◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0465 2018/4/12)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

シャンシャンが一般公開されるようになって約4か月。皆さんはもうシャンシャンを見に行きましたか?私は、まだです。興味が無いわけではありません。田舎育ちなもので、並んだり混雑しているところに行ったりするのが苦手なんです。その内、混雑しなくなったら見に行くつもり…でした。
先日、M美とN子と私、女3人でお茶をしていてシャンシャンの話になりました。流行りもの好きでアクティブなM美は、抽選無しで見られるようになってからすぐに見に行ってきたんです。カメラ目線をしてくれるので可愛いアップの写真がバッチリ撮れたと自慢げに写真を見せてくれました。確かに可愛い!!「愛くるしい」ってこういうものに使う言葉ですね。
パンダ=可愛いモノってイメージがあるかもしれませんが、それは、日本最初のパンダだったランラン&カンカンが、日中国交の為に中国が選りすぐって贈り込んできたエース級の美形パンダだったからで、キツイ目をしたパンダもいれば、目の周りの黒い模様がぼやけている不細工なパンダもいるのだそうです。写真を見る限りシャンシャンはランラン&カンカン級の可愛いパンダ。これは生で動いているところを見てみたいです。
「混雑が解消してゆっくりと見て回れるくらいになったら見に行くよ」と言ったらM美に「それまで待ってたらシャンシャン大人になっちゃうよ!!」って言われてしまいました。そうだ。子どものシャンシャンはいつまでも待っててくれないのでした。
私「パンダはいつまで子どもなの?」M美「わかんない…待って、調べてみる…。あ、4~5歳で、人間の17~8歳だって!」「じゃあ、小学生くらいのシャンシャンを見たかったら2~3年の内に見に行かなきやいけないんだね!!」「もう少し余裕あるか…。」
…なんて話していたら、私たち二人のやり取りをずっと見ていたN子が「パンダの子どもって中国に返さなくちゃいけないんじゃなかったっけ?」と言い出しました。「確か2歳になったら中国に帰るって言ってたよ…」
そのようです。東京都と中国で、子どもは生後24か月で中国に返還すると協定を結んでいるそうです。早ければ、来年6月にはシャンシャンいなくなっちゃうんですって。
のんびり構えていた方、お早めに上野行きの計画をたてて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケットは、原油が3日続伸。金は5日続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~今注目のコモディティは?」
コメンテーター:松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
「米国トランプ政権が3日、500億ドル相当の中国製品への追加関税案を発表したことに対し、中国政府は4日、米国製品106品目を新たな対象に25%の上乗せ関税を賦課すると応酬。対象品目に農産物に大豆やコーン、小麦などが含まれたことを受けシカゴ穀物市場は急落となりました。
まだ交渉段階で現実に双方が関税をかけあう貿易戦争に発展するか否かわかりませんが、実施されれば双方の経済に大きな打撃となります。交渉が長期化すれば先行き不透明感がマーケットを不安定にすると思われますが、中国のバイヤーが調達先を米国からブラジルやアルゼンチンなどに切り替える可能性が高く、米国産大豆に早期に交渉が成立、関税が回避されない限り、米国の輸出に影響がでるのは避けられません。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/04/player-2018411.html
□■TOCOMスクエア TV□■
商品アナリストによる商品市況の相場見通し&ポイントを徹底解説する番組。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180409/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2. 市況情報     2018/4/12
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油 3日続伸
中東情勢が緊迫化し原油の供給が細ると懸念され、昨日のNY原油が大きく上昇。一時、67.45ドルと3年4ヶ月ぶりの高値をつける場面がありました。TOCOMドバイ原油日中取引もその強地合いを引き継いで大きく値を上げて寄り付きました。昼前に円の軟化をうけて一段水準を切り上げましたが、その後決め手材料に欠き、高値圏で小幅にもみ合いました。尚、夜間取引で一時44,630円と、2月5日以来、約2か月ぶりの高値をつけました。中心となる先限(2018年9月限)は、970円高の44,390円。その他限月は360円~960円高。

☆金、4日続伸
中東をめぐる地政学リスクへの警戒で安全資産とされるNY金に資金流入。一時、1,369.4ドルと1年8か月ぶりの高値をつけました。TOCOM金市場の日中取引はその流れを受けて高寄りしましたが、円相場が引き緩む一方でNY金が軟化したため、始値を挟んでの小幅もみ合いで終わりました。尚、夜間取引で一時4,672円と、2月7日以来、約2か月ぶりの高値をつけました。中心となる先限(2019年2月限)は、15円高の4,631円。その他限月は、11円~19円高。ゴールドスポットは19円高の4,640円。金現物取引、100gは20円高の4,690円。

☆白金、続落
産出国のロシアのルーブル安でロシアからの供給が細るとの思惑が広がり、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NYの軟化を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年2月限)は、20円安の3,207円。その他限月は25円~9円安。プラチナスポットは19円安の3,187円。パラジウム(2019年2月限)は、11円高の3,229円。

☆ゴム、反発
競合する合成ゴムの原料となる原油相場の上昇で、TOCOMゴム市場日中取引は高寄りしました。その後、昼前に上海の軟化を受けてマイナス圏に値を沈める場面もありましたが、切り返し、始値の水準に値を戻しました。中心となる先限(2018年9月限)は、1円10銭高の183円00銭。他限月は、40銭~3円10銭高。

☆とうもろこし、続落
前日のシカゴ相場が在庫の増加を嫌気して下落したのに加え、円の上昇に頭を押され、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後、円がやや軟化したのを眺めて、小幅ながら下げ幅を縮めました。中心となる先限(2019年3月限)は、120円安の24,140円。他限月は、140円安~80円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆

値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.23%
2位 バージガソリン +1.62%
3位 バージ灯油 +1.53%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 -0.62%
2位 プラチナスポット -0.59%
3位 とうもろこし -0.49%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 71,640枚
2位 プラッツドバイ原油 34,746枚
3位 ゴールドスポット 24,680枚

全商品合計取引高(先物) 162,292枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 272.93(前日比:+3.41)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・米原油生産量、今年10月に日量1100万バレル超え!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/32328

<参考ニュース>
・原油3年4カ月ぶり高値 中東緊迫、カギ握るイラン (日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29293130S8A410C1000000/

・NY商品、原油が3日続伸 一時3年4カ月ぶり高値 金は4日続伸 中東の地政学リスクを警戒 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S8A410C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿