◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0478 2018/5/2)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
昨日はGWに特別なお出かけの予定の無い方へ…でしたが、今日は飛行機でお出かけになる方へ是非試して頂きたいとっておきの情報です!
ぐーたらな私が気に入っているヨガのアプリがあるんです。その名も「寝たまんまヨガ」。音声ガイドに従って、寝たまんま、あるいは椅子に座ったままで出来るヨガなんです。
App Store https://itunes.apple.com/jp/app/id505930723
GooglePlay https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.excite.netamanma_yoga
もともとこのヨガを始めたきっかけは、「寝落ちする人が続出!」というキャッチフレーズに惹かれたためでした。
ヒーリングミュージックと落ち着いたナレーションに従って瞑想したり呼吸したりすることで深いリラクゼーションを得られるため、1時間のヨガで4時間分の睡眠効果があるというんです。実際に、気持ち良くて寝落ちすることもしばしばで、布団に寝転んで電気を消してからやらないと危険なくらいなんです。
プログラムは「Nature’s Grace」や「Deep Relaxation」など10種類あって、20分から40分くらい。それぞれ250円~400円の有料サービスなのですが、実はこの「寝たまんまヨガ」の一番人気のプログラム「Healing & Recovery」が、ANA国際線の機内オーディオで5月~6月号のプログラムで配信され、無料で体験することが出来るようになったんです!
機内で座っているだけだと結構疲れますよね。そんな時にぜひ試してみて下さいね。
尚、ANAの国際線に乗る予定はないという方は、無料ショートバージョンのプログラムもありますので、是非お試しください♪
さて、本日のTOCOMマーケット、とうもろこしが6日連続で2年半ぶりの高値を更新しています。また、昨日大幅に上昇した原油が、ドル高と米国の生産増で今日は反落。金は小幅ながら反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
コメンテーター:石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期 Lesson5「逆指値注文1」
コメンテーター:小次郎講師
「逆指値注文という注文はありません。逆指値注文とは「ある価格に到達したら、買い(売り)注文を出す」ことを指します。
その「ある価格に到達したら注文を出す」ことを逆指値、あるいは「トリガー注文」と呼びます。では、その「ある価格に到達した場合」、成行で注文するのか、あるいは指値で注文するのか…。よくよく考えれば最終的に注文が執行されるのは「成行」もしくは「指値」注文である、という事実にお気づきでしょうか。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/05/player-201851.html

来週の放送予定
5月7日(月)
「日銀、2%の実現時期が削られた背景」
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)

5月8日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期
Lesson6「逆指値注文2」
小次郎講師

5月9日(水)
「専門家の目~世界の金の動き」
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)

5月10日(木)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

5月11日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!

今週の放送
【商品・株式・為替】金融市場の価格推移/【金】韓国と中東の金需給/【原油】カナダのオイルサンドと輸送問題
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20180501/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/5/2
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反落
FOMCを控えたドル高に加え、米国の原油増産基調が確認され、前日のNY原油が下落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場は夜間取引で徐々に値を下げ、日中取引は大幅安で寄り付きました。その後、円の引き締まりなどで、更に下げ幅を広げました。中心となる先限(2018年10月限)は、790円安の46,280円。その他限月は880円~680円安。

☆金、小幅反発
ドル高でNY金相場が一時1302.3ドルと約4ヶ月ぶりの安値を付けた流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、取引中のNY金の戻りを眺めて上昇を続け、小幅ながらプラス圏に切り返しました。中心となる先限(2019年4月限)は、1円高の4,606円。その他限月は、1円~6円高。ゴールドスポットは6円高の4,623円。

☆白金、4日続落
NY白金相場安を受けて、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、取引中のNYの切り返しを眺めて徐々に上げ幅を拡大。終盤に一時プラス圏に浮上したものの大引けは小幅マイナスで取引を終えました。中心となる先限(2019年4月限)は、2円安の3,180円。その他限月は、18円安~11円高。プラチナスポットは9円安の3,178円。パラジウム(2019年4月限)は、21円安の3,237円。

☆ゴム、反落
競合する合成ゴムの原料となる原油相場の下落を受けてTOCOMゴム市場日中取引は安寄りしました。その後も一段安となる場面がありましたが、大引けには水準を切り上げ、この日の高値圏まで下げ幅を縮めました。中心となる先限(2018年10月限)は、90銭安の192円00銭、その他限月は2円10銭~1円00銭安。

☆とうもろこし、5日続伸
前日のシカゴとうもろこし相場がブラジルの乾燥懸念を背景に続伸したため、TOCOMとうもろこし市場は夜間に堅調に推移し、日中取引はこの日の高値圏で始まりました。その後、円の引き締まりを受けて、やや値位置を切り下げてもみ合いました。中心となる先限(2019年5月限)は120円高の25,570円。他限月は、370円安~140円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +0.47%
2位 銀 +0.35%
3位 ゴールドスポット +0.13%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.68%
2位 バージ灯油 -1.36%
3位 バージガソリン -1.36%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 26,845枚
2位 プラッツドバイ原油 15,382枚
3位 ゴールドスポット 14,471枚

全商品合計取引高(先物) 93,547枚
〃 (オプション) 121枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 280.71(前日比: -2.83)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・Rusalについて
【著者】近藤 雅世
https://column.cx.minkabu.jp/32659

・米国債短期金利と長期金利のスプレッドが縮小
【著者】近藤 雅世
https://column.cx.minkabu.jp/32651

・イランの原油生産はどれくらい減る可能性があるのか?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/32641

<参考ニュース>
・NY商品 原油が反落 米原油生産が過去最高を更新、需給悪化を警戒 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S8A500C1000000/

・プラチナ、国際価格が4カ月半ぶり安値圏 ドル高・需要減観測で (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30037350R00C18A5EN2000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿