◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0474 2018/4/25)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

少し前のことなのですが、朝、テレビをつけながら出かける支度をしていたら、「さばくちょう」という耳慣れない言葉が聞こえてきました。糖質制限ダイエットの危険を扱った特集をやっていたようです。昨年約1年間、真面目に糖質制限をやっていた私。最近、その糖質制限に疑問を持つようになっていたので、気になって慌てて洗面所からリビングに戻ってきたらもう殆ど終わっていました。仕方ないのでインターネットで調べてみると「砂漠腸」というなんとも恐ろし気な言葉にヒットしました。 https://www.gr8lodges.com/38859.html
「砂漠腸とは、糖質をエサにしている腸内細菌が、糖質が全くなくなると腸内細菌は減少、仕方なく腸を保護する腸粘膜をエサにしてしまい腸がカサカサに。
そこに脂質やタンパク質が届くので、分解されて発生する有害物質が吸収され、全身に回り、肌荒れやアレルギーの他、肝臓ガンなどの可能性も…」
名前の字面以上の恐ろしさでした…。
なるほどです。以前もここで書かせていただきましたが、昨年、11月の誕生日までと自分で決めてパーソナルトレーニング&糖質制限ダイエットをしていた私。結構厳しいトレーナーの指導を受けていたので、食べていいのは赤身の肉と野菜だけ…と、ほぼ完ぺきな糖質制限を課せられて、大好きな白いご飯もラーメンも一切食べず、体重を7キロ落としたんです。そこで誕生日を境に糖質を解禁し、まぁ誕生日なのでケーキを食べたりもしましたが、ごく普通の食事を摂るようになったのです。で2週間後。写真を見て、あれ?なんかシルエットが太くなっている??…で体重を量ってみたら、わずか2週間で5キロもリバウンドしていたんです。あわてて、再びジムに通ったり、ウォーキングしたりしているのですが全く落ちないどころか増えていく一方で…。「砂漠腸」になっていたんですね!!
糖質制限ダイエット、適度な制限はいいのですが、極端になるのはダメですね。心当たりのある方は、「砂漠腸」ぜひ調べてみて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケット、とうもろこしが2年半ぶりの高値を付けました。原油は3日ぶりに反落。米国のイラン制裁が見送られ、イランの原油輸出が続くとの見方が強まっています。金は前日比では小幅高で終わりましたが、日中取引では弱含みに推移しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期  Lesson4「注文の種類」
コメンテーター:小次郎講師
「成行注文は、”今すぐ、どんな価格でも買う、あるいは売る”という注文ですが、価格指定ができないため、値動きが大きな局面では、思わぬ高い価格で買いが約定したり、思わぬ安い価格で売りが約定したりすることもあります。
指値注文は、○円以下なら買う、あるいは○円以上なら売るという条件付き注文ですので、自分の納得のいく価格で約定しますが、その価格に到達しなければ注文が成立しません。当たり前のことですが、少しでも安く買いたいという気持ちから安値に指値注文を置いた場合、大きな上昇相場に乗り遅れてしまう可能性も否定できません。
どちらにもメリットデメリットがありますが…」
www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/04/player-2018424.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180423/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/4/25
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油 3日ぶり反落
米国のイラン制裁が見送られ、イランの原油輸出が続くとの見方が強まり、NY原油が反落しました。その地合いを引き継いでTOCOMドバイ原油の日中取引は大きく水準を切り下げて寄り付き、その後もNYの軟調を眺めて下げ幅を広げました。中心となる先限(2018年9月限)は870円安の46,150円。その他限月は890円~120円安。

 ☆金、じり安
米株式が急落し投資家のリスク回避姿勢が強まったため、金に資金が流入。NY金が4日ぶりに反発した流れを受けて、TOCOM金市場日中取引も堅調に始まりましたが、その後NY軟化したのを眺めてマイナス圏に値を沈めました。中心となる先限(2019年4月限)は、4,637円。その他限月は、6~8円高。ゴールドスポットは8円高の4,649円。金現物取引、100gは20円高の4,710円。

☆白金、弱含みに推移
取引き中のNY白金の軟調を眺めTOCOM白金市場の日中取引は、弱含みに推移しました。中心となる先限(2019年4月限)は、3,250円。その他限月は、10円~25円高。プラチナスポットは28円高の3,266円。パラジウム(2019年4月限)は、3,287円。

☆ゴム、反発
上海相場の堅調を受け、TOCOMゴム市場は高寄りしましたが、その後、原油の下げを眺めて上げ幅を削りました。中心となる先限(2018年10月限)は、60銭高の188円20銭、その他限月は30銭安~90銭高。

 ☆とうもろこし、続伸
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、前日の帳入値と同値で寄り付きましたが、その後、シカゴとうもろこしが上昇したのを眺め、寄り後に水準を切り上げ、その後は上げ幅を拡大。24,800円と2015年10月以来2年半ぶりの高値で取引を終えました。中心となる先限(2019年5月限)は200円高の24,800円。他限月は、70円~340円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +0.86%
2位 とうもろこし +0.81%
3位 ゴム +0.32%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.85%
2位 バージガソリン -1.45%
3位 バージ灯油 -1.11%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 31,929枚
2位 プラッツドバイ原油 15,344枚
3位 ゴールドスポット 12,350枚

全商品合計取引高(先物) 93,505枚
〃 (オプション) 60枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 279.36(前日比: -2.76)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・ドルの行方が金を占う
【著者】近藤 雅世
https://column.cx.minkabu.jp/32566

・8ヵ月連続で上昇した減産順守率
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/32556

・米国の財政赤字拡大
【著者】近藤 雅世
  https://column.cx.minkabu.jp/32549
<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 米がイラン制裁回避との思惑広がる 金は反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V20C18A4000000/

・ガソリン、大型連休も高く 首都圏・近畿で1割高  (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29811980V20C18A4MM0000/

日本経済新聞
  http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012  東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿