◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0399 2018/1/5)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

仕事始めをしたばかりなのに、この週末は「成人の日」を含めた三連休。そう、今度の月曜は「成人の日」です。
「成人の日」は奈良時代以降、1月15日に大人になったお祝い「元服の儀」を行っていたことに由来して、1999年までは毎年1月15日に行われていたんですけれど、2000年にハッピーマンデー制度が始まってから1月の第2月曜になりました。何だか、○○の日といいながら日付が年によってころころ変わるこのハッピーマンデー制度、記念日のありがた味が薄れる感じがして今一つなんですが、その一方で「成人の日までに誕生日が来ていない人は、翌年の成人式に組み込まれる」という「同じ学年なのに一緒に成人式を迎えられない」…という悲劇も解消されたんです。
ま、そんなわけで2000年以来、1月15日の「成人の日」は無くなり、各年日付が変わるようになったのですが、今年は曜日の巡りで最も早いタイミングの「成人の日」。なんだか慌ただしいですね。
もっとも「成人式」って必ず「成人の日」に行われているわけではなく、各自治体に任されているものですが、今日改めて調べてみてびっくりしました!
「成人式」って大抵は「成人の日」の前後に開催されるものなんですね!?…え、これって常識ですか?
実は、私の地元の新潟県では、雪で交通機関が乱れる可能性があるため、昔から1月の成人式は避けられ、大学が春休みに入る3月や、田植えで田舎に帰省する5月、お盆で帰省する8月…と、1月から8月まで自治体によってかなりバラバラに開催されておりまして、今日の今日までずーっと私は、「東京のような雪の降らないと都会では成人式を成人の日にやるけれど、雪が降る地方では、皆それぞれに好きな時にやっているんだ」って思っていたんです。ちなみに、これが平成29年度の新潟県の成人式日程。http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Simple/329/248/sejinnsikijissiyotei%20H29.pdf
30自治体の内、1月開催は2か所しかありません。ほとんどがGWとお盆休みです。
ところ変わればなんですね…今年の私の初びっくりでした。
さて、本日のTOCOMマーケット、金、プラチナ、パラジウム、今日も上昇です。(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 瑠奈

昨日の番組から
「専門家の目~2018年コモディティの展望」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
「世界景気のメインシナリオは緩やかな景気回復であるため、需要は年末に向けて緩やかな増加ペースを維持すると見られますが、2018年6月と11月のOPEC定例総会で「出口」が議論される可能性には留意。
足元の原油高は減産効果が出ているとみることができますが、原油高となった今、これ以上の減産継続が必要でしょうか。出口論が活発となれば原油価格には下押し圧力となります。
一方で、中東情勢の混乱は下支え要因。イランで反政府デモが拡大していることから、原油の安定供給への懸念から年末年始にも原油価格は一段高となっています。
ホルムズ海峡封鎖オプションが意識されれば原油価格は上昇します。「親米・親イスラエル国」に対する原油禁輸措置が発動される可能性も。
第3次オイルショックの再来となれば原油価格100ドルも何ら不思議ではありません。」
www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/01/player-201814.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/1/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続伸
イラン情勢の緊迫化に加え、米東部の寒波を受けたヒーティングオイル需要が高まり、米原油在庫が大幅に減ったことから、NY原油が続伸。TOCOMドバイ原油は小幅高で始まりました。その後、前日の高値の反動で頭を押さえられ、一時、マイナス圏に値を沈める場面がありましたが、小幅プラスに切り返し取引を終えました。中心となる先限(2018年6月限)は、10円高の44,960円。その他限月は10円安~40円高。

☆金、続伸
対ユーロでのドル安で、ドルと反対の値動きをしやすいNY金が上昇し、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後、NY金は頭を押さえられましたが、円安進行を好感し強含みに推移しました。尚、夜間取引で、一時4,789円を付け、昨日に引き続き約2年半ぶりの高値を更新しました。中心となる先限(2018年12月限)は、50円高の4,780円。その他限月は、47円~54円高。ゴールドスポットは52円高の4,787円。金現物取引、100gは60円高の4,850円。

☆白金、続伸
金相場の上昇に連れてNY白金が続伸。TOCOM白金市場の日中取引も高寄りし、その後も円の軟化を眺めて上げ幅を拡大しました。一時3,494円と約4ヶ月ぶりの高値をつけました。中心となる先限(2018年12月限)は、59円高の3,486円。その他限月は55円~62円高。プラチナスポットは62円高の3,489円。パラジウム(2018年12月限)は、59円高の3,827円。

☆ゴム、反落
決め手材料に欠き、TOCOMゴム市場の日中取引は小幅に安寄りしましたが、その後、上海の軟調を眺めて大きく水準を切り下げ、安値水準で取引を終えました。中心となる先限(2018年6月限)は、2円10銭安の204円80銭。他限月は、3円40銭~1円80銭安。

☆とうもろこし、先限のみ続伸
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしましたが、円安進行を受けてプラス圏に切り返し、終盤に一時22,220円と約半年ぶりの高値をつけました。中心となる先限(2019年1月限)は、30円高の22,210円。他限月は、180円安~変わらず。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +1.81%
2位 白金 +1.72%
3位 パラジウム +1.57%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -1.01%
2位 小豆 -0.22%
3位 バージ灯油 -0.18%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 52,227枚
2位 白金標準取引 31,520枚
3位 ゴールドスポット 30,791枚

全商品合計取引高(先物) 155,817枚
〃 (オプション) 177枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 276.96 (前日比:+1.17)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ブログ>
・2017年の米原油生産量の増減幅は2000年以降の最高水準
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/30555

・供給改善傾向の中、海外原油は調整安へ
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/30546

・天然ゴム市場を取り巻く環境は陽転要因が占めている
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/30537

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続伸 在庫減で2年8カ月ぶり高値 金は10日続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V00C18A1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿