◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0502 2018/6/7)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th
現代の源平合戦は、何とお菓子の世界で繰り広げられているようです!?
先日、チラッとネットを騒がせていたニュース、ご覧になりましたか?「きのこ対たけのこ? 甘い!これぞ合戦だ 源氏パイと平家パイが話題に」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000006-withnews-sci&p=2
長年争われてきた「きのこ(の山)」VS「たけのこ(の里)」については、先日、今の若者は軟らかい食べものを好むので、生地がほろほろと砕けやすい「たけのこの里」を好む傾向がある…ということが判明し、今後は「たけのこ」がますます勢いを増していくだろうとの展望ですが、今や新しい戦いの火蓋が切られ「源氏パイ」VS「平家パイ」が熱いのだそうです。
サンリツの「源氏パイ」は1965年に誕生したロングセラーの商品。モンドセレクション金賞を何度も受賞しているので皆さんご存知だと思います。最近は個包装が、ピーっと破く袋タイプになってしまってちょっと味気ないのですが、昔は一枚一枚、風呂敷状のビニールで包まれていて、破かないようそっと剥がして食べる…という、それはそれは趣のあるものでした。普通の駄菓子とは一線を画していて、私の家では、年に一回クリスマスの夜に、レディーボーデンと一緒に食べることが出来る特別なお菓子でした。
そんな「源氏パイ」にライバル? 実はこのネットニュースを読むまで「平家パイ」なんて存在すら知りませんでした。どれどれ、どんなものなんだろう。
ネットで検索して見てみたら同じサンリツの商品で、源氏パイの姉妹品なのだそうです。でも、何か見覚えのあるお菓子…そうだ「レーズンパイ」です!
「源氏パイがあるのだから、平家パイはないの?」というお客さんからの問い合わせが多かったことから、2012年にNHK大河ドラマが『平清盛』に決まったのを機に、既成のレーズンパイを「平家パイ」にリニューアルし、姉妹品にしちゃったのだそうです。
そもそも本元の「源氏パイ」も、発売翌年のNHK大河ドラマが『源義経』になったので、じゃあ「源氏パイ」にしよう…と決まったそうです。サンリツって大河ドラマが大好きなんですね♪ ま、そんなわけでお菓子の源平合戦は、歴史的にも知名度的にも圧倒的に源氏の勝ちのようです。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油は、前日の在庫減少の思惑が外れてEIAの石油在庫統計が増加していたため、反落。白金、パラジウムは朝方の円安にサポートされて続伸しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「日銀新体制の評価と今後の課題」
コメンテーター:山澤光太郎さん(東京商品取引所 社外取締役)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
コメンテーター:小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
「OECDの世界の原油在庫は5年平均にまで回帰。昨年まで供給過剰から上値が重かった原油は、タイト化する需給を材料に2017年夏場の40ドル台から上昇に転じ、2018年はイラン・ベネズエラの供給不安を反映し70ドル台まで大きく上昇していました。
世界在庫の引き締まりは2017年1月スタートのOPEC・ロシアなどの協調減産政策によるもの。6月22日のOPEC総会では過度の需給ひっ迫リスクを解消するための減産緩和(=増産)が話し合われると目されています。11月の中間選挙対策でしょうか、米国のガソリン高への不満がトランプ政権によるイラン核合意離脱の影響だというセンチメントの醸成をなんとしてでも避けたい、との思惑があるとの指摘も。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/05/player-2018606.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーの受付を開始いたしました!
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈します。
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/180604/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/05/22/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/6/7
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反落
前日の在庫が減るとの思惑に反して、EIAの石油在庫統計が増加していたため、昨日のNY原油が反落。その流れを引き継いでTOCOMドバイ原油日中取引も安寄りしました。その後、午前中は円相場の引き締まりを受けて下げ幅を拡大する場面がありましたが、午後はNYの戻りを眺めて、やや水準を切り上げました。中心となる先限(2018年11月限)は、240円安 の48,640円。その他限月は220円安~変わらず。

☆金、3日ぶり反落
朝方の円の下落を眺め、TOCOM金市場日中取引は高寄りしました。その後、円相場の上昇を受けてマイナス圏に値を沈め、午後は安値圏でもみ合いました。中心となる先限(2019年4月限)は、2円安の4,577円。その他限月は、4円~2円安。ゴールドスポットは3円安の4,589円。金現物取引 100gは10円高の4,640円。

☆白金、続伸
円安を受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後、円相場の引き締まりを眺め、上げ幅を縮小し、小幅もみ合いで終わりました。中心となる先限(2019年4月限)は、8円高の3,211円。その他限月は、4円~19円高。プラチナスポットは22円高の3,212円。パラジウム(2019年4月限)は47円高の3,435円。

☆ゴム、続伸
上海ゴム相場の堅調と円安を受けて、TOCOMゴム市場日中取引は高寄りしました。その後も上海の上昇を眺め、水準を切り上げました。中心となる先限(2018年11月限)は、1円60銭高の189円70銭。その他限月は10銭~1円60銭高。

☆とうもろこし、反落
前日のシカゴとうもろこし相場が、米国の主要産地の良好な天候を受けて反落した流れを引き継ぎ、安寄りしました。その後もシカゴの戻りを眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2019年5月限)は130円安の24,900円。その他限月は、320円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.39%
2位 銀 +0.86%
3位 ゴム +0.85%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージ灯油 -0.82%
2位 バージガソリン -0.75%
3位 とうもろこし -0.52%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 28,319枚
2位 金標準取引 20,555枚
3位 ゴールドスポット 12,552枚

全商品合計取引高(先物) 87,503枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 289.29(前日比:-0.87)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考ニュース>
・米国株式は上昇、指標や貿易巡る懸念後退が支援(REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-06-idJPKCN1J22YU

・NY商品、原油反落 米在庫が予想に反し増加、金も反落 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X00C18A6000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿