◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0506 2018/6/13)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

最近私の周りで、「手元が見えにくい」「夕方になると物が見づらい」…と嘆く人が多くなった気がします。見えづらい…って本当にストレスですよね。これは、もちろん加齢のせいもあるとは思いますが、どうもそれだけじゃないみたい。今、20代、30代の若い人たちでも、こういった老眼のような症状に悩む人が増えているんですって。
「スマホ老眼」です。スマートフォンなどの長時間の使用による症状で現代病の一つに数えられています。レンズである水晶体を支える筋肉(毛様体筋)が、目を酷使することで老化と同じように硬直してしまってピントが合わせられなくなってしまうんですって。
「な~んだ!老眼じゃないんだ!」って安心するのは大間違い。加齢の為ではなくとも筋肉が硬直しちゃっていることには間違いないんですから。
この「スマホ老眼」もふつうの老眼も、毎晩5分のトレーニングで症状を改善することが出来るそうです。
100円ショップで売っているような安いもので構わないので、わざとピントの合わない+2度の老眼鏡を用意して、最低でも1メートル以上離れた場所をぼんやりと5分間見るだけ。ふだん眼鏡やコンタクトレンズを使っている人はその上から老眼鏡をかけます。酸素を取り入れた方がいいのでゆっくり深呼吸をしながら行うのがコツだそうです。お風呂上りだと血行が良いのでより効果があるみたい。わざとピントの合わない状態をつくることで、筋肉を緩めることが出来るんですって。
また、こんな本もあるんですよ!「寝る前1分 見るだけで目がよくなる写真30」(学研1300円+税) https://www.amazon.co.jp/dp/4058008830 蛍の光る幻想的な森の写真や、湖に映るオーロラの写真など、美しい写真が30枚掲載されているのですが、写真を眺めるだけでなくて、写真の中にトレーニングにもなるちょっとした仕掛けがしてあるんです。こちらは1分でOKです!ドライアイの改善にも良いみたい。
いずれにしても夜寝る前にトレーニングをすることがポイントなんですって。目の筋肉をほぐすことによって、安眠出来て、脳も目も効率的に休ませられるからだそうです。
今夜から始めてみてはいかがでしょう?
さて、本日のTOCOMマーケット、金は円安で3日続伸しました。原油は米原油在庫が市場予想に反して増加していたことを嫌気して反落。ゴムは上海相場の軟調を受けて一時約2か月ぶりの安値を付けています。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~今注目のコモディティは?」
コメンテーター:松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期
Lesson11「FX通貨ペア選びの基本 2」
コメンテーター:小次郎講師
「今日は「FX通貨選びの基本2」です。
英国(ポンド)通貨ポンドの取引量はドル、ユーロ、円に次いで4位。ポンドの値動きは激しいことで知られています。そしてロンドン市場の外国為替市場での外為取引は世界一。ロンドンタイムはアジア時間とNY時間の間でもあることから、世界のトレーダーらが取引に参加する時間帯です。
豪ドル(オージー)。世界有数の資源国である豪州では、鉄鉱石、石炭、ウラン、金などが産出されます。コモディティ価格動向が通貨にも影響が及ぶことも多いという特徴が…」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/06/player-2018612.html
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーの受付を開始いたしました!
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈します。
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/06/08/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/6/13
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、反落
米石油協会(API)の発表で、米原油在庫が市場予想に反して増加していたことを嫌気して、取引中のNY原油が反落。その流れを引き継ぎTOCOMドバイ原油の日中取引も安寄りしました。その後、NY相場の戻りと円の軟化を眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年11月限)は、350円安 の49,090円。その他限月は420円~200円安。

☆金、3日続伸
昨日の米朝首脳会談で朝鮮半島の地政学的リスクがやや後退したとの見方が広まり、ドルが上昇。代替投資先とされるNY金は反落しましたが、TOCOM金市場の日中取引は円安にサポートされて、昨日の帳入値と同値で寄り付きました。その後はNY金の底堅さと円安進行を眺め上昇し、高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2019年4月限)は、5円高の4,597円。その他限月は、4円~5円高。ゴールドスポットは4円高の4,613円。金現物取引 100gは変わらずの4,650円。

☆白金、3日ぶり反落
ドイツ政府が排ガス不正でベンツのリコールを命じたことを受け、NY白金が反落した流れを引き継ぎ、TOCOM白金市場の日中取引は水準を切り下げて寄り付きました。その後もNY白金の軟調を眺め下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年4月限)は、26円安の3,196円。その他限月は、26円~18円安。プラチナスポットは22円安の3,195円。パラジウム(2019年4月限)は7円高の3,475円。

☆ゴム、反落
上海相場安を円安がサポートしたため、TOCOMゴム市場日中取引は、小幅安で寄り付きましたが、その後も上海の軟調を受けて下げ幅を広げました。一時、180円ちょうどと約2か月ぶりの安値を付けました。中心となる先限(2018年11月限)は、5円20銭安の181円30銭。その他限月は5円30銭~2円30銭安。

☆とうもろこし、反発
米需給報告を好感して、前日のシカゴとうもろこし相場が急反発した流れを受け継ぎ、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後もシカゴの底堅さと円安を眺め高値圏でもみ合いました。中心となる先限(2019年5月限)は430円高の24,950円。その他限月は、変わらず~460円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +1.75%
2位 パラジウム +0.20%
3位 金 +0.11%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -2.79%
2位 大豆 -1.24%
3位 白金 -0.81%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 25,422枚
2位 金標準取引 19,988枚
3位 ゴム 9,167枚

全商品合計取引高(先物) 83,047枚
〃 (オプション) 152枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 290.56(前日比: -1.26)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・市場とは何か?
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/33242

・薄らぐ地政学的リスク
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/33234

<参考ニュース>
・ガソリン10週ぶりに下落 152円 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31703190T10C18A6000000/

・5月のOPEC産油量、8カ月ぶりの増加 サウジが増産 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31687160S8A610C1FF1000/

・NY商品、原油が続伸 OPECの需要見通し受け買い 金は反落 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T10C18A6000000/

・OPEC減産緩和でしぼむ「原油100ドル」論 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31539170Y8A600C1000000/

・ダイムラー、欧州で77万台リコール 排ガス不正で3車種 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31641370S8A610C1EAF000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿