◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0437 2018/3/2)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

朝日新聞朝刊一面の「天声人語」。特定の論説委員が匿名で執筆するという形で100年以上続いている看板コラムです。毎回ひとマスも残さず603文字ぴったりで終わらせる神業と言える才筆。しかも簡潔で美しく、世論を切り取っているため、受験や就職の小論文対策として丸写しをしていた人、いらっしゃいましたよね。
実は私も、社会人になってからなんですが、文章力を磨きたいと思って2年ほど続けていました。当時は普通の大学ノートにただ書き写していただけだったのですが、1か月ほどで文章をまとめるスピードが格段と上がってきたのが実感できて驚いたことをよく覚えています。また当時は書き写しのおかげもあって漢字も得意だったんですよね。あのノートまだ残っているのかなぁ。実家の納戸を探すと出てくると思うのですが…。
今は、「天声人語書き写しノート」っていう商品があるんですよね。2011年4月の発行からの累計販売部数が400万部を突破したそうです。
ノートを見開き2ページに、実際の「天声人語」と同じ字数・行数の原稿用紙が印刷されていて、右ページ上に新聞から切り取った「天声人語」を貼り、その下の原稿用紙に丸ごと書き写すというもの。1冊で1カ月分を書き写せるのだそうです。1冊216円。http://manabu.asahi.com/tensei/index.html
この「通常版」の他に、「学習版」「脳トレ版」「美文字版」、そして朝日小学生新聞の「天声こども語」用の学習ノートもあるのだそうです。
昨日、就職活動が解禁となりましたが、天声人語の書き写しを始める人、いるんでしょうね。
私も、漢字が書けなくなったなぁ、言葉が出なくなったなぁ、と痛感することが最近多くなってきたので、このノートを見ていたら、天声人語の書き写しをまた始めてみたくなりました。でも、ということは、私、今、朝日新聞は電子版しか読んでいないけれど、紙の新聞を買わなくちゃいけないということ…。うーん、上手い商売ですね(笑)
さて、本日のTOCOMマーケットは、パラジウム急落です!(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈

昨日の番組から
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
コメンテーター:石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
「3月4日はドイツで、SPD社会民主党が党員に対し連立を承認するかどうかを問う党員投票が実施されます。この党員投票が承認されれば正式に連立成立ですが、否決されたらこの連立も失敗に終わり、再選挙実施とのシナリオも出てきます。
ドイツの不安定化は再びEU崩壊論の再燃にも繋がり、ユーロは大きく売られるリスクとなります。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/03/player-201831.html

来週の放送予定
3月5日(月)
「自動運転の現状と今後」
関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)

3月6日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
第14回「シグナルとヒストグラム」
小次郎講師

3月7日(水)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)

3月8日(木)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

3月2日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん (FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
商品アナリストによる商品市況の相場見通し&ポイントを徹底解説する番組。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180226-2/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/3/2
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………
☆プラッツドバイ原油、下落
前日のNY原油が米国株安などで下落したことに加え、円高を受けて、TOCOMドバイ原油日中取引も大きく水準を切り下げて寄り付きました。その後も円高進行とNYの軟調を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年8月限)は、880円安の39,020円。その他限月は1,010円~830円安。

☆金、4日続落
前日のNY金相場が2か月ぶりの安値をつけるなどの弱い地合いに加え、円高で、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、円高の進行とNY金の下げ止まりを眺めて小幅にもみ合いとなりました。値動きの大きかった夜間には一時4,463円と約7か月ぶりの安値を付けました。中心となる先限(2019年2月限)は、24円安の4,474円。その他限月は、27円~18円安。ゴールドスポットは17円安の4,486円。金現物取引100gは10円安の4,540円。

☆白金、4日続落
米株安を受けてNY白金が反落した上、円高で、TOCOM白金市場の日中取引も大きく値を下げて寄り付き、その後も日本株安と円の引き締まりで弱含みに推移しました。中心となる先限(2019年2月限)は、69円安の3,287円。その他限月は70円~60円安。プラチナスポットは64円安の3,296円。パラジウム(2019年2月限)は、203円安の3,330円。

☆ゴム、続落
円高と原油安を受けてTOOCOMゴム市場日中取引は安寄りし、更に上海の軟調を眺めて大きく水準を切り下げました。その後、下げの反動で徐々に値を戻し、日中の始値は上回りましたが、プラス圏には届きませんでした。中心となる先限(2018年8月限)は、1円00銭安の191円50銭。他限月は、2円20銭安~2円60銭高。

☆とうもろこし、期先のみ続落
シカゴ相場の堅調を受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は、小幅高で始まりましたが、シカゴ高と円高の強弱材料の綱引きで前日の帳入値を挟んでもみ合い、大引けはマイナス圏に値を沈めました。中心となる先限(2019年3月限)は、10円安の22,770円。他限月は、10円~150円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)えんd
1位 大豆 +0.87%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -5.75%
2位 プラッツドバイ原油 -2.21%
3位 白金 -2.06%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 60,617枚
2位 ゴールドスポット 26,566枚
3位 白金標準取引 25,816枚

全商品合計取引高(先物)169,446枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚
日経・東商取商品指数 252.00(前日比: -3.95)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・シカゴ穀物の強調地合い続く
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/31532

・強材料と弱材料の対峙でゴムは神経質な展開継続か
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/31510

<参考ニュース>
・金が7カ月ぶり安値圏 一般大豆は2日ぶりに上昇 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ7IAB03_S8A300C1000000/

・東証大引け 大幅続落、世界景気に懸念 鉄鋼や自動車に売り (日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_S8A300C1000000/?nf=1

・揺れる円安派、増える円高派 再び105円台に (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27600110S8A300C1000000/

・NY商品、原油が続落 需給緩和の観測続く、株下落も重荷 金は2カ月ぶり安値 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S8A300C1000000/

・非鉄国内価格が下落 銅、年初比で8%安(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27568120R00C18A3QM8000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿