◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0538 2018/7/30)
http://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr 
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th

「水の要らないシャンプー」が、阪神大震災や東日本大震災をきっかけに注目されるようになりました。スプレータイプ、ジェルタイプ、パウダータイプ、シートタイプ…色々ありますが、頭皮につけて、マッサージしたり拭き取ったりするだけ。本当に水が要らないんです。
もともとは、水の使い過ぎを控えるためとか、生活排水による水質汚染の防止など目的に開発されたもののようで、私も真夏に尾瀬の山小屋に泊まった時に、シャンプー禁止だったので、大変お世話になったものですが、それ以外にも、病院や、介護施設などでお風呂に入れない人の髪のケアにも活躍している商品だそうです。
そんな水の要らないシャンプーが、今、再び注目されているようです。
育児・残業・女子会と忙しい毎日を過ごす日本女性。ある調査ではその半数以上が「お風呂・洗髪が面倒」と感じているのだそうです。その一方で、「お風呂やシャワーの時間以外で“髪を洗いたい、スッキリさせたい”と思うことがある」…うんうん、分かる分かる。(ああ、明日も早いし、もうお風呂に入らなくちゃいけないんだけどな…でも、このお気に入りのドラマだけはどうしても見逃せないし…)なんてことありますもん。
そんな時、テレビを見ながらシャンプー出来たら…って良く思っていました。そんな女性たちのニーズを受けて、あの資生堂のTSUBAKIが新商品をリリースするそうです。
その名も「TSUBAKI お部屋でシャンプー」。
頭皮にジェルを塗布すると液状に変化しますが、余分な水分はすぐに揮発し、ドライヤーが要らず。また皮脂吸着パウダーが頭皮や毛穴に留まっている皮脂を吸収し、さらさらな感触で毛の根もとをふんわりとさせる…というもの。
また、あ頭皮をさっぱりさせるだけでなく、パサつき・広がり・うねりを抑える美容成分…レモン果実水、ローヤルゼリー、椿オイルエッセンスなど7つの美容成分が含まれているんです。
今まで、水の要らないシャンプーを使ってますっていうと、なんだか怠け者のように思われそうで抵抗ありましたが、こんなお洒落なシャンプーなら堂々と使えそう♪
子育てなどで大変なお母さんたちに是非、使って貰いたいですね。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油はロシアなどの増産観測を背景に、5日ぶりの反落。金と白金は3日続落。金は、米国の利上げ観測が強まったことからNY安を受けて安寄りし、この日の安値で取引を終えています。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報

2. 市況情報
◆マーケット概況

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「下げ圧力増す国際商品相場」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
キャスター:山本 郁

先週末の番組から
http://www.radionikkei.jp/podcasting/trend/2018/07/player-2018727.html
□■第3回TOCOMリアルトレードコンテスト□■
エントリーは11月末まで随時受け付けています。
成績優勝者には金貨とTOCOMオリジナルトロフィーを贈呈!
https://tocom-realtrade.com/

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20180723/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
http://www.tocomsquare.com/2018/07/26/

□■初心者のためのCX教室□■
東京商品取引所では、商品先物取引(CX)の啓発活動の一環として、個人や企業のCX 初心者の方々を対象に「CXの仕組み」などについて解説するCX教室を開講しています。皆様のご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらから
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/study/cx.html
※お申込みにつきましては、原則、インターネットからの登録をお願いいたします。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2018/7/30
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値段◆
☆プラッツドバイ原油、5日ぶり反落
ロシアなどの増産観測を背景に先週末のNY原油が反落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油の日中取引は水準を切り下げて寄り付きました。その後は、円の軟化を眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2018年12月限)は、360円安の50,280円。その他限月は300円安~10円高。

☆金、3日続落
先週末のNY金相場の下落と朝方の円高で、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、円の軟化を眺め下げ幅を縮める場面もありましたが、NY相場の下落を受けて下げ幅を拡大。この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2019年6月限)は、17円安の4,348円。その他限月は、18円~10円安。ゴールドスポットは7円安の4,362円。金現物取引 100gは4,410円。1kgは4,390円。

☆白金、3日続落
取引き中のNY白金の上昇を受けてTOCOM白金市場の日中取引は小幅高で始まりました。その後、NY相場が下落に転じたのを眺めて、午前中に水準を切り下げました。午後は安値圏でのもみ合いで終わりました。中心となる先限(2019年6月限)は、21円安の2,943円。その他限月は、24円~14円安。プラチナスポットは17円安の2,942円。パラジウム(2019年6月限)は7円安の3,145円。

☆ゴム、続伸
上海相場安を映してTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後は円の軟化と上海の上値の重さという強弱材料の綱引きで、小幅なレンジでのもみ合いで終わりました。中心となる先限(2019年1月限)は、1円60銭高の169円60銭。その他限月は1円40銭~2円30銭高。

☆とうもろこし、反発
円高による夜間の軟調を引き継ぎ、TOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。寄り付き後、円の軟化と取引中のシカゴの堅調地合いを眺めて水準を切り上げ、その後は高値圏での小幅な値動きとなりました。中心となる先限(2019年7月限)は120円高の24,300円。その他限月は、10円安~150円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム +0.95%
2位 大豆 +0.66%
3位 とうもろこし +0.50%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -0.71%
2位 白金 -0.71%
3位 プラチナスポット -0.58%
※限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 22,030枚
2位 プラッツドバイ原油 8,421枚
3位 ゴールドスポット 7,918枚

全商品合計取引高(先物) 62,037枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 288.96(前日比: -1.46)

<参考コラム>
みんコモ
・米国の主要原油生産地の将来像
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/34031

・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/34021

・ゴムは当業者買いの投機筋売り
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/33981

<参考ニュース>
・長期金利上昇、一時0.110% 1年半ぶり高水準 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33561110Q8A730C1MM0000/

・作っても出荷できず 独自動車「新燃費規制ショック」 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33558610Q8A730C1000000/

・NY商品、原油が反落 利益確定売り、ロシア増産観測も 金は続落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y8A720C1000000/

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿