◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0470 2018/4/19)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

実は私、「マーケット・トレンド」の他に、ラジオNIKKEIで「テイスト・オブ・ジャズ」

という番組を担当しています。昨夜もTOCOMで勤務した後、虎ノ門のラジオNIKKEIでジャズの収録をしてきたのですが、昨日のゲストの女性ピアニストが、競馬大好きのUMAJO(うまじょ)なんです。

UMAJO。それは、大好きな可愛いウマに、会って、ふれて、応援して、ケイバを楽しむ女性たちのこと…(JRAのHPより)。http://umajo.jra.jp/concept/

昨日のピアニストのUMAJOも、ラジオNIKKEIのイメージキャラクターのラニィを見て「あー競馬場に行きたい!!」って叫んで帰っていきましたが、今、競馬は女性にも大人気。なんと全国10か所の全ての競馬場に女性限定の「UMAJO SPOT」なるものもあるんですよね。無料ドリンクサービスや、オリジナルスイーツの販売、マッサージ、ネイルケアのサービス、初めての人には女性コンシェルジュによる馬講座もあります。また、普段は入ることが出来ないところを見学することが出来るバックヤードツアーなども。

私が気になるのはオリジナルスイーツ。

北欧雑貨「ダーラナホース」をメインモチーフとした競馬場オリジナルカラーのダーラナホースアイシングクッキーを始め、ポニーテールムースとか、ホースシュークリームとか各競馬場のオリジナルスイーツがあるんです。

東京競馬場と京都競馬場では、明後日から日曜限定でUMAJO SPOTと「八天堂」がコラボした “UMAJOくりーむパン” が登場します。あのとろけるクリームパンの「八天堂」のクリームパンです。 栗毛をイメージした色合いの「ほうじ茶キャラメル味」。UMAJO SPOTでしか味わえないUMAJO限定のオリジナルスイーツなんですって!おいしそう!!http://umajo.jra.jp/event/201804hattendo.pdf

私は20年前に新潟競馬場にアイドルイベントの司会で行ったのが最後だったのですが、当時はおじさんばっかりでちょっと怖かった競馬場。すっかり時代が変わったんですね。

UMAJO見習いから始めてみようかな…。

さて、本日のTOCOMマーケットは、金は反落、原油は高値水準をキープしました。(郁)

 

【目次】

  1. TOCOMスクエア情報

 

  1. 市況情報

◆騰落率ランキング

◆マーケット概況

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

  1. TOCOMスクエア情報

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

□■公開ラジオ放送□■

◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

 

本日の番組

「岡安盛男のFXトレンド」

コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)

キャスター:辻 留奈

 

昨日の番組から

「専門家の目~株式・為替相場の動向と今後の見通し」

コメンテーター:三井智映子さん(フィスコ マーケットレポーター)

「株式市場の循環パターンとして、金融相場→業績相場→逆金融相場→業績縮小相場というサイクルの中で、日本市場は未だ金融相場にあり、トップアウトしていません。米国の金融政策は2015年12月の最初の利上げから断続的に利上げを実施、バランスシート圧縮にも着手しており金融相場は終焉、現在は米国企業の業績を材料に株が上昇する業績相場に入っています。

米国、欧州が出口に向かう中、日銀の出口を催促する気運が持ち上がると、黒田総裁は時期尚早と否定し続けています。日銀の金融緩和策は長期化の様相を呈していることから、政治要因などのリスクが払しょくされれば、日本株の上値が軽くなると思われます。」

http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/04/player-2018419.html

 

来週&再来週の放送予定

4月23日(月)

「混とんとする国際情勢と金、原油相場」

志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

 

4月24日(火)

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期 Lesson4「注文の種類」

小次郎講師

 

4月25日(水)

「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

 

4月26日(木)

「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」

林知久さん(投資日報社)

 

4月27日(金)

「岡安盛男のFXトレンド」

岡安盛男さん (FXアナリスト)

 

 

5月1日(火)

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期 Lesson5「逆指値注文1」

小次郎講師

 

5月2日(水)

「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」

石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)

 

□■TOCOMスクエア TV□■

今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!

https://tocomsquaretv.com/20180416/

 

□■TOCOM投資スクール□■

TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。

毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。

 

お申込みはこちらから

http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html

※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

  1. 市況情報     2018/4/20

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

◆取引概況・帳入値段◆

☆プラッツドバイ原油 高値水準をキープ

TOCOM原油市場日中取引は、NY原油が前日の東京市場の引け値とほぼ同水準で推移したことから先限の2018年9月限は前日終値とほぼ変わらずで取引をスタートしました。1日を通して上下270円の狭いレンジの取引に終始しました。結局、前日比では小安く引けたものの年初からほぼ1カ月かけて固めた45,000円水準を上抜いたままの値位置をキープしています。中心となる先限(2018年9月限)は20円安の45,570円。その他限月は70円安~20円高。

 

☆金、反落

TOCOM金市場日中取引は、NY金の軟調を受けて3月中旬以来続く騰勢に冷や水を浴びせる形で反落しました。背景には米国長期金利の上昇予測に伴う対ユーロでの米ドル高、シリア情勢の緊張緩和による投資家の過度な警戒感の後退が伺えます。結果、金には割高感が醸成され、手仕舞い売り優勢の展開となりました。中心となる先限(2019年2月限)は、24円安の4,634円。その他限月は、23円~19円安。ゴールドスポットは19円安の4,649円。金現物取引、100gは10円安の4,700円。

 

☆白金、反落

TOCOM白金も金と同様にNY市場の軟調を受け反落しました。先限の2019年2月限は前日比38円安い3,252円で寄り付いた後、午前中はじり高の展開となり3,306円まで回復したものの、午後にかけては狭いレンジで横ばいに推移しました。中心となる先限(2019年2月限)は、37円安の3,253円。その他限月は、41円~23円安。プラチナスポットは41円安の3,240円。

 

☆ゴム、小幅まちまち

TOCOMゴム日中取引は上海ゴム相場の堅調を受けて高寄りしたものの、その後は軟調に推移。中心限月の先限2018年9月限は10時半過ぎに本日の安値186円80銭をつけました。その後は若干の回復を見せたが、狭いレンジの横ばいで推移したまま引けました。中心となる先限(2018年9月限)はかわらずの187円10銭、その他限月は4 0銭安~80銭高。

 

☆とうもろこし、先限は小安い

TOCOMとうもろこし日中取引は指標となるシカゴ市場が動意に欠ける中、ドル円相場も極めて狭いレンジでの取引に終始したことから、小動きにとどまりました。米国産地では天候の回復予想が広がる中、作付の加速を指摘されている。中心となる先限(2019年5月限)は30円安の24,560円。他限月は、40円安~10円高。

 

◆騰落率・取引高ランキング◆

 

値上がり商品(先限、騰落率)

1位 中京ガソリン +7.43%

2位 大豆 +0.20%

3位 小豆 +0.15%

 

値下がり商品(先限、騰落率)

1位 プラチナスポット -1.25%

2位 白金標準 -1.12%

3位 パラジウム -1.10%

※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

 

取引高ランキング

1位 金標準取引 36,987枚

2位 白金標準取引 12,263枚

3位 プラッツドバイ原油 13,588枚

 

全商品合計取引高(先物) 90,678枚

〃 (オプション) 644枚

金現物取引出来高 1枚

 

日経・東商取商品指数 277.75(前日比:-9.0)

 

◇ 各商品の価格情報等はこちら

http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

 

<参考コラム>

・危ういのか?原油相場

【著者】吉田 哲

https://column.cx.minkabu.jp/32469

 

<参考ニュース>

・NY商品、原油が小反落 一時3年ぶり高値も利益確定、金反落(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q8A420C1000000/

 

日本経済新聞

http://www.nikkei.com/markets/shohin/

 

ロイター

http://commodities.reuters.co.jp/

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。

※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。

※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。

※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。

※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿