◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0403 2018/1/12)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

明日は「大学入試センター試験」ですね。寒波が来ている日本列島、無事に実施できるといいのですが。
私の受験当時はまだ「共通一次」って名前でした。やはり雪の多い年で足元は長靴。寒いのでウールの長ズボンを履いていったのですが、ズボンがチクチクして気になって仕方なかったことを覚えています。そのせいでもないんでしょうけれど、何と1000点満点の半分も点が取れなかった私。受験する学科のボーダーラインにも全然届かず半ば浪人覚悟だったのですが、2次試験の出来が良かったようで何とか現役合格出来ました。しかし、余りにもショッキングな点数だったので絶対忘れることないだろうと、その得点「04××」を銀行のカードの暗証番号にしていたら「恥ずかしい!!」って母にこっぴどく叱られたことを思い出します。恥ずかしいってねぇ、理由を言わなきゃただの4ケタの数字だし、安全度も凄く高いと思うんですけど。
さて、受験シーズンもいよいよ大詰め。受験生のお夜食に役に立ちそうな面白い本を見つけたんです。宝島社から今日発売の「世界一美味しい『どん二郎』の作り方」 http://tkj.jp/book/?cd=02791301
『どん二郎』とは、あのカップ麺の「どん兵衛」にアレンジを加えて人気店「ラーメン二郎」の味を再現したもの。その再現具合いが凄いとネット上で大変評判になっていたんだそうですね。
22『どん二郎』の他にも、「シーフードヌードル」を使った『シーフード茶碗蒸し』やコンビニのピザまんを使った『ピザまんピザ』などなど、簡単で美味しそうなB級アレンジレシピがいっぱい掲載されています。お子さんのお夜食を作ってあげたらお父さんの株もあがるんじゃないでしょうか?
さて、本日のTOCOMマーケット、ゴムが反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報y
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん
キャスター:辻 留奈

昨日の番組から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「原油との相関関係が強い天然ゴム相場は、原油高にもさえない値動きが続いています。生産大手であるタイ、インドネシア、マレーシアの3カ国が、今年1月から3月までの間、最大35万トンの輸出を削減することで合意したらしいという情報がリークされているのですが、まだ価格に織り込まれていません。
2016年3月から8月までの6カ月間にも、合計61万5000トンの輸出削減を実施。今回の削減期間と削減量は昨年のほぼ半分であるものの削減の期間に対する量の比率(削減ペース)は前年とほとんど同じです。出遅れていたゴム市場にとっての買いのきっかけとなるでしょうか。」
www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/01/player-2018111.html
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/1/12
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、続落
需給改善への期待でNY原油は約3年ぶりの高値をつけ4日続伸していますが、TOCOMドバイ原油の日中取引は、円高に頭を圧され水準を切り下げて寄り付きました。その後、NYの軟化を眺め下げ幅を拡大し、この日のほぼ安値で取引を終えました。中心となる先限(2018年6月限)は、390円安の44,830円。その他限月は430円~170円安。

☆金、続伸
ドル安を受けてNY金相場は続伸しましたが、その強地合いを円高が打ち消してTOCOM金市場の日中取引は小幅安で始まりました。その後、NYの堅調を眺めプラス圏に浮上し、強含みに推移しました。中心となる先限(2018年12月限)は、16円高の4,741円。その他限月は、15円~20円高。ゴールドスポットは15円高の4,749円。金現物取引、100gは変わらずの4,770円。

☆白金、続伸
高騰しているパラジウムに代わって中国や米国で自動車触媒の需要が拡大するとの期待で前日のNY白金相場が大幅続伸。その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、円高で頭を押さえられたもののNYの堅調を眺め上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年12月限)は、52円高の3,530円。その他限月は43円~51円高。プラチナスポットは47円高の3,533円。パラジウム(2018年12月限)は、7円安の3,743円。

☆ゴム、反発
最近の原油高に比べゴムの上昇が抑えられていたため、その反動で上海相場が上昇。TOCOMゴム市場の夜間から水準を切り上げ、日中取引では更に上げ幅を拡大。高値圏で推移しました。中心となる先限(2018年6月限)は、3円60銭安の210円50銭。他限月は、1円60銭~3円50銭高。

☆とうもろこし、反落
穀物需給の発表を控えての様子見と円高でTOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後、シカゴ相場も円相場もともに動意を欠き、小幅な値動きに終始しました。中心となる先限(2019年1月限)は、50円安の22,200円。他限月は、100円安~
20円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +1.74%
2位 白金 +1.50%
3位 プラチナスポット +1.35%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージ灯油 -0.90%
2位 プラッツドバイ原油 -0.86%
3位 バージガソリン -0.72%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 33,341枚
2位 プラッツドバイ原油 28,853枚
3位 ゴールドスポット 24,946枚

全商品合計取引高(先物) 130,281枚
〃 (オプション) 176枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 275.65 (前日比:-0.82)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ブログ>
・ゴム週刊情報
【著者】小網太郎
https://column.cx.minkabu.jp/30669

・過去100年間の最高に達するか!?米国の原油生産量
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/30660

・WTIは、騰勢が続く。
【著者】玉川博一
https://column.cx.minkabu.jp/30650

・ブレントの70ドル示現で、目標達成感も
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/30642

・タイの落葉期における相場の傾向とゴム産業界事情
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/30611

GOLDNEWS
・2017年の金ETF市場を検証する
【著者】小菅努
http://goldnews.jp/column/kosugetsutomu/entry-5853.html

<参考ニュース>
・NY商品 原油が3年ぶり高値更新 減産延長の思惑、金は続伸 (日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S8A110C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿