◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0463 2018/4/10)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

このところTOCOM界隈でちょっとした話題になっていたのが、TOCOMのすぐ隣にある「ホテル堀留ヴィラ」の1階に新しく入居する飲食店について。
以前は、イタリアンバルが入っていて、お昼はパスタをメインとしたランチを食べることができたのですが、そこが営業をやめて、しばらく改装工事をしていたのです。次はどんなお店が入るんだろうとみんなでワクワクしていたんですよね。
そんな中、先週看板が掲げられました。「串カツ田中 小伝馬町研修センター店」。
え…研修センター?じゃあ、私たちは食べられないの???ワクワクが、ザワザワに変わってしまいました…。
2~3日ザワザワしていたのですが、落ち着かないので、思い切って内装工事をしている店の中に入って聞いてみると、一般のお客さんが利用できる店舗とのこと!
https://kushi-tanaka.com/news/entry/551
しかも、接客の実地研修をさせてもらうので、サービスが遅れたりしてご迷惑をおかけすることもあるかもしれないから、ドリンクの価格が全品200円と割安なんですって!生ビールは通常399円なので、約半額です!
「串カツ田中 研修センター」がItmedia取り上げられていました。http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/06/news101.html
スタッフは、経験豊かな店長と新入社員。20人弱の新卒社員が1カ月、この研修センター店で技術を習得したのち、各地の店舗に配属されるのだそうです。串カツ田中は通年採用を実施しているので、定期的に研修センター店で働く新入社員が入れ替わる…ということ。これまで、新入社員は配属先の店舗で「アルバイトより仕事ができない」「自信が持てない」といった悩みを抱えることが多く、やめてしまう人も多かったので、その問題を解決するためにこの様なお店を作ったんですって。なるほどねぇ…。
明日、4月11日(水)オープンです。ぜひ皆さん、TOCOMにお越しになった後は、串カツで一杯、いかがでしょう?ただし新入社員の皆さんを温かい目で見守ってあげて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケットは原油とパラジウムが大きく上昇しました!(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018入門編第1期 Lesson2「板寄せのメカニズム」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「一人暮らしの増加で儲かる企業」
コメンテーター:田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「一人暮らしで便利なものというとコンビニエンスストア。そのコンビニで売っているお弁当・お惣菜の容器を作っている会社の株式会社エフピコ(7947)がとても有望。
またコインランドリー関連も、一人暮らしが増えることと、外国人がたくさん日本に来て長期滞在することが多くなっていることから注目される…」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/04/player-201849.html
□■TOCOMスクエア TV□■
商品アナリストによる商品市況の相場見通し&ポイントを徹底解説する番組。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
4月からは多彩なゲストをお招きして、展望と注目ポイントを独自の視点で解説して頂きます。
【商品・株式・為替】金融市場の価格推移
【トウモロコシ】大相場に発展も~急落場面は買い場か(ゲスト:フジトミ齋藤和彦さん)
【金】米中貿易戦争でETF残高が増加→上昇か
【原油】ドル・株安に連れ安か
ゲストコメンテーター:斎藤和彦さん(株式会社フジトミ情報サービス室チーフアナリスト)
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20180409/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校します。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/4/10
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油 3日ぶり大幅反発
米中貿易摩擦への過度の警戒感が後退したことに加え、中東の地政学リスクが高まったため、前日のNY原油相場が上昇し、TOCOMドバイ原油の日中取引も大きく値を上げて寄り付きました。その後、円の軟化とNYの堅調を眺めて水準を切り上げ、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2018年9月限)は、1,070円高の42,760円。その他限月は660円~1,120円高。

☆金、3日続伸
中東情勢や米ロ関係の悪化を背景にNY金相場が続伸。その流れを引き継いでTOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後、円の軟化とNY金の軟化強弱材料の交錯で、小幅もみ合いで推移しました。中心となる先限(2019年2月限)は、7円高の4,580円。その他限月は、6円~10円高。ゴールドスポットは10円高の4,590円。金現物取引、100gは10円高の4,640円。

☆白金、3日続伸
対ユーロでのドル安と米中貿易摩擦の警戒が和らぎ、NY白金相場が続伸。TOCOM白金市場の日中取引は水準を切り上げて寄り付きました。その後もNYの堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年2月限)は、50円高の3,237円。その他限月は37円~53円高。プラチナスポットは37円高の3,212円。パラジウム(2019年2月限)は、80円高の3,166円。

☆ゴム、3日続伸
上海市場の堅調を受けTOCOMゴム市場日中取引は高寄りし、その後も上海の上昇と円の軟化を受け上げ幅を広げました。中心となる先限(2018年9月限)は、2円20銭高の183円50銭。他限月は、1円70銭~2円40銭高。

☆とうもろこし、3日続伸
産地の寒波による作柄悪化懸念でシカゴとうもろこしが続伸。その後も円の引緩みを眺め水準を切り上げました。中心となる先限(2019年3月限)は、200円高の24,350円。他限月は、変わらず~180円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +2.59%
2位 プラッツドバイ原油 +2.57%
3位 バージガソリン +2.04%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 中京灯油 -0.67%
2位 小豆 -0.15%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 31,581枚
2位 金標準取引 22,836枚
3位 白金標準取引 14,602枚

全商品合計取引高(先物) 101,076枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 266.66(前日比: +4.26)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ニュース>
・ドバイ原油・10日午前、反発 65.80ドル前後(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29193790Q8A410C1000000/

・NY商品、原油が反発 米中摩擦への懸念後退で、金は続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q8A410C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿