◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0398 2018/1/4)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

新年おめでとうございます。皆さまはこのお正月休み、健やかにお過ごしになられましたでしょうか?私は仕事納めと同時に風邪をひいて、三が日ほぼ布団の中で過ごすという優雅な(?)寝正月でした。
風邪どころかインフルエンザで苦しんだ方もいらっしゃったようで。
今シーズンはインフルエンザの流行が前倒しになっていて、例年1月にピークを迎えるのが、12月から大流行って言われていましたもんね。まあ、これで今年の厄をもう落としたということで、前向きに仕事に投資に取り組みましょう!
流行と言えば、ここ数年フランスのお菓子「ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)」が流行の兆しを見せています。「ガレット・デ・ロワ」とは、キリストの生誕が‟公け”になった日「公現祭(1月6日)」を記念して、お正月に家族や親しい友人と一緒に切り分けて食べるアーモンドクリームの入ったパイ菓子で、一番の特徴はフェーヴという小さい陶器の人形が入っていること。フェーヴの入ったパイが当たった人は、その日一日、紙の王冠を被り、周りの皆から祝福してもらえるというもので、新年には欠かせないお菓子なのだそうです。映画「シェルブールの雨傘」の中で印象的に使われていましたが、皆さん覚えていますか?
この「ガレット・デ・ロワ」を扱うパティスリー(お菓子屋さん)やブーランジュリー(パン屋さん)が、今、日本でも増えているんです。
パン屋さんでは「メゾンカイザー」や「アンデルセン」、「ビゴの店」などなどが有名ですね。フェーヴもお店によってそれぞれ凝っていて、「サダハル・アオキ」や「ジョエル・ロブション」では、お店のオリジナルケーキの形をしたフェーヴ。「ピエール・エルメ」では、なんとフランス人彫刻家の作品をフェーヴにしてしまいました!フェーヴコレクターも今増えているんですってね!
仕事帰りにパン屋さんやお菓子屋さんを覗いて「ガレット・デ・ロワ」を探してみて下さい。お土産に買って帰れば、家族の団らんが盛り上がること間違いなしですよ!!
さて、本日のTOCOMマーケット、白金族を始め、おおむね上昇しました。(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~2018年コモディティの展望」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
キャスター:大橋ひろこ

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2017/12/player-20171229.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/1/4
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、大幅上昇
中東の地政学リスクが意識され、前日のNY原油が時間外取引で一時62.17ドルと約2年8か月ぶりの高値をつけた強地合いを受け、TOCOMドバイ原油の日中取引は堅調に始まりました。その後、日米の株高を背景に上げ幅を拡大し、大引け直前に一時44,960円と2015年7月以来の高値をつけました。中心となる先限(2018年6月限)は、44,950円。その他限月は850円~1,030円高。

☆金、続伸
イランや北朝鮮などの地政学リスクを背景にNY金相場が3か月半ぶりの高値をつけた流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引は、寄り付き直後に4,735円と2015年6月以来約2年半ぶりの高値をつけました。その後やや上げ幅を縮小したものの、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2018年12月限)は、45円高の4,730円。その他限月は、40円~48円高。ゴールドスポットは49円高の4,735円。金現物取引・100gは、4,790円、1kgは4,770円。

☆白金、続伸
同じ貴金属である金の上昇に連れてNY白金が上昇。その流れを受けてTOCOM白金市場日中取引も高寄りしました。その後、NYの軟化を眺め上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年12月限)は、61円高の3,427円。その他限月は58円~65円高。プラチナスポットは62円高の3,427円。パラジウム(2018年12月限)は、60円高の3,768円。

☆ゴム、小幅反発
TOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしましたが、その後は決め手材料に欠き、小幅にもみ合いながらやや水準を切り下げました。中心となる先限(2018年6月限)は、20銭高の206円90銭。他限月は、10銭安~80銭高。

☆とうもろこし、反発
TOCOMとうもろこし市場日中取引は決め手材料に乏しく、小幅高で始まりました。その後、シカゴの堅調を眺め、小幅にもみ合いながらやや水準を切り上げました。中心となる先限(2019年1月限)は、170円高の22,180円。他限月は、10円安~180円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +1.84%
2位 白金 +1.81%
3位 パラジウム +1.62%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -1.33%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 54,264枚
2位 ゴールドスポット 37,908枚
3位 白金標準取引 23,921枚

全商品合計取引高(先物) 163,045枚
〃 (オプション) 168枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 275.79 (前日比:+4.04)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ブログ>
・2017年の米原油生産量の増減幅は2000年以降の最高水準
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/30528

<参考ニュース>
・NY原油、2年8カ月ぶり高値 ドバイ原油も上昇 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25303780U8A100C1EAF000/

・東証大引け急反発で26年ぶり高値、741円高は16年11月以来の大きさ(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_U8A100C1000000/

・大発会、26年ぶり水準に上昇 米株高や業績期待(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25302540U8A100C1MM0000/?nf=1/

・減税で投資押し上げ、FOMC議事要旨 利上げ加速の可能性も (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25301660U8A100C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿