◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0397 2017/12/29)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

TOCOMでは、今日、大納会で仕事納めとなりました。通勤の電車の中も、道路も空いているので世間は殆どが昨日仕事納めで今日からお休みに入っているんだろうな…と思っていましたが、ある調査会社のデータを見たら2017年の仕事納め日でもっとも多いのは、今日12月29日で(41%)。次点が昨日12月28日(木)(33%)!今日まで働いていた人の方が多いんですね。皆さま、お疲れ様です。ちなみに私はコミュニティーFMでの年越し番組があるので、仕事納めは新年に入ってからです。仕事納めなのか、仕事始めなのか微妙ですが…。
皆さんお正月は田舎に帰られるのでしょうか?帰省の東京土産はどうされます?悩んでいる方、東京駅直結の大丸東京店に寄ってみてはいかがでしょうか?1階と地下1階のお菓子売り場で、この時期限定で来年の干支の犬をモチーフにしたお菓子が50種類も販売されているんですって!
例えば、モロゾフの人気商品チーズタルトには、粉砂糖で犬の絵が描かれています。虎屋の小型羊羹は、パッケージが紅白の犬のイラストでとってもおめでたい感じ。両口屋是清の干支羊羹は羊羹そのものに犬が細工されているんです♪
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000557.000005342.html
そのほかにも東京駅の構内で人気の手土産を取材した記事を発見したのでリンクしておきますね!参考にして下さい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171229-62957631-trendy-life&p=1
さて、本日のTOCOMマーケット、原油が11日続伸です!(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~世界経済のゆくえと投資戦略」
コメンテーター:門倉貴史さん(BRICs経済研究所 代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~世界経済のゆくえと投資戦略」
コメンテーター:門倉貴史さん(BRICs経済研究所 代表)
「中国経済はこれまでの景気対策の効果浸透によって、底打ちの兆しがみられ、2018年は株価が上昇する可能性が高いと考えられます。広東省の深センに本拠を置くIT(情報技術)関連企業に注目。「第2のシリコンバレー」と呼ばれる深セン。世界最大手のドローンメーカーである「深セン市大疆創新科技(DJI)」や、通信機器メーカーの「華為技術(ファーウェイ)」、ネット関連サービスの「騰訊控股(テンセント)」、ロボットベンチャーの「UBテック・ ロボティクス」など、多数の業績の好調なIT関連企業が本拠地としています。
近年、深センでは労働者の賃金が急上昇しており、最低賃金は07年の月額750元から2017年には同2130元へと、10年間で約3倍の水準に。賃金の高騰に見合うような労働生産性の大幅な上昇がみられ、優秀なIT人材によってドローンやIoT、AIなどのハイテク製品が次々と産み出されるようになっているのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/12/player-20171228.html

来週の放送予定
1月4日(木)
「専門家の目~2018年コモディティの展望」
新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)

1月5日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2017/12/29
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、11日続伸
米国の在庫の減少が好感されNY原油が小幅ながら反発し、TOCOMドバイ原油の日中取引は小幅に値を上げて寄り付きました。その後、為替は円高に進みましたが、取引中のNY原油が堅調なのを眺めて上げ幅を拡大。12年8月以来5年半ぶりの11日続伸で、上場以来の最長記録に並びました。中心となる先限(2018年5月限)は、300円高の44,330円。その他限月は30円安~350円高。

☆金、続伸
ユーロに対するドル安でNY金は6日続伸。その強地合いを受けてTOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。寄り後、4,690円と9月26日以来の高値をつける場面もありましたが、その後、為替・NY金ともに動意が薄く、始値の水準で推移しました。中心となる先限(2018年12月限)は、8円高の4,685円。その他限月は、2円~10円高。ゴールドスポットは1円高の4,686円。

☆白金、続伸
NY高を受けてTOCOM白金市場の日中取引は小幅高で始まりましたが、その後は材料に欠き、小幅な値動きに終始しました。中心となる先限(2018年12月限)は、6円高の3,366円。その他限月は4円安~4円高。プラチナスポットは4円高の3,365円。パラジウム(2018年12月限)は、12円高の3,708円。

☆ゴム、続落
夜間取引の動意が薄く、前日の帳入値と同値で寄り付きましたが、上海の下落を受けて寄り後に大きく水準を切り下げ、安値圏でもみ合いました。中心となる先限(2018年6月限)は、2円90銭安の206円70銭。他限月は、4円40銭~2円20銭安。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
前日のシカゴ相場が下落した流れを引き継ぎ、小幅に安寄りしましたが、その後もシカゴの軟化を眺め、弱含みに推移しました。中心となる先限(2019年1月限)は、50円安の22,010円。他限月は、110円~30円安。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +0.82%
2位 プラッツドバイ原油ト +0.68%
3位 バージ灯油 +0.66%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -1.38%
2位 とうもろこし -0.23%
3位 大豆 -0.19%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 28,814枚
2位 ゴールドスポット 28,211枚
3位 ゴム 10,107枚

全商品合計取引高(先物) 100,652枚
〃 (オプション) 12枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 271.75 (前日比:+0.99)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ブログ>
・小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
【著者】小次郎講師
https://column.cx.minkabu.jp/30514

・米シェール主要地区の生産活動について
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/30503

・ゴムは2月にかけて底入れか
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/30490

・年明け2月から3月あたりまで続伸が期待されるゴム
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/30473

<参考ニュース>
・NY商品、原油が小反発 米国在庫の減少好感 金は6日続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z21C17A2000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿