◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0477 2018/5/1)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
ある旅行会社の調査によりますと、今年のGWの総旅行人数は過去最高の2,443万人だそうです。内、海外が58万5,000人。国内が2,384万人。こんなに大勢の人が旅行に出かけているんだなあ。羨ましい…と思う一方で、実は、混雑が嫌だから家でのんびり過ごす…という人の割合は例年50%にも上るそうです。皆さんは、どこかお出かけになりましたか?
後半、特に計画も立てていないけど、家でじっとしているのももったいないという方、「東京で日本一周の旅」はいかがでしょう?
実は、東京都内には37都府県のアンテナショップがあるんです。(2017年4月調査)全て回れば東京に居ながら日本一周できるというわけです! 10府県足りないので厳密には日本一周とは言えないかも知れませんが、アンテナショップでその土地ならではの美味しいモノを食べたり、ショッピングを楽しんだり。
日本各地の名物おつまみと銘酒を買い集めて、自宅でパーティーというのも楽しいですよねぇ。
アンテナショップは大体10時~11時にオープンして、18時~19時にクローズ。中には20時以降も開いているお店もありますので2日あれば十分全国を回ることが出来るとおもいますよ。効率よく回れば1日で回ることだって可能です!
アンテナショップが多いことで知られるのが有楽町・銀座エリアで21のショップが集中しているんです。そしてその次に多いのは、実は日本橋エリアの9ショップなんです!
「日本橋福島館MIDETTE(みでって)」「日本橋とやま館」「富士の国やまなし館」「レストランY-wine(山梨)」「三重テラス」「奈良まほろば館」「にほんばし島根館」「おいでませ山口館」「日本橋 長崎館」
神田や東京までエリアを広げれば「なごみま鮮果(神奈川)」「京都館」もあります。
https://www.walkerplus.com/spot_list/ar0313/sg0156/
連休後半も楽しくお過ごしくださいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、連休の合間ということもあり比較的動きが少なかったようです。イランの核兵器開発隠ぺい疑惑で原油が上昇しました。原油に連れてゴムも上昇。プラチナ・パラジウムを始めとした貴金属は軟調です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期 Lesson5「逆指値注文1」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/04/player-2018427.html

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180423/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/5/1
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、上伸
イランが核兵器の開発を隠ぺいしていたとの疑惑が浮上し、イランから原油供給が細るとの思惑が広がり、昨日のNY原油が反発。TOCOMドバイ原油の日中取引も午前中は堅調に上値を伸ばしましたが午後は横ばいに推移しました。中心となる先限(2018年10月限)は47,070円。その他限月は850円~950円高。

☆金、続落
ドル高でNY金相場が反落し、TOCOM金市場の日中取引も安寄りしました。その後、NYの軟調を眺め下げ幅を拡大しましたが、円安の進行を受けて、終盤にやや値を戻しました。中心となる先限(2019年4月限)は、9円安の4,605円。その他限月は、11円~5円安。ゴールドスポットは7円安の4,617円。

☆白金、3日続落
ドル高でNY白金が反落し、TOCOM白金市場日中取引も、直前の夜間取引から大きく値を下げて寄り付きました。その後、円安が進むものの、NYの軟化に頭を押され、弱含みに推移しました。中心となる先限(2019年4月限)は、15円安の3,182円。その他限月は、23円~12円安。プラチナスポットは15円安の3,187円。パラジウム(2019年4月限)は、57円安の3,258円。

☆ゴム、大幅反発
競合する合成ゴムの原料である原油相場の上昇を眺め、TOCOMゴム市場日中取引は高寄りし、その後、大きく水準を切り上げました。中心となる先限(2018年10月限)は、7円30銭高の192円90銭、その他限月は4円00銭~6円60銭高。

☆とうもろこし、4日続伸
米国の産地での作付けが遅れているとの思惑が広まり、シカゴとうもろこし相場上昇。TOCOMとうもろこし市場の日中取引は大幅に値を上げて寄り付きました。その後は連休後半を控えての様子見で上げ幅を削りました。中心となる先限(2019年5月限)は120円高の25,450円。他限月は、300円安~90円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +3.93%
2位 バージ灯油 +1.66%
3位 バージガソリン +1.54%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -1.72%
2位 銀 -1.21%
3位 白金 -0.47%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 20,775枚
2位 ゴム 14,812枚
3位 白金標準取引 14,231枚

全商品合計取引高(先物) 80,578枚
〃 (オプション) 160枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 283.54 (前日比:+3.29)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/32632

・ゴムは再度190円台にチャレンジ出来るか
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/32621

<参考ニュース>
・イスラエル首相:イランの核兵器極秘計画示す資料を保有(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-30/P80HR46JTSE801

・ドル円、静かな大型連休に?(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30016360R00C18A5000000/

・NY商品、原油が反発 イラン情勢の不透明感強まり買い、金は反落 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R00C18A5000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿