◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0528 2018/7/13)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

サブスクリプション サービスがじわじわと浸透して来ているようです。
サブスクリプション…と聞いても、ピンと来なくても「定額制」って聞けば、そういえば…って思う方も多いのではないでしょうか。
「サブスクリプションサービスとは、提供する商品やサービスの数ではなく、利用期間に対して対価を支払う方式のことである。多くの場合「定額制」と同じ意味で用いられている。…IT用語辞典バイナリより」
もともとは、新聞や雑誌などの「購読予約」に使われる言葉でしたが、今では「定額制」という意味で使われるようなっているようです。Apple musicなどの定額音楽配信サービスや、Huluなどの動画配信サービスがすっかり定着していますよね。これが、最近は飲食の分野にも進出してきていて「定額制カフェ」「定額制コーヒー」「定額制ビール」など、決まった料金を支払えば、ひと月飲み放題なんてお店が増えているのだそうです。
先日見かけた朝日新聞の記事では、居酒屋で3,000円飲み放題とか、チェーン展開のラーメンショップで月8,600円で1日1杯食べられるとか、月7万円で450グラムのステーキが、1日に1枚食べられるなんてお店もあるようです。
https://www.asahi.com/articles/ASL7B77BXL73ULFA01R.html?iref=pc_ss_date
また、こんな専門サイトも発見!「フリーランチ」http://free-lunch.biz/
それによるとTKG(卵かけご飯)食堂の会員になると月500円(税抜き)で毎日卵かけご飯がタダになる…なんてお店が昨日オープンしたそうです。
しばらく「サブスクリプション サービス」注目したいと思います♪
さて本日のTOCOMマーケット、金、白金、原油はいずれもNY高と円安に押されて上昇しましています。   (郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈

昨日の番組から
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
コメンテーター:石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト)
「ドル円相場が112円台へと上昇。アセンディングトライアングルを上抜けしました。7月に入ってから米中貿易摩擦懸念で株式市場は軟調推移でしたが、なぜドル円相場は強いのでしょうか。リスクオフの株安なら円高という教科書的な相関が薄れているようです。」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/07/player-2018712.html

□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
いよいよトレードが始まりました!エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180709/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加料は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/07/11/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/7/13
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、小幅高
TOCOM原油日中取引は前日のNY原油が強含みとなったことや為替が円安に振れたことから値を上げました。しかしNY原油夜間取引の上値が重く推移したことなどから上値は限られた展開となりました。中心となる先限(2018年12月限)は、120円高の49,850円。その他限月は10円~170円高。

☆金、続伸も引けにかけ失速
前日のNY金の上昇、為替の円安、コモディティ全体の上昇が外部的な要因として影響しTOCOM金市場日中取引は続伸しました。また米CPIや欧州中央銀行政策委員会の議事要旨公表を控え、ドルが円に対し約6カ月ぶり高値をつけたことが強く意識されたことも買いを集めました。ただ引けにかけて為替が円高に向いたことから、本日の安値水準で1日の取引を終えています。中心となる先限(2019年6月限)は、21円高の4,496円。その他限月は、20円~25円高。ゴールドスポットは21円高の4,515円。金現物取引 100gは30円高の4,560円。

☆白金、反騰するも頭重い
前日のNY白金の上昇、為替の円安、東京金市場の上昇などが好感されTOCOM白金市場日中取引は前日比45円高で寄り付きました。加えてNY夜間取引が小高く推移したことも買い材料として受け止められましたが、買いが一巡すると取引後半はやや上値を重くする展開となりました。中心となる先限(2019年6月限)は、38円高の3,038円。その他限月は、31円~41円高。プラチナスポットは29円高の3,038円。パラジウム(2019年6月限)は14円高の3,285円。

☆ゴム、小動きまちまち
TOCOMゴムは小動きまちまちで引けました。小口の売りと買いがほぼ同等に交錯する中、市況は方向感を欠いた展開に終始しました。為替が円安に振れたことで下値を支えられたものの、シンガポールと上海の海外ゴム市況が弱含みに推移したことで強弱が相殺され、気迷いの商状に陥りました。中心となる先限(2018年12月限)は、30銭高の172円90銭。その他限月は30銭安~30銭高。

☆とうもろこし、4日ぶり反発
TOCOMとうもろこし日中取引はおおむね100円内外の総じて小幅上昇で引けました。前日のシカゴ市場の堅調な値動き、為替が円安に振れたこと、原油を中心としたコモディティ全体の上昇などを受け買い主導の展開となりました。ただシカゴ夜間取引が大豆、とうもろこしともにほとんど値動きのない消極的な商状となったことから、取引終盤は様子見の気分が広がりました。中心となる先限(2019年7月限)は、70円高の23,320円。その他限月は、80円~240円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +1.41%
2位 白金 +1.27%
3位 プラチナスポット +0.96%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 大豆 -0.20%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 30.685枚
2位 プラッツドバイ原油 19,598枚
3位 白金標準取引 10,622枚

全商品合計取引高(先物) 80,345枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 290.24(前日比: +1.11)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012  東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿