◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0444 2018/3/13)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

女性チャンネル♪LaLa TVで、明日3月14日から放送開始となる韓国ドラマ『付岩洞(プアムドン)の復讐者たち』https://www.lala.tv/puamdon/ のプロモーションの一環で、女性対象のアンケート調査が行われたのですが、約70%の人が「夫や恋人への不満がある」と答えていました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000231.000005157.html
理由のワースト3は、第1位「家事を手伝ってくれないこと」、第2位「几帳面すぎる(細かすぎる)こと」、第3位「だらしないこと」ですって。
2位・3位は性格によるものだからしょうがないかな…とも思いますが、家事については意識の改革も必要かもしれませんね。以前、別の共働きの女性に対する調査で、パートナーに言われて頭にくる言葉に「手伝うよ」がかなり上位にランクインしていました。「手伝う」という言葉には、家事や育児は女性の仕事って意識があるから出てくる言葉であって、本来同等に分担すべきものであるから…ですって。目からうろこの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
さて、冒頭のアンケートで、実はもっと興味深いのが、不満の解消法として20パーセントの人が実践しているのが、「プチ復讐」なんですって。
「入浴中の主人のシャワー&お風呂の湯温度を、こっそりMAXまで上げてみた」「冬の寒い日に、浴室内冷房を「強」にした」などなど。心当たりのある方いませんか?
明日はホワイトデー。プチ復讐されないためにも、日頃、奥様孝行、彼女孝行できていないなぁ…って方は、挽回の絶好のチャンスを生かしてくださいね♪
さて、本日のTOCOMマーケット、プラチナは上昇しましたが、パラジウムが反落です。(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期  第15回「MACDの総合分析」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「トランプ大統領が関税実施へ、貿易戦争勃発か?」
コメンテーター:岡田晃さん(経済評論家)
「OECDの試算によると、米国・欧州・中国が関税などによる貿易コストを10%引き上げると世界貿易高を6%押し下げ、GDPは1.4%押し下げるという数字が出ています。
また、米国国内においても、一見保護主義は国内産業にプラスのように見えますが、実はマイナスの影響を与えます。米国の工業は厳しい情勢を一時的にはしのぐことができますが、しかし、鉄を誰が使うのかと考えると、米国の多くの製造業にコストアップを強いることに。
実は、一番の被害者はトランプ大統領が保護しようとしている米国の製造業なのです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/03/player-2018312.html
□■TOCOMスクエア TV□■
商品アナリストによる商品市況の相場見通し&ポイントを徹底解説する番組。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!

今週は 【金】米雇用統計で『上昇』か&中国の金に対する『2つの見解』
【原油】在庫量が『2週連続で増加』需給は緩和する?
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティーインテリジェンス代表取締役)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20180312/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/3/13
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反落
シェールオイル増産による供給過剰懸念でNY原油が下落。TOCOMドバイ原油の日中取引は、円高も加わって安寄りし、始値付近でもみ合いました。午後は円の引緩みを眺め下げ幅を縮めました。中心となる先限(2018年8月限)は、310円安の40,380円。その他限月は330円~30円安。

☆金、反落
株高で、安全資産とされる金から資金が流出。NY金の反落と円高でTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NYの軟化を受けて下値を追う場面もありましたが、円の引緩みを眺め、大引けにかけて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2019年2月限)は、4円安の4,521円。その他限月は、4円安~変わらず。ゴールドスポットは4円安の4,530円。金現物取引100gは10円安の4,580円。

☆白金、3日続伸
NY白金安と円高でTOCOM白金市場日中取引は反落して始まりました。その後は決め手材料に欠きもみ合いを続けましたが、大引けにプラス圏に切り返しました。中心となる先限(2019年2月限)は、1円高の3,316円。その他限月は7円安~2円高。プラチナスポットは2円高の3,318円。パラジウム(2019年2月限)は、51円安の3,334円。

☆ゴム、反落
上海安や円高を受け、TOCOMゴム市場日中取引は安寄りしました。その後は、上海安と円安で強弱材料の綱引きとなり、始値を挟んでもみ合いました。中心となる先限(2018年8月限)は、40銭安の192円30銭。他限月は、2円00銭安~40銭高。

☆とうもろこし、変わらず
このところの高値の反動と円高を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、値を下げて始まりました。その後、シカゴの軟調と円の軟化でもみ合いましたが、終盤は円安が勝り下げ幅を縮小。前日の帳入値まで値を戻しました。中心となる先限(2019年3月限)は、変わらずの23,780円。他限月は、50円安~220円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +0.06%
2位 白金 +0.03%
3位 バージ灯油 +0.02%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -1.51%
2位 プラッツドバイ原油 -0.76%
3位 小豆 -0.46%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 24,554枚
2位 金標準取引 21,240枚
3位 ゴールドスポット 9,683枚
全商品合計取引高(先物)83,505枚
〃 (オプション) 121枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 256.91 (前日比:-1.04)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ニュース>
・NY商品 原油が反落、米国の増産を警戒 金は反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T10C18A3000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-8220 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿