◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0519 2018/7/2)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

以前、このコーナーで、ビジネスシーンで白ソックスを履いていると、どんなにカッコいい人でも幻滅しちゃう…って書いたら、大変な反響がありました。良くも悪くも。
でもね、これ決して、私の個人的な好き嫌いだけの話ではないんです。納得いかないという方、専門家の方が書かれた記事を見つけたので読んでみて下さい。
ビジネスマンのための総合情報サイト「customlife(カスタムライフ)」には、スーツスタイルの場合、ソックスはスーツの色に合わせるのが基本と書いてあります。
https://customlife-media.jp/suit-socks
「NIKKEI STYLE」では、ソックスは上にくる「スラックス」または下にくる「靴」と色を合わせるのがルール…と説明しています。
しかも、ソックスの長さにも言及してあります。椅子に座って、スラックスの裾が上がったとしても、脛が見える丈のソックスではいけないんですって!!
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32199600V20C18A6000000
スラックスの裾から素肌が見えるのは厳禁とのこと。靴下売り場で「ビジネスソックス」って名前で販売している靴下にも、椅子に座ると脛が覗いちゃう長さのものがありますよね。あれもビジネスシーンでは正式にはアウトってことです。
「ロングホーズ」という、ふくらはぎ上までの長靴下のタイプがビジネスシーンのソックスとしては正しい丈なのだそうです。
この暑い中、長靴下を履けと、そこまではうるさくいうつもりはないですが、確かに男性の毛脛…苦手です。見えていないかどうか、椅子に座った姿を鏡に映してチェックしてみて下さいね!!!
さて、本日のTOCOMマーケット、ゴムは先週に続伸した反動で4日ぶりに反落しました。貴金属も全般に軟調でしたが、パラジウムだけ反発しました。とうもろこしは主要産地の高温乾燥による作柄悪化懸念で4日続伸です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「今年も8月は円高か?」
コメンテーター:清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
キャスター:山本 郁

先週末の番組から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/06/player-2018629.html
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
いよいよ今日からトレードが始まりました!エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180625/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/06/28/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/7/2
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、期先のみ軟調
新甫発会となったTOCOMドバイ原油市場は、午前中に一時、為替が約2か月ぶりの安値水準となったため、上値を追う展開となりましたが、その後、円安が一服し、取引中のNY原油相場も軟化したため、水準を切り下げました。他限月は、NY高を受けて6日続伸です。中心となる先限(2018年12月限)は、50,460円。その他限月は250円~420円高。

☆金、3日ぶり反落
TOCOM金市場の日中取引は、先週末のNY金相場が上昇した流れを引き継いで高寄りしました。その後も為替が円安に振れるのを眺め上げ幅を拡大する場面もありましたが、円相場が昼前に急速に引き締まったのを映して下落に転じ、マイナス圏に値を沈めました。中心となる先限(2019年6月限)は、10円安の4,437円。その他限月は、12円~2円安。ゴールドスポットは2円高の4,453円。金現物取引 100gは40円高の4,510円、1kgは4,490円。

☆白金、3日続落
前週末のNY白金相場が反発した流れを受けて、TOCOM白金市場は、夜間取引中に徐々に水準を切り上げ、日中取引は、この日の高値圏で始まりましたが、寄り付き後は取引中のNY相場の軟調と円の引き締まりを映してマイナス圏に値を沈め、弱含みに推移しました。中心となる先限(2019年6月限)は、24円安の3,010円。その他限月は、32円~19円安。プラチナスポットは25円安の3,009円。パラジウム(2019年6月限)は17円高の3,247円。

☆ゴム、4日ぶり反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、先週後半に上昇した反動で、4日ぶりに反落して始まりました。その後も円の引き締まりと上海相場の軟化を眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2018年12月限)は、2円50銭高の173円80銭。その他限月は3円00銭~1円60銭安。

☆とうもろこし、4日続伸
シカゴとうもろこし相場が、産地の乾燥した天候による作柄悪化の懸念で上昇した流れを引き継いで、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後も円の下落を受けて上げ幅を拡大。午後もシカゴの堅調に支えられ、高値圏で推移しました。中心となる先限(2019年7月限)は、350円高の24,380円。その他限月は、190円~460円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +1.46%
2位 小豆 +1.00%
3位 パラジウム +0.53%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -1.42%
2位 プラチナスポット -0.82%
3位 白金 -0.79%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,213枚
2位 プラッツドバイ原油 20,821枚
3位 白金標準取引 14,538枚

全商品合計取引高(先物) 83,828枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 291.82(前日比:+0.37)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/33551

・目先、反発してから再度の下落相場
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/33524
<参考ニュース>
・東証大引け 大幅反落、2カ月半ぶり安値 米保護主義への警戒高まる (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_S8A700C1000000/

・日経平均VIが急上昇 3カ月ぶり高水準 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HOJ_S8A700C1000000/?n_cid=DSMMAA10

・出光社長、総会の賛成比率96% 創業家が賛成に回る (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32495450S8A700C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿