◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0464 2018/4/11)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

銀座にファストファッションやチェーン店が増えてきて寂しい…なんて声が聞かれた時期もありましたが、このところ「高級な街、銀座」が戻って来たようです。
大盛の海鮮丼でお馴染みの「築地 虎杖(いたどり)」(彦摩呂さんが「宝石箱や~」とリポートしている姿をグルメ番組でご覧になったことがあるのではないかと思いますが)
その虎杖がプロデュースした高級ラーメン店が、昨日、銀座4丁目にオープンしたんです。
『麺屋ま石(めんやまいし)』 http://maishi.jp/menya-maishi_top.html
「鯛」の旨みを最大限に引き出したこだわりの鯛らーめんということで、看板の「鯛らーめん」が1,000円。何と、これが一番お安いらーめん!その他、駿河湾産の桜海老をふんだんに使ったかき揚げを乗せた「桜海老鯛らーめん」が1,300円、北海道産帆立貝柱を軽く焼き、昆布出汁に漬けて甘みを引き出した貝柱のせ…「帆立鯛らーめん」が1,400円、極めつけが、国産雲丹の食べ比べが出来る贅沢な三種盛りのせ…「雲丹三種盛り鯛らーめん」が2,500円などなど、およそラーメンとは思えない価格の贅沢なラーメン店です。
でも、銀座4丁目というロケーションで、この贅沢なラーメン。同じお金を使って安い焼肉屋に行くよりも私だったら嬉しいかな…って思います。
女性を連れて行くのに気の利いたお店ないかな…と探していたら、是非行ってみて下さい♪
ただし、「鯛らーめん食べに行かない?」って耳で聞くと、トムヤムラーメンのようなタイ料理のラーメンと間違われる恐れがありますので、ご注意くださいね。
さて、本日のトコムマーケット、金も原油も続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~今注目のコモディティは?」
コメンテーター:松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018入門編第1期 Lesson2「板寄せのメカニズム」
コメンテーター:小次郎講師
「現物株式市場で板寄せでの価格決定は、朝の寄り付き、前引け、後場寄り付き、大引け
の4回のタイミング。先物では 日中立ち合いのスタート時、終了時、夜間取引のスタート時と終了時、でしたね。実は、もう一つ、板寄せで値決めされる時があるんです。「サーキットブレイカー発動後」…」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/04/player-2018410.html
□■TOCOMスクエア TV□■
商品アナリストによる商品市況の相場見通し&ポイントを徹底解説する番組。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!

ゲスト:フジトミ齋藤和彦さん【トウモロコシ】大相場に発展も~急落場面は買い場か#98

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/4/11
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油 続伸
米中貿易摩擦の緩和期待とシリア情勢の緊迫化でNY原油が続伸したため、TOCOMドバイ原油市場は、夜間取引で大きく水準を切り上げ、一時43,890円と約2か月ぶりの高値をつけました。その流れを引き継ぎ、日中取引も高値圏で始まりましたが、その後、円相場の引き締まりとNY原油の伸び悩みを眺め上げ幅を削りました。中心となる先限(2018年9月限)は、660円高の43,420円。その他限月は720円~920円高。

☆金、4日続伸
対ユーロのドル安で、昨日のNY金相場が続伸。TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後、為替はやや円高へ振れたものの、取引中のNY金の堅調を映し大引けにかけて上げ幅を拡大。この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2019年2月限)は、36円高の4,616円。その他限月は、31円~38円高。ゴールドスポットは31円高の4,621円。金現物取引、100gは30円高の4,670円。

☆白金、4日ぶり反落
昨日のNY白金相場が、前日の高値の反動で反落。NY安を受けてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後も円の引き締まりとNY白金の軟調を眺め、下げ幅を拡大して取引を終えました。中心となる先限(2019年2月限)は、10円安の3,227円。その他限月は10円~5円安。プラチナスポットは6円安の3,206円。パラジウム(2019年2月限)は、52円高の3,218円。

☆ゴム、4日ぶり反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、小幅に高寄りして始まりましたが、その後、高値の反動と、タイの産地の増産期での需給の緩みが意識されマイナス圏に値を沈め、その後も下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2018年9月限)は、1円60銭安の181円90銭。他限月は、2円00銭~40銭安。

☆とうもろこし、4日ぶり反落
米農務省の発表で期末在庫が上方修正されたため、昨日のシカゴとうもろこしが反落。TOCOMとうもろこし市場の日中取引も4日ぶりに安寄りしました。その後、円相場の引き締まりを眺め、マイナス圏でのもみ合いに終始しました。中心となる先限(2019年3月限)は、90円安の24,260円。他限月は、190円安~60円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.64%
2位 プラッツドバイ原油 +1.54%
3位 大豆 +1.47%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -0.87%
2位 とうもろこし -0.37%
3位 白金 -0.31%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 36,663枚
2位 プラッツドバイ原油 33,782枚
3位 ゴールドスポット 18,771枚

全商品合計取引高(先物) 118,336枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 269.52 (前日比:+2.86)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・原油市場に漂う思惑をかき立てる複数の上昇要因
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/32318

・米中貿易戦争
【著者】近藤 雅世
https://column.cx.minkabu.jp/32297

・小次郎講師の徹底解説【テクニカル分析の重要性】
【著者】小次郎講師
https://column.cx.minkabu.jp/32307

<参考ニュース>
・ガソリン店頭価格が10週ぶり上昇 1リットル143.3円(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29249930R10C18A4000000/

・NY商品、原油が続伸 貿易摩擦の緩和期待で、株高も 金も続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R10C18A4000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿