◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0522 2018/7/5)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

日本橋の夏の風物詩「ECO EDO 日本橋」。今年で8回目を迎える「アートアクアリウム」を始めに、日本橋の街全体「金魚」をモチーフにして涼を楽しむ一大イベント。今年も明日7月6日から始まります!『ECO EDO 日本橋 2018 ~五感で楽しむ、江戸の涼~』
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2018/0531_04/download/20180531.pdf
今でこそ、夜店の屋台でも手に入る金魚ですが、初めて日本に入って来た室町時代には城主や大名しか見ることのできない大変な贅沢品だったそうです。庶民でも手に入れられるようになったのは江戸後期。当時、浮世絵や着物の柄などに描かれるほどの金魚ブームが沸き起こったのだそうです。当時に思いを馳せて「ECO EDO 日本橋」楽しんでみませんか?
まず、今年初の試みとして、デジタル花火大会があります♪
コレド室町の1と2の間、福徳神社に続く参道「仲通り」を「金魚大提灯参道」として、路面を川面に見立て“川面に映る花火”をデジタルで表現した「ミナモハナビ」を楽しめます。
そして恒例の「金魚スイーツ&バルさんぽ」♪
日本橋の老舗から商業施設まで100を超える店舗が参加して、金魚をモチーフにした フォトジェニックなスイーツメニュー、バルメニュー、アルコールメニューを提供します。
「ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ」では、金魚鉢を模した涼やかな「水羊羹」。「塩瀬総本家」の創作ゼリー「夏すがた」も中に金魚泳いでいます。「榮太樓總本鋪」の「日本橋あんみつ」にも白玉に金魚が乗っかっています。
金魚モチーフのオブジェから、手ぬぐい、扇子、食器、まな板、等々、色んな金魚グッズも日本橋に勢ぞろいしますので、金魚コレクターの方にも見逃せないイベントですよ。
ちなみに私は、昨年、「木屋」で金魚の蕎麦徳利&お猪口をゲットしました♪
なお、「アートアクアリウム」 http://artaquarium.jp/nihonbashi2018/は毎年大変な行列になります。プラスαの特典付きチケットを持っていると優先入場出来るようなので、行列が苦手な人はそんな裏技を使ってもいいかも。明日7月6日から9月24日までです。
さて、本日のTOCOMマーケット、昨日の米国の休場で全体に小幅な値動きでした。白金は一昨日の安値の反動で続伸、パラジウムも反発しましたが、その他は軟調に終わりました。
ゴムは1年10か月ぶりの安値を更新しています。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~世界の金の動き」
コメンテーター:池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)
キャスター:大橋ひろこ

昨日の番組から
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
コメンテーター:柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「シカゴ穀物が急落しています。大豆は10年ぶりの安値に沈んでいます。6月上旬まで大豆は1ブッシェル=10ドル台、小麦5ドル台、トウモロコシ4ドル台と、ここ2~3年ぶりの高値圏で推移していましたが、6月後半に入り、米穀倉地帯の天候良好に加え、米中貿易摩擦に解決の兆しが見えないもともあってファンド筋が一斉に売りに転じ、いずれも大台を割り込んでいます。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/07/player-201874.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
いよいよトレードが始まりました!エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180702/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/06/28/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/7/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、3日続落
需給が引き締まるとの思惑で、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしたました。その後、取引中のNYの軟化と円相場の引き締まりを受けて大きく水準を切り下げ、しばらくマイナス圏でもみ合いましたが、終盤に再び円が軟化したのを眺め、小幅マイナスまで水準を戻しました。中心となる先限(2018年12月限)は、60円安の㊾,980円。その他限月は180円~80円安。

☆金、小幅反落
前日のNY市場の休場など手掛かり材料に乏しく、TOCOM金市場日中取引は前日の終値と同値で寄り付きました。その後、円の引き締まりを受けてマイナス圏に値を沈め、下値を追う場面もありましたが、終盤に下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2019年6月限)は、3円安の4,454円。その他限月は、2円安~1円高。ゴールドスポットは変わらずの4,463円。金現物取引 100gは10円安の4,500円。

☆白金、続伸
一昨日、約9年半ぶりの安値を付けた反動で、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、始値を挟んでのもみ合いで推移しました。中心となる先限(2019年6月限)は、14円高の2,990円。その他限月は、5円~27円高。プラチナスポットは7円高の2,984円。パラジウム(2019年6月限)は3円高の3,231円。

☆ゴム、4日続落
上海相場の軟化を受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は安寄りし、始値を挟んでもみ合いました。一時、円の引き締まりを眺めて急落する場面もありました。中心となる先限(2018年12月限)は、1円60銭安の169円50銭。その他限月は1円00銭安~50銭高。

☆とうもろこし、3日続落
前日のシカゴ市場が休場で手がかりを欠き、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小動きで始まりましたが、その後、円の引き締まりを受けて水準を切り下げ安値圏でもみ合いました。中心となる先限(2019年7月限)は、210円安の23,610円。その他限月は、680円~160円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 +0.47%
2位 プラチナスポット +0.24%
3位 パラジウム +0.09%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム -0.94%
2位 とうもろこし -0.88%
3位 小豆 -0.23%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,331枚
2位 プラッツドバイ原油 12,663枚
3位 ゴム 8,826枚

全商品合計取引高(先物) 62,296枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 290.02(前日比:-0.17)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・サウジの原油生産量はサウジ史上最高水準まで増加!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/33598

<参考ニュース>
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿