◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0439 2018/3/6)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

「養老乃瀧」ってありますよね。岐阜県にある名水百選の滝じゃなくて、滝の水がお酒になったという親孝行の伝説でもなくて、あの居酒屋チェーンの「養老乃瀧」です。全国に約560店舗ということですから、きっと皆さんの近くにもあるんじゃないかと思います。
実は私の住んでる家のすぐそばにもあるんです。車もほとんど通らない下町の住宅街の中。こんな細い小路にお店を作ってもお客が入らないんじゃないか…と思うのですが、意外や意外、いつも人がいっぱいで賑わっているんですよね。地元密着、安くて、気取らないというのが人気の秘密のようです。
ところがですね、そんな「養老乃瀧」が、今日3月6日から10日間の期間限定で、あのなかなか予約が取れないことで有名なお店『賛否両論』の店主で料理人の笠原将弘さんの考案レシピのメニューを提供するのだそうです!
『賛否両論コラボレーション 第四弾 春を味わう』コラボメニュー6品
https://www.yoronotaki.co.jp/news/201802/20180227_251.html
実は今回が4回目だったんですね…知らなかった~!!
「養老乃瀧」ですから価格も控えめです。「真鯛と菜の花の塩昆布和え」580円、「春の炊き込みご飯」580円 、「竹の子の天ぷら 若布あんかけ」 550円 、「菜の花とじゃが芋の酒盗バター炒め」450円、「海老と竹の子の揚しんじょう」390円、「桜シャーベット」220円(全て税抜き価格)
『賛否両論』に是非一度は行ってみたいと思っているのですが、まだその願いは叶っていません。とりあえず「養老乃瀧」に行ってみようかな。
ただ、全ての店舗でやっているわけではなくてお店が限定されているようなので、養老乃瀧のホームページを調べてお出かけくださいね!
私の家の裏の「養老乃瀧」は、残念ながら『賛否両論コラボ』は対象外でした。となると最寄りは錦糸町かな…。
さて、本日のTOCOMマーケットは、原油が大きく続伸です!(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
第14回「シグナルとヒストグラム」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「自動運転の現状と今後」
コメンテーター:関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)
「オリンピックはスポーツの祭典ですが、一方最新の技術を披露する場でもあるのです。
政府は2020年東京オリンピックで、オリンピックの会場近くを自動で車を走行する技術を示したいと考えていてそこに向けての技術開発が日本でも本格化してきました。
2月末に全日本空輸とソフトバンク系のSBドライブが、羽田空港の線整備城地区で自動運転バスの実証実験を。そして3月5日からは、日産自動車とディー・エヌ・エーが、横浜市のみなとみらい地区で乗用車の自動運転実証実験を開始しました。
3月2日にはトヨタ自動車が、3000億円以上投資して自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表しました。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/03/player-201835.html
□■TOCOMスクエア TV□■
商品アナリストによる商品市況の相場見通し&ポイントを徹底解説する番組。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!

今週の放送
『【金】価格をけん引する4つの鍵とは【原油】世界の需給』
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティーインテリジェンス代表取締役)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/180305-2/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/3/6
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

……………………… ◆取引概況・帳入値段◆ ……………………
☆プラッツドバイ原油、続伸
株の反発を受けて昨日のNY原油が上昇。加えて為替も円安に振れたことからTOCOMドバイ原油は大幅に水準を切り上げて寄り付きました。その後も取引中のNYの堅調を眺めて更に上げ幅を広げました。中心となる先限(2018年8月限)は、1,040円高の40,520円。その他限月は820円~1,040円高。

☆金、続伸
ドル高で昨日のNY金相場は反落しましたが、TOCOM金市場の日中取引は為替が円安に振れたことから大幅に高寄りしました。その後もNYの底堅さを眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年2月限)は、15円高の4,509円。その他限月は、16円~17円高。ゴールドスポットは16円高の4,517円。金現物取引100gは20円高の4,570円。

☆白金、小幅続伸
前日のNY白金相場は反落しましたが、TOCOM白金市場の日中取引は円安にサポートされて小幅安で寄り付きました。その後もやや水準を切り上げて小幅にもみ合いを続けました。中心となる先限(2019年2月限)は、3円高の3,297円。その他限月は3円~11円高。プラチナスポットは12円高の3,303円。パラジウム(2019年2月限)は、変わらずの3,370円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、上海の下落に連れた夜間の弱地合いを引き継いで安寄りしましたが、その後は昨日の帳入値付近まで値を戻しもみ合いを続け、大引けはプラス圏に浮上しました。中心となる先限(2018年8月限)は、10銭高の194円00銭。他限月は、10銭安~60銭高。

☆とうもろこし、期先4日ぶり反発
南米アルゼンチンの干ばつ予報で作柄の悪化が見込まれ、昨日のシカゴとうもろこし相場が上昇。加えて円安で、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後は大きな材料はなく高値水準でもみ合いました。中心となる先限(2019年3月限)は、130円高の22,870円。他限月は、90円~240円高。
……………………… ◆騰落率・取引高ランキング◆ ………………………

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.63%
2位 バージガソリン +1.98%
3位 バージ灯油 +1.82%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -0.37%
2位 銀 -0.18%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 28,263枚
2位 プラッツドバイ原油 15,051枚
3位 ゴールドスポット 13,799枚

全商品合計取引高(先物)92,118枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 257.78(前日比:+3.86)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・政治ファクター強まる3月相場
【著者】菊川弘之
https://column.cx.minkabu.jp/31588

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続伸 リビアの供給減観測で 金は反落(日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W8A300C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿