値は限られるが相場展開としては確りとした相場が続くと見られます。
ただ、去年の今頃は欧州を中心に警戒感が強かったにも関わらず、何も起こらなかったためマーケット全体に今、安心感が広がってしまい、その結果、ビットコインに象徴されるようにリスクオン相場になってしまった。そういう時こそ気を付けなくてはならないと思う2018年は1年前よりも地政学リスクが高まっているのに安心感が広まっている。恐怖指数は過去最低に近い水準。こういう時こそ、リスクに対して敏感になる必要がある。」
www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/12/player-20171225.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/12/26
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、8日続伸
米国のリグ稼働数の増加基調が一服し、増産ペースが緩むとの期待でNY原油が上昇。その強地合いを受けTOCOMドバイ原油の日中取引も高寄りしました。その後はNY原油、為替ともに動意を欠き、もみ合いの末やや上げ幅を拡大して取引を終えました。中心となる先限(2018年5月限)は、90円高の43,220円。その他限月は20円安~160円高。

☆金、堅調
カタルニアの独立問題を契機に欧州各国で独立の機運が高まる可能性が意識され、安全資産の金に資金が流入。NY金相場は続伸し、TOCOM金市場の日中取引は寄り後に水準を大きく切り上げ、その後も高値圏で推移しました。中心となる先限(2018年12月限)は、4,646円。その他限月は、22円~27円高。ゴールドスポットは21円高の4,648円。現物取引(100g)は変わらずの4,700円。

☆白金、堅調
金相場高に連れてNY白金も堅調に推移したのを受けて、TOCOM白金市場の日中取引も大引けまで強含みに推移し、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2018年12月限)は、3,359円。その他限月は24円~30円高。プラチナスポットは22円高の3,348円。パラジウム(2018年12月限)は、3,661円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、上海の堅調を眺めて高寄りしました。その後も上海の水準切り上げを映し、上げ幅を大きく拡大しました。中心となる先限(2018年6月限)は、3円70銭高の212円10銭。他限月は、2円10銭~5円10銭高。

☆とうもろこし、反落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、夜間取引が前日のシカゴ休場で材料に乏しく軟調に推移した地合いを引き継いで、安寄りしました。その後、水準を切り上げ昨日の帳入値まで何度かタッチしましたが、小幅マイナスで取引を終えました。中心となる先限(2019年1月限)は、10円安の21,960円。他限月は、130円安~20円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.78%
2位 プラチナスポット +0.66%
3位 ゴールドスポット +0.45%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -0.14%
2位 とうもろこし -0.05%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 20,526枚
2位 ゴールドスポット 18,980枚
3位 ゴム 12,241枚

全商品合計取引高(先物) 80,641枚
〃 (オプション) 168枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 267.61 (前日比:+1.00)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ブログ>
・2018年に“減産出口”の議論を加速させる要因2
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/30431

・2018年に“減産出口”の議論を加速させる要因1
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/30420

<参考ニュース>
・ビットコイン下げ止まらず、最高値から30%安水準-休日で売り先行(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-25/P1JEED6JTSE801

・NY商品、原油が続伸 リグ統計受け増産懸念が後退、金は続伸 (日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T21C17A2000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿