◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0423 2018/2/9)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

今回の大寒波で、北陸の国道8号線の福井県と石川県にまたがる約120キロの区間で大雪のために1,500台の車が立ち往生する事態となりましたが、救助要請をしていたのに間に合わず車に閉じ込められたまま一酸化炭素中毒で亡くなってしまった人がいた…と今朝のニュースで知りました。詳しい状況は知りませんが、まさか9時間も救助が来ないとは思っていなかったでしょうね。
雪国育ちの私でも、実際に車が雪に埋まって脱出できなくなるという経験はありません。ただ、雪で立ち往生した場合は、一酸化炭素中毒になるといけないからどんなに寒くても暖房(エンジン)は切るように!と親から口酸っぱく言われていましたし、ドラマ「北の国から」第10話で純と雪子おばさんが、猛吹雪で吹き溜まりに突っ込み車中で凍死しかけるという話を見て怖い思いをしたので、車の中に常にブランケットを用意してありました。
でも今日改めて、このような状況に置かれた場合、どう対処するかを考えてみました。
1、ハザードランプをつける。2、JAFや119に救助要請をする。3、マフラー周りの除雪をする。4、携帯電話のバッテリー状況を確認して、残りが少なかったら電源を切っておく。5、時折ドアを開けてみて脱出の経路を確保しておく。6、完全に雪に埋まってしまったらエンジンを切ってカーラジオ(情報の収集に必要)だけにして、ブランケットやコートに包まって暖をとる。…こんな感じでしょうか。
JAFのHPで「車が雪で埋まった場合、CO中毒に注意!」という動画をみつけたので、添付しておきますね。https://youtu.be/eYDyk_ee9tU?list=PLJfKB1Jtrvvs3MlE40AtgpJD0Sd6PFXRb
ウエザーニューズの「吹雪や豪雪で車が立ち往生したらすべきこと」のコラムも参考になるので是非一度読んでおいて下さい。https://weathernews.jp/s/topics/201712/010165/
本日のTOCOMマーケット、昨日大きく下落した銀が、今日は1番上昇しています。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「2月5日パウエル氏新FRB議長の就任の日。ダウ平均株価は大幅に下落し下げ幅は一時1,500ドルを超える場面も。市場は戦犯探しに湧いていますが、FRB議長交代のアノマリー通りとなりましたね。
1月末のイエレン議長最後のFOMCでは、インフレが2.0%になるのは確実と強調され、3月21日のFOMCでの利上げはほぼ確定と見られていますが、本当に利上げが実施されるか否かは、ここからの市場動向によるでしょう。
教科書的に、金価格は株下落時には上昇すると(リスクからの逃避)されていますが、今回は金価格も一緒に下落しています。リーマンショック時も同様でしたが、利下げと量的緩和政策で金価格は一転上昇のサイクルにはいりました。
今回、金融政策の転換があれば金価格は上昇に転じる可能性が大きいと思われますが…」
www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/02/player-201828.html

来週の放送予定
2月13日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期 第11回「MACD入門」
小次郎講師

2月14日(水)
「専門家の目~原油相場の現状と見通し」
松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)

2月15日(木)
「専門家の目~世界の金の動き」
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)

2月16日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん (FXアナリスト)

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/2/9
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………

☆プラッツドバイ原油、大幅続落
米国の増産による需給悪化への懸念でNY原油が続落。加えて円高が進んだためTOCOMドバイ原油の日中取引も大幅に値を下げて寄り付き、一時40,540円と昨年11月6日以来、約3か月ぶりの安値を付けました。その後は、円の軟化を眺め下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年7月限)は、920円安の40,820円。その他限月は1,040円~420円安。

☆金、5日続落
米長期金利の上昇で金利の付かない金の魅力が薄れる一方で、株安に対する不安で実物資産の金に資金が流入し、NY金相場は小幅ながら上昇しました。TOCOM金市場の日中取引は円高が弱材料となり安寄りした後、円の軟化とNY金の軟調の強弱材料が交錯し、もみ合いで推移しました。中心となる先限(2018年12月限)は、9円安の4,608円。その他限月は、11円~3円安。ゴールドスポットは8円安の4,615円。金現物取引100gは変わらずの4,670円。

☆白金、5日続落
株安で景気に敏感な白金から資金が流出。昨日のNY白金相場は続落し、加えて円高でTOCOM白金市場の日中取引は大きく値を下げて寄り付きました。その後、円の引緩みを眺めて、やや下げ幅を縮めました。中心となる先限(2018年12月限)は、39円安の3,406円。その他限月は38円~18円安。プラチナスポットは31円安の3,404円。パラジウム(2018年12月限)は、63円安の3,340円。

☆ゴム、続落
原油安と円高で、TOCOMゴム市場の日中取引は大幅に水準を切り下げて寄り付きました。一時、187円80銭と昨年11月21日につけた6月28日以来の安値と同値をつけました。中心となる先限(2018年7月限)は、3円10銭安の189円20銭。他限月は、3円80銭~2円80銭安。

☆とうもろこし、続落
昨日発表された、米農務省の輸出見通しの増加と在庫推定の下方修正を好感し、昨日のシカゴとうもろこしは続伸しましたが、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、円高に頭を押されて小幅に安寄りし、その後も始値を挟んでマイナス圏でもみ合いました。中心となる先限(2019年1月限)は、50円安の22,480円。他限月は、90円安~70円高。

……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +0.52%
2位 小豆 +0.37%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -2.20%
2位 パラジウム -1.85%
3位 バージ灯油 -1.83%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 50,227枚
2位 プラッツドバイ原油 35,198枚
3位 ゴールドスポット 23,553枚

全商品合計取引高(先物)160,287枚
〃 (オプション) 132枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 260.05 (前日比: -3.59)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ブログ>
みんコモ
・実勢悪をようやく評価され、急落する海外原油
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/31193

・値動き幅が縮んでいるゴム相場だが先高感が底流
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/31169

・原油相場はなぜ株のように反発しないのか
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/31175

<参考ニュース>
・東証大引け 大幅反落し508円安、週間下落率は2年ぶり大きさ(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_Z00C18A2000000/

・NY商品 原油が続落、一時1カ月ぶり安値 需給に懸念 金は小反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z00C18A2000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿